ヘッダーイメージ ヘッダーイメージ

グーグルのビジョンって知っていますか?

「ビジョン」って大事だなというお話です。

例えば、先日もご紹介した故スティーブ・ジョブズ氏が創業した
アップルのビジョンは30年間ほぼ変わっていないそうです。

それは

「普通の人々にコンピューターを届ける」

だそうです。

アップルを創業した1977年当時、コンピューターは一部のマニアの
おもちゃでした。

それを一般家庭に行き渡らせることで、人々の生活がどれほど
豊かになるのか?を語りつづけてきたのがジョブズ氏だと言えます。

そして「普通の人々」にとっては、説明書も必要ないくらいに
カンタンでなければ受け入れられないと考えたのかもしれないですね。

30年間、一貫してすべての製品にその哲学が散りばめられています。

また、検索エンジンやGmail、最近ではAKB48も活用しているSNS
Google+(グーグルプラス、愛称”ぐぐたす”)などでおなじみの

Googleは、投資家たちの前でつぎのようにビジョンを語っています。

「1クリックで世界の情報へアクセス可能にする」

さらにはアメリカ大統領だったケネディ氏は、宇宙開発事業において、
つぎのようなビジョンを掲げていました。

「10年以内に人を月面に立たせ、安全に地球まで連れ戻す」

今、3つのビジョンをご紹介しました。

ここで理解しておいていただきたいのは、これらビジョンを掲げたとき、
そのような状況はまだなかったということです。

まだアップルの製品は、普通の人々に行き渡っていませんでしたし、
グーグルの検索エンジンは、世界中の情報にアクセスしていませんでした。

宇宙開発事業もこのときには、月面着陸できるかどうか?すら
わかっていなかったと言います。

しかし、これらは現在すべて達成されています。

class=”mt40″どうして達成できたのか?

ビジョンが現実になったのか?

それは単純に、ビジョンを掲げたからだと言えます。

でも必ずしもビジョンを掲げたからと言って、そのすべてが
現実になるとは思えません。

そこでこの3つのビジョンにある共通点を考えてみました。

おそらくそれが、ビジョンを実現するうえで、とても重要な
要素になると思います。

そして見えてきたものはつぎのふたつでした。

・公共性

・簡潔

3つのビジョンどれもが、それが現実になることで多くの人々の
生活を豊かにするという信念に基づいて掲げられています。

ちなみに、当時のアメリカにとって宇宙開発事業を推し進めることは、
世界を二分していたもうひとつの大国、ソ連より優位に立つために
非常に重要なことでした。

そしてさらに、どのビジョンも簡潔で明瞭です。

ビジョンというのは、簡潔でなければ多くの人に伝わりませんし、
記憶に残りません。

つまり、できる限りシンプルに伝えなければいけません。

そしてそのビジョンが、多くの人々の生活を豊かにするのであれば
実現するための行動において長い間、一貫性を保つことができます。

それがビジョンを実現させるために必要な要素ではないでしょうか。

最近、ある経営者の方から、ご自分の事業についての
さまざまなお話を伺いました。

どれも目的や意義があるのを感じたんですが、ただそれらが
一貫性をもって取り組まれているように思えませんでした。

なので、どこかチグハグな違和感を覚えてしまいました。

簡潔性や一貫性に欠けていたんですね。

ビジョンというのは掲げることが大事ではなく、当然、
実現することに意義があります。

そして、ビジョンを掲げるということはビジネスを加速させるうえで、
強力なエンジンになってくれるはずです。

であるからこそ、ビジョンを掲げないといけないなと思いますし、
それが公共的であり、簡潔であるべきだとボクは感じています。

では最後にボクのビジョンをご紹介させていただいて、
今日は終わりにしたいと思います。

「インターネットを通じて、カルチャースクールのビジネスモデルを変える」

それが実現できれば、多くの人たち(主にはカルチャースクール経営者や講師)を
自由に、そして幸せにすると信じています。

そして、その目的地へ向かうためのロードマップとなる情報を
これからも発信しつづけて行きたいと思います。

共に行きましょう!

教室集客が、今だけ“無料”で学べる動画セミナー

教室 集客

【サンプル画像】 教室 集客

無料動画セミナーについて、詳しいご案内はこちらをクリック⇒

無料動画セミナーのお申し込みは、下記にメールアドレスとお名前を入力して「無料で試してみる」をクリックください。

お申し込み後、すぐに第1回目の動画講座をお届けいたします。

メールアドレス (必須) 例) sample@highcommunication.jp
お名前 (必須) 例) 山田花子

【TSUNAGARUのミッション】

  • 先生および教室が“すでに持つ価値”を引き出し、お客さまから選ばれる圧倒的な強みを生み出すために親身になって徹底的に頭を絞ります
  • 最新のインターネットマーケティングを提供し、先生ご自身が集客に手間をかけなくてもお客さまが集まる仕組みを構築するとともに、先生がレッスンに専念できる環境づくりをサポートいたします
  • 従来のビジネスモデルに捉われない、新たな教室のビジネスモデルを提供します。その結果、売上げの上限を超えるだけでなく、業界の発展および社会のさまざまな問題を解決する中心的存在となる人材を多数輩出し、豊かで平和な社会の実現に貢献します
  • 私たちは「豊かさ」を「やりたいことを、やりたいときにできる能力」と定義します。私たちは、売り上げを伸ばしても、それに伴って時間や心身の健康が奪われることを断固拒否します。すべてのお客さまの「豊かさ」の向上に貢献します
このページのTOPへ

サブメニュー(タッチすると開きます)
お問い合わせはこちらをクリック

お問い合わせ

個別サポートやホームページ制作などをご検討されている方のご質問に、増地がメールにてご回答いたします。

お問い合わせはこちらをクリック⇒

【保存版】無料動画講座

「生徒さんが倍増する“魔法のルール”」

くわしくはこちらをクリック⇒

(必須)
(必須)

教室集客の専門家

教室集客コンサルタント

教室集客コンサルタントの増地 崇志です。
教室のネット集客ならお任せください。教室の集客をネットを活用して“自動化”させ、先生を集客の苦労から解放することが私のミッションです。


生徒さんが倍増する“魔法のルール”とは⇒