教室集客 TSNAGARU
教室集客 TSNAGARU

コピーライティングノウハウ

コピーライティングノウハウ

優れたキャッチコピーは長い or 短い?

こんにちは。 世界一カンタン・わかりやすい!教室集客の専門家、増地 崇志です。 僕は以前からひきつづいて、お料理強化月間がつづいております。 先日、カルボナーラとティーソーダを夕食で家族に振る舞いました。 そ...
コピーライティングノウハウ

たった1人に届ける文章が、多くの人を動かすんですが…

文章を書くうえでは「何を伝えるべきか?」と同じくらいか、それ以上に「何を伝えないでおくべきか?」を考えることが大切です。 こんにちは。 世界一カンタン・わかりやすい!教室集客の専門家、増地 崇志です。 最近、整体に...
コピーライティングノウハウ

効果的なキャッチコピーを作るカンタンな方法

「ホームページとは、高速道路から見える広告のようなものである」 これは、一瞬で内容が理解できて、得を感じさせることの重要性を表しています。 それこそ「優れたキャッチコピー」です。 効果的なキャッチコピーを作るカ...
コピーライティングノウハウ

このキャッチコピーは効果的!

先日、数年ぶりに整体に行ったんです。 ここ半年ぐらい、継続的にトレーニングしているんですね。 しかし最近、トレーニングをしていて腰を痛めてしまいました。 なので、今後のことも考えて整体に行くことにしました。 ...
コピーライティングノウハウ

アクセス解析を使って、効果的なブログタイトルを作る方法

“どういったブログタイトルが効果的なのか?” というと それは “ユーザーの興味・関心の高いフレーズ” です。 アクセス解析を使って、効果的なキャッチコピーを作る方法 こんにちは。 世界一カンタ...
コピーライティングノウハウ

申し込みが3倍になるキャッチコピーとは?

「ネットからの申し込みがない…とほほ…」 もし先生が、そのようにお困りなら、真っ先に改善して欲しい場所があります。 それは キャッチコピー です。 申し込みが芳しくない場合などに、改善すべき箇所というの...
コピーライティングノウハウ

【2021年版】今こそ、教室集客にセールスレターが必要な理由

ネットからの反響を高めるうえで、検索結果の上位に表示されているホームページをマネてみることをお勧めします。 こんにちは。 世界一カンタンわかりやすい!教室集客の専門家、増地 崇志です。 セールスレターとは? ...
コピーライティングノウハウ

生徒募集のテンプレートを使う前に!

例えば「生徒募集 テンプレート」と検索すれば、生徒募集のためのチラシ作成に役立つテンプレートデータを無料でダウンロードできるサービスなどがたくさん見つかります。 さらには、上記のキーワードにご自分の教室のジャンルをつけ加えて検...
コピーライティングノウハウ

【教室集客】ギャップを感じさせる文章を書くコツとは?

前回のブログでは、ウィキペディアと国境なき医師団2つの寄付金募集のサイトをご紹介しました。 2つのサイトの文章を比較し、「ギャップ」のあるなしが読み手の行動に影響を及ぼすことをお伝えしました。 「今なら小額でカンタンに寄...
コピーライティングノウハウ

文章で人を動かすヒケツは●●である!

これからお伝えすることは、文章で人をダマしたり詐欺を働くための文章テクニックではありません。 適切なお客さまに、適切に情報を伝えるための技術です。 ですので、ネット集客には文章が大事だとお考えで、ご自身のスクールについて...
コピーライティングノウハウ

成約率を高めるコピーライティング「権威」

成約率を高めるコピーライティングの要素として「権威」があります。これは「信頼」と似ていて、お医者さんとか大学教授とか、その道のプロフェッショナルといった「権威」のある人が言うことのほうが、読み手からの信頼を得やすいということです。ですから、スクールの先生ご自身を信頼してもらえるように権威性を伝えるようにします。
コピーライティングノウハウ

コピーライティングは戦略的視点で

コピーライティングは戦略的視点で発想すべきです。キャッチコピーや反応の取れる文章展開パターンというのは、あくまで戦術です。どれだけ戦術を磨いても、戦略が間違っていれば効果が出ません。どれだけ文章力を磨いても、ネットでいきなり100万円のリフォームは売れません。それはリフォーム工事をネットで売るという戦略が間違っています。
コピーライティングノウハウ

文章で反応を取るために心がけたいこと

文章で反応を取るために心がけたいことは、読み手が「これはわかるだろう」という思い込みは捨てて、ご自身が伝えたいことを、小学生でもわかるぐらいの内容で、かつ120%伝えきるようにすることです。120%伝えきったところで、相手がすべて理解しきれるわけではありませんし、そもそも読み手は文章を思っている以上に読んでいません。
コピーライティングノウハウ

ホームページで売り上げに直結する要素はキャッチコピー

ホームページにおいて売り上げに直結する要素というのはキャッチコピーです。キャッチコピーを変えるだけで、その他は何も変えなくても売り上げが伸びることがあります。ですから、効果的なキャッチコピーの書き方をマスターすると売り上げを作れるようになります。そこで今回は、売れるキャッチコピーを書くためのポイントをご紹介しています。
コピーライティングノウハウ

ヘッダーにメリットを記載する

ホームーページで「ヘッダー」と呼ばれるページの冒頭部分には、読み手にとってのメリットを感じさせるようなキャッチコピーを書くようにしましょう。ユーザーはホームページを開いた一瞬の印象で、他のサイトへ移動するか?そのページを読み進めるか?を決めています。そこで、ヘッダーにメリットを書くことで読み手に興味を持たせ読み進めてもらうようにします。
コピーライティングノウハウ

成約率を高めるコピーライティング「専門性」

成約率を高めるコピーライティングのテクニックとして、「専門性」について解説しています。例えば、プロ野球選手がオフシーズンに野球教室を開催しています。教える内容はアマチュアのコーチとさほど変わりませんが、子どもたちの満足度はケタ違いです。それはプロ野球選手が教えてくれたという「専門性」がおおきな信頼感、満足感になっているのです。
コピーライティングノウハウ

ブランド広告は誰に向けた広告?

ブランド広告って不思議なモノが多いですよね。キャッチコピーはなく、奇抜な衣装のモデルが立ってるだけ、みたいな。商品よりも世界観を表現しています。しかしこれは、そのブランディングの大きな影響力を与える人のために作られた広告なんですね。あまり一般大衆に向けて作っている広告ではありません。
コピーライティングノウハウ

広告の目的は3つ!

広告やチラシで集客されている方も多いと思います。そもそも広告の目的は大きく分けて3つしかありません。1.集客2.認知3.信頼。集客の即効性を求めるなら集客目的で広告を作るべきです。その際には、ある程度のコピーライティングやマーケティングスキルが求められます。
コピーライティングノウハウ

クリック率を高めるなら「ココをクリック!」

クリック率を高めるなら「ココをクリック!」とテキストリンクで書くと1.2倍ほど、クリック率は高まります。ユーザーは自分で考えるよりも、このように指示されたほうが動きやすいのです。読み手はわかっているだろうという思い込みが実はクリック率を低下させている一番の要因なのかもしれません。
コピーライティングノウハウ

ブログで読まれる内容を書くために大事なこと

ブログなどで読まれる内容の文章を書くためには、いくつかポイントがあります。その中のひとつが「実体験を語る」ことです。ブログでレッスンについて書いているのなら、そこで自分が何を考え、感じ、行動したのか?そういった実体験に読み手は引き込まれて行きます。
コピーライティングノウハウ

「3ない」を解消して、文章の反応率を高める!

文章からの反応率を高めるうえでは、読み手の前提として「3ない原則」があることを理解しておく必要があります。それは読み手はそもそも文章を1.見ない2.読まない3.信じないのです。それを理解したうえで見させる、読ませる、信じさせる工夫を文章に施して行く必要があります。
コピーライティングノウハウ

文章作成において専門用語はひかえめに

文章作成においては、専門用語はなるべく控えめにして小学校高学年の子どもでも理解できるぐらいの表現を心がけましょう。専門用語が並ぶとそれだけでわかりにくくなり読むのをやめてしまいます。どれだけいいことを書いていてもわかりにくい文章は読まれません。
コピーライティングノウハウ

ボランティアにマーケティングを用いると・・・

ボランティアにマーケティングを用いることはできるのでしょうか?その答えはイエスです。適切な人に対して適切な情報を届けることが、マーケティングの一番の目的だとボクは考えています。であるなら、ボランティアの人を集めることや寄付を募るといったことにも活用することができます。
コピーライティングノウハウ

読まれる文章より選ばれる文章

現代は、読まれる文章よりも選ばれる文章のほうが大事です。なぜなら、現代人は日々、情報の波に飲み込まれているからです。ネットニュース、ブログ、Facebook、Twitter、LINEなどなど、ありとあらゆる媒体からの情報に飲み込まれ、そのほとんどの情報がスルーされています。その中で読者に「これだ」と選ばれなければ読んでもらうことができないのです。
コピーライティングノウハウ

反応が取れるメルマガのコツ

反応が取れるメルマガを書くコツは、1メルマガにつき1テーマで書くということです。1回のメールになんでもかんでも情報を詰め込むと精読率が下がります。このへんはAmazonが非常に参考になりますね。お中元特集のときは、お中元商品しかメルマガの中で紹介していません。
コピーライティングノウハウ

こんなキャッチコピーはやめよう

キャッチコピーでよく間違いやすいことについて書いてみました。反応が取れるキャッチコピーには原則があります。しかしその原則に沿っていない、ふわふわしたようなキャッチコピーは意外といろいろな所で目にするので、知らないうちにそれをマネてしまっていることがあります。
コピーライティングノウハウ

スターバックスに学ぶ売れる文章展開とは?

スターバックスに行くと、お店でもらえるツールから売れる文章展開を学ぶことができます。リザーブという、一部店舗でしか取扱いがないコーヒーがあり、それを注文するとエデュケーションカードという、豆を紹介したカードがもらえます。そこに書かれた文章展開が非常によくできています。
コピーライティングノウハウ

セールスレターが上達するためには?

セールスレターが上達するためには、まず、いいと言われているレターをマネすること。いわゆる「型」を身につけることが大事です。そしてその後は量稽古。とにかく書くという作業を黙々と積み重ねて行くことで無意識でも「型」に沿ったレターを展開できますし、さらには「型」を超えた自分なりの「型」が身につけられます。
コピーライティングノウハウ

反応の取れる文章は対象が明確

反応の取れる文章というのは、読んでもらいたい対象が明確です。誰に伝えているのか?がはっきりとしています。それに対して、誰もかれもに読んでもらおうとすると表現が曖昧になってくるので結果として読まれにくいですし、期待したレスポンスは見込めません。
コピーライティングノウハウ

TOPページにキャッチコピーをつけて反応率が高まった事例

TOPページにキャッチコピーをつけていなかった通販サイトは、反応が全然ありませんでした。そこで、お客さんにとってメリットとなるものを表現した途端に他の部分は何も変えずに売上げが伸びて行きました。その経験についてお話したいと思います。ちょっとしたコツがあるんですね。