ビジネス戦略

ビジネス戦略

キックボクシングが女性に人気な理由

近年、女性モデルさんなどがシェイプアップにキックボクシングを行い、その模様をInstagramなどで発信しています。その影響で、キックボクシングの人気が高まっています。このように対象顧客を変えたとたん人気に火がつくことがあります。
ビジネス戦略

ブームの媒体って?

ネット集客では、数年に一度くらいの割合で「ブームの媒体」が登場します。ブームの媒体というのは、それを使うだけで比較的反響が得られやすくなります。今回は、なぜブームの媒体を利用すると売れやすいか?について、お話したいと思います。
ビジネス戦略

成功しつづけるビジネスとは?

成功しつづけるビジネスは「好き」・「売れる」・「得意」の3つの要素が優れています。その好例企業のひとつがヤマト運輸だと思います。ちなみに、ヤマト運輸さんもはじめから上記の3つの要素すべてが優れていたわけではありませんでした。
ビジネス戦略

異業種は、宝の山!

異業種をマネるとでものすごい効果があったり、困っていることがカンタンに解決できることがあります。ある整体治療院さんは、美容院のように「担当の希望」をお客さまに聞くことで、業務上の課題をクリアすることができました。
ビジネス戦略

申し込みを何が何でも増やしたいならコレ!

申し込みを何が何でも増やしたいなら「お客さまの声」を1枚でも多く集めて、ホームページやブログなどに掲載してください。お客さまの声は、これから入会を検討している方にとっての信頼性の高い、貴重な情報源になっています。
ビジネス戦略

強みに気づく3つの経験とは?

先生にしかない「強み」を発揮することが、生徒募集のカギです。そして「強み」とは、つぎの経験に隠れています。前職で行ってきたこと・小さい頃ほめられたこと・小さい頃やっていたこと。また、現代は3つの理由から強みの必要性が高まっています。
ビジネス戦略

真逆のビジネス戦略「ハードコア弁当」とは?

「真逆」は、ヒットのカギを握っています。「インスタ映え」は、流行語大賞を受賞しブームになりました。しかし「ハードコア弁当」というインスタ映えとは真逆のもうひとつブームがあります。これは、集客における「強み」の重要性を示しています。
ビジネス戦略

集客を“場づくり”と考えてみる

先生が、生徒さんに本質的に提供しているものは何か?それは決してスキルではありません。生徒さんのHappyな未来です。またはHappyな未来へとつながる「場」です。場づくりから教室経営を考えると、新たな教室のあり方や魅力が見えてきます。
ビジネス戦略

ターゲット顧客を見極める効果的な方法とは?

マーケティングおよびネット集客では、よく「ターゲット顧客を明確化させよう」といったことが言われます。そこで今回は、先生の教室に売り上げアップをもたらす「理想的なターゲット顧客を見極める方法」をご紹介したいと思います。
ビジネス戦略

生徒募集のアイデアを10個考えてみました

教室の生徒募集において、明日からできるアイデアを10個考えてみました。1.教室の前にポスターを貼る、2.教室案内を作って渡す、3.紹介キャンペーンを企画する、4.ホームページで告知をする、5.ネット広告を使う、6.チラシをポスティングをする
ビジネス戦略

【スクール生徒募集】もっとも効率的な集客方法とは?

ネットを使ったスクールの生徒募集の場合、まずは「体験レッスン」に集客することに注力するとよいです。お客様は実際に対面せずにお金を支払うことに抵抗感があります。まずは体験レッスンに集客することによって、結果的に入会者数も増加します。
ビジネス戦略

スクールの生徒募集は自動化させるべき!

ネットを使ったスクールの生徒募集は、できるかぎり「自動化」させることをオススメしています。あくまで先生の本文はいいレッスンを提供することであり、そのための十分な準備に時間をかけていただくことがとても大切だと考えるからです。
ビジネス戦略

【スクールの生徒募集】コスト半分で利益を2倍にする方法

ネットを使ったスクールの生徒募集においては、フロントエンド・バックエンドの設計が重要です。まずフロントエンドは、生徒さんとの接点のための講座です。バックエンドは利益を最大化するための講座です。フロントエンドの受講者を最大化すると結果的にバックエンドが最大化します。
ビジネス戦略

スクールの生徒募集は、ほったらかしや楽チンでOK!

スクールの生徒募集にインターネットを活用することで、先生は日々のレッスンに専念していただくことができます。50階建てのビルを上るのにエレベーターを利用すれば楽なようにスクール集客にネットを用いて楽をしてください。
ビジネス戦略

スクールの生徒募集をネットで成功させるコツとは?

スクールの生徒募集にネットを活用する際、売上げを伸ばすためには「集客」と「成約」を伸ばす必要があります。そのうえで優先すべきは「成約」です。成約率は一度高められると長期的にその成果が持続します。
ビジネス戦略

ネットの本質を理解して、教室集客を成功させる

教室に生徒さんを集めるためにネットを活用するうえで「ネットの本質」をしっかり理解しておくことが大切です。「レバレッジ」と「自動化」この2つがネットの本質であり、これらを実践することで先生が集客に手間をかけなくてもネットから生徒さんが集まります。
ビジネス戦略

教室のネット集客3倍加速させる方法とは?

教室の集客において、ネットとアナログの役割を明確にしておくと効率よく集客できるようになります。ネットでは「体験レッスン」など、生徒さんとの対面のきっかけを創出することを目的とします。そして対面(アナログ)では、レッスンを提供し入会をめざします。
ビジネス戦略

ネット集客に成功する教室、失敗する教室の違いとは?

ネット集客に成功する教室と失敗する教室の違いとは?現代の集客ツールとして「ネット」は定番化しライバルも多数います。その中で集客成果をあげるためには、生徒さんのニーズを満たしている、先生ならではの魅力をきちんと理解し、発信して行くことが大切です。
ビジネス戦略

まだ生徒募集のために、ブログを書きつづけますか?

教室という地域が限られたビジネスのネット集客では、アクセスを集めることよりも限られたアクセスから確実に成約に結びつけることを重視するほうが大切です。ただ闇雲にブログを書くだけでは望んだ成果は得られません。
ビジネス戦略

あなたに合わせた教室集客法を選ぼう!

現代は多種多様な集客法が存在しています。それらの中から最適な集客法を選び、集客を成功させることは容易ではありません。そこで教室集客にお困りの先生に30分間の無料カウンセリングをご提供しております。
ビジネス戦略

成功するサイト複数運営術

ネットビジネスをされている方は、ひとつの事業で複数のサイトを運営されている方も少なくありません。しかし、うまく手順を踏まないとどれも中途半端になって手間ばかりがかかってしまうことがあります。そこで「成功するサイト複数運営術」として2つのポイントをお伝えしたいと思います。
ビジネス戦略

魅力を高めるにはキラキラ

魅力を高めるキーワードは、キラキラです。単純に、キラキラしたアクセサリーをつける、華やかなお洋服を着て、オシャレをする、という意味です。例えば、ツタンカーメンやクレオパトラといった歴史上の女王さまが、どうしてあのような装飾品を身につけ、当時の最先端のオシャレを施していたか?ご存知ですか?それには理由があるのです。
ビジネス戦略

ギャップを演出して魅力を表現する

ギャップとは、対極的な自分を表現することです。あなたの中で、どうやって対極的な自分を表現できるでしょうか。あなたご自身をどうやって、魅力的に表現できるでしょうか。魅力の高い人の所に人は集まってきます。
ビジネス戦略

集客する前にコンセプトを魅力的に!

カルチャー教室をネットで集客するのであれば、コンセプトを明確にかつ魅力的にすることが一番重要です。他の教室とは違う、独自のコンセプトがあると生徒さんが集まりやすくなります。またコンセプトが明確であるとホームページのデザインやそこに書かれるコピー、さらにはSEOのキーワードなども明確になり、統一感が出てきます。
ビジネス戦略

キリン一番搾りの「ツートン生」に学ぶ

キリン一番搾りが「ツートン生」というビアカクテルが作れるアイテム「ツートンメーカー」をCMで紹介していました。何でもツートン生が飲めるお店もあるそうです。ビールは若者離れが進んでいますので、こうしたジュースとかと合わせてカクテルとして飲めるっていう、新しい市場を生み出すことが売上げ低迷を打開する策になると思います。
ビジネス戦略

味の素さんの鶏ガラスープのCMに学ぶ

味の素さんの鶏ガラスープのCMを見ていると最近の傾向が見えて来ます。従来のスープの素、的な位置づけから、手軽でしかもおいしい料理を作れる調味料という位置づけにシフトしてきています。そしてコマーシャルの中でカンタンレシピを公開しているところも最近の手法です。
ビジネス戦略

差別化を図るための独自性(USP)を知る方法

あなたのスクールと他社との差別化を図るために、独自性やUSPを見つけるためには、すでに通われている生徒の方に聞くのが手っ取り早く確実です。そのときに必ず聞いて欲しい質問があります。しかし質問っぽくなると相手も身構えてしまうので自然なながれで言えることが大事になります。
ビジネス戦略

ビジネスは集客が第一歩!

カルチャー教室を開くためには、さまざまな機材や知識などが求められます。しかし、それ以上に重要ことは「集客」です。どれだけ環境がそろっていたとしても、肝心の生徒がいなければ先生にはなれません。逆に生徒が集まれば収益が発生し、それで環境をより整えることもできるようになります。
ビジネス戦略

candle house(キャンドルハウス)は、カメヤマローソクの別ブランド

candle house(キャンドルハウス)というお店は、カメヤマローソクさんの別ブランドです。もともと既存事業の強みにデザインをかけ合わせて新しい顧客、新しい価値観を生み出しました。このような自社の強みにデザインがかけ合わさると事業は急成長します。
ビジネス戦略

カルチャー教室に通う生徒のニーズや悩みを聞き出す方法

カルチャー教室に通う生徒さんが抱えているニーズとは、何かしらの悩みの解決策です。そして、それらをさりげなく会話の中から拾い上げることが大切です。たとえば「他にも似たようなスクールがある中で、どうしてウチに通おうと思ったんですか?」といった質問は非常に有効です。