教室集客 TSNAGARU
教室集客 TSNAGARU

スティーブ・ジョブズの「絞り込み戦略」とは?

前回のブログで「絞り込み」の重要性について書きました。

前回のブログはこちら「日立にあって、ソニーにないものなぁんだ?」https://highcommunication.jp/2012/07/post-95.html

「絞り込み」について書くときにはボクは必ず、ジョブズ氏のことを思い出さずにはいられません。

ジョブズ氏とは、そうiPhoneやiPadなどを生み出し、世界を変えてきたアップルの創業者、故スティーブ・ジョブズ氏です。

スティーブ・ジョブズの名言

彼の残した名言の中に

洗練を突き詰めると、簡潔(シンプル)になる

という言葉があります。

この言葉どおり、iPhoneやiPodというのは極限まで簡潔を突き詰め、「洗練された」という表現に相応しい製品だと言えます。

また、この姿勢はひとつの製品に限ったことではありません。

製品のラインナップも、簡潔を突き詰めています。

トイ・ストーリーやニモも生み出した男

ジョブズ氏は、アップルの創業者でありながら、一時アップルを追放されました。

その後、復帰を果たすわけなんですが、復帰するまでの間に映画会社「ピクサー」を独立会社として立ち上げていたりします。

ピクサーとは、トイ・ストーリーやファインディング・ニモなどを制作している映画会社、と聞けば多くの方がおわかりになると思います。

少し話がそれました。

えぇ・・・、あ、ジョブズ氏がアップルに復帰したときのお話です。

彼が、アップルに復帰した直後にまず何を行ったのか?

それは、当時30種類弱あったアップルのパソコンを“たった”4種類だけに絞り込んだんです。

アップルがV字回復を果たした原動力

しかも、その絞り込みも簡潔明瞭なものでした。

  • 一般ユーザー向けのノートパソコン
  • 一般ユーザー向けのデスクトップパソコン
  • プロユーザー向けのノートパソコン
  • プロユーザー向けのデスクトップパソコン

この4種類でした。

そして、このときに一世を風靡したスケルトンボディのデスクトップパソコン「iMac」が発売されました。

ここからアップルは息を吹き返し、現在までいくつもの革命的ツールを生み出してきたのです。

絞り込めているか?

今日のポイントは、ジョブズ氏のように「絞り込み」が簡潔明瞭であるか?ということです。

ホームページやブログで集客をするときに、反応率が低い多くのケースは「わかりにくい」状態であると言えます。

そのような場合には、提供する講座を絞り込んだり、提供する講座の対象を絞り込んでみてください。

そうすることで、見込み客にわかりやすく伝えることができるようになります。

「絞り込む」ことは意外と大変です

とても、勇気が要ることです。

けれど、絞り込んで効果がなければまたすぐに変えればいいと思います。

しかも、ネット集客はコストがあまりかかりません。

ですので、何度でも絞り込んでテストをして反応を高めて行くことが可能です。

これが、前回のブログでお伝えしたのソニーのように、製造業であれば一度作ったものを売れないからといって、カンタンに変えることができません。

ですので、教室のネット集客は「ダメならもどしゃーいーじゃん」ぐらいの気持ちで、果敢に絞り込み戦略にチャレンジしてみていただきたいと思います。

結果的には、絞り込んでよかったなという結果になるはずです。

教室集客が、今だけ“無料”で学べるオンラインセミナー

教室集客

無料オンラインセミナーについて、詳しいご案内はこちらをクリック⇒

無料オンラインセミナーのお申し込みは、下記にメールアドレスとお名前を入力して「無料で試してみる」をクリックください。

お申し込み後、すぐにご視聴いただけます。

メールアドレス(必須)例) sample@highcommunication.jp
お名前(必須)例) 山田花子

【ご入力時のお願い】携帯電話・スマートフォン・WEBメール(Yahoo!メール、Gメールなど)でご登録の方は、確実にメールがお届けできますよう、パソコンメールおよび「info@highcommunication.jp」からのメール受信許可設定をお願いいたします。お手数をおかけ致しますが、よろしくお願いします。

【TSUNAGARUのミッション】

先生および教室が“すでに持つ魅力”を最大化し、お客さまから選ばれる教室づくりを親身に徹底的にサポートをします。その結果、高い収益とやりがいを実現する教室を多数創出することに貢献します

ネットからのお問い合わせはこちらをクリック

LINEからも、お問い合わせいただけます

友だち追加

ビジネス戦略
教室集客【TSUNAGARU】