ヘッダーイメージ ヘッダーイメージ

ホームページを見た人が一番知りたいこととは?

カルチャースクールのホームページにおいて、
入会率を高めるうえで、

「一番何を伝えるべきなのか?」

ということを考えてみたいと思います。

「一番伝えるべきこと」とは、言い換えるなら

読み手が

「一番知りたいこと」

でもあると言えます。

その観点から言うと、読み手にとって一番知りたいこととは、

「理想的な未来」

です。

どういうことかというと、

●ウチのスクールに来ると、こんなコトができるようになるよ

●ウチのスクールに来ると、こんなのが作れるようになるよ

●ウチのスクールなら、こんなに楽しく学べるよ

こういった、あなたのスクールに通うコトで得られる
楽しいこと、嬉しいこと、

そういったコトですね。

例えば、フラワーアレンジメント教室だったら

「あなたのスキなお花を使って、こんなステキにアレンジ!」

というようなキャッチコピーとともに、

実際のアレンジした写真を見せられるといいです。

しかもそれが、生徒さんが実際に作られたものならもっと
いいですし、

さらには、その作品が入会してまだ間もない1ヶ月目とかの
生徒さんが作られたものだったらさらにいいです。

なぜなら、

「ここのスクールで学べば、こんなお花が作れるんだ」

っていう「理想の未来」をイメージしやすいということと、

それと同時に起こる不安なキモチ、

「でも、私でもできるのかな!?・・・」

をクリアにしてくれるからです。

大事なことなので、もう一度書きます。

読み手にとっての「理想の未来」を伝えましょう。

しかもそれをページの 一番はじめに、目立つように
書きましょう。

一番たいせつなことは、一番目にとまりやすい場所に
一番目立つように書くことが重要です。

せっかく書いてあっても、目立たなければ読まれません。

本文の途中などに書かれていることも見かけますが、
意外と読まれていないことがあります。

ですから”あえて”目立たせる必要がありますし、目にとまりやすい、
ページのトップの位置に書いておくのがベストです。

教室集客が、今だけ“無料”で学べるオンラインセミナー

無料オンラインセミナーについて、詳しいご案内はこちらをクリック⇒

無料オンラインセミナーのお申し込みは、下記にメールアドレスとお名前を入力して「無料で試してみる」をクリックください。

お申し込み後、すぐにご視聴いただけます。

メールアドレス (必須)
例) sample@highcommunication.jp
お名前 (必須)
例) 山田花子

【ご入力時のお願い】携帯電話・スマートフォン・WEBメール(Yahoo!メール、Gメールなど)でご登録の方は、確実にメールがお届けできますよう、パソコンメールおよび「info@highcommunication.jp」からのメール受信許可設定をお願いいたします。お手数をおかけ致しますが、よろしくお願いします。

【TSUNAGARUのミッション】

  • 先生および教室が“すでに持つ価値”を引き出し、お客さまから選ばれる圧倒的な強みを生み出すために親身になって徹底的に頭を絞ります
  • 最新のインターネットマーケティングを提供し、先生ご自身が集客に手間をかけなくてもお客さまが集まる仕組みを構築するとともに、先生がレッスンに専念できる環境づくりをサポートいたします
  • 従来のビジネスモデルに捉われない、新たな教室のビジネスモデルを提供します。その結果、売上げの上限を超えるだけでなく、業界や社会の発展に貢献できる中心的存在となる人材を多数輩出します
  • 最適な方法で豊かに生きる先生の姿を子どもたちに見せてあげることで、ひとりひとりが個性を最適に発揮し、豊かに生きられる社会づくりに貢献します
友だち追加
LINEから、お問い合わせ・お申し込みができます
このページのTOPへ

サブメニュー(タッチすると開きます)
友だち追加
LINEから、お問い合わせ・お申し込みができます
お問い合わせはこちらをクリック

お問い合わせ

個別サポートやホームページ制作などをご検討されている方のご質問に、増地がメールにてご回答いたします。

お問い合わせはこちらをクリック⇒

【保存版】無料動画講座

「教室のためのネット集客とは?」

くわしくはこちらをクリック⇒

メールアドレス
(必須)
お名前
(必須)

「info@highcommunication.jp」からのメール受信許可設定をお願いいたします。

教室集客の専門家

教室集客コンサルタント 増地崇志

教室集客コンサルタントの増地 崇志です。
教室のネット集客ならお任せください。教室の集客をネットを活用して“自動化”させ、先生を集客の苦労から解放することが私のミッションです。


生徒さんが倍増する“魔法のルール”とは⇒