STEP4:絞り込めと言っても・・・

前回、ホームページの成約率を高める大前提として


●誰に

●何を


を明確にしましょうとお伝えしました。

そして、まずは「誰」を明確化するために、特定の人物を
挙げてもらうようにしました。

それについて、ご質問をいただいたのでお答えしたいと思います。

【質問】

ターゲットを絞り込むのが大事なのはわかるのですが。
絞り込むと、お客さんの数が少なくなってしまいませんか?


【回答】
はい、少なくなることは考えられます。
ただ、ネットの特性を活かすと少なくなる危険性を回避できます。


それを


「ベンザブロック大作戦」


と名づけました(笑)


風邪薬のベンザブロックのCMはご存知ですか?

「あなたの風邪はどこから?」

「私は鼻から・・・」

「そんなあなたに”黄色”のベンザ」

♪あなた?の風邪に?狙いを決めて? ベンザブロック♪


っていうCMです(笑)


この風邪薬は、症状ごとにそれぞれ対応する商品が
用意されています。

鼻づまり用⇒黄色のベンザ

のどの痛み用⇒銀のベンザ

熱用⇒青のベンザ


これまでの常識であれば、風邪薬で症状ごとに分かれては
いませんでした。


おそらく、ターゲットを絞り込むことで売上げアップを
狙っていると想像できます。

ただし、もし鼻づまり用だけしか売っていなければ、他の症状で
悩む人は買えません。

そうすると、売上げを落としてしまいます。


そこで、症状ごとにターゲットを絞り込んだ風邪薬を
販売し、その合計で売上げアップを狙っています。


おそらくこのほうが、これまでのように普通に
風邪薬を販売するよりも売上げが伸びているのだと思います。


これを、カルチャー教室のネット集客に置き換えると・・・


例えばギター教室に生徒を集めるなら


●アコースティックギターのクラスを紹介したページ

●エレキギターのクラスを紹介したページ

●クラシックギターのクラスを紹介したページ


というように、ギターの種類ごとに詳しく紹介するページを
作っておけばよいのです。


さらには、初級クラス・中級クラス・プロ養成クラスといった
レベルごとにも分かれたページも作るといいでしょう。


このようにすれば、トータルでギター教室に通いたい生徒を
たくさん集めることでできます。


これが「ベンザブロック大作戦」です(笑)

教室集客が、今だけ“無料”で学べるオンラインセミナー

無料オンラインセミナーについて、詳しいご案内はこちらをクリック⇒

無料オンラインセミナーのお申し込みは、下記にメールアドレスとお名前を入力して「無料で試してみる」をクリックください。

お申し込み後、すぐにご視聴いただけます。

メールアドレス(必須)例) sample@highcommunication.jp
お名前(必須)例) 山田花子

【ご入力時のお願い】携帯電話・スマートフォン・WEBメール(Yahoo!メール、Gメールなど)でご登録の方は、確実にメールがお届けできますよう、パソコンメールおよび「info@highcommunication.jp」からのメール受信許可設定をお願いいたします。お手数をおかけ致しますが、よろしくお願いします。

【TSUNAGARUのミッション】

先生および教室が“すでに持つ魅力”を最大化し、お客さまから選ばれる教室づくりを親身に徹底的にサポートをします。その結果、高い収益とやりがいを実現する教室を多数創出することに貢献します

ネットからのお問い合わせはこちらをクリック

LINEからも、お問い合わせいただけます

友だち追加

ホームページでの生徒募集5つのステップ
教室集客【TSUNAGARU】