ロングテールSEOのはじめかた

先月のGoogle「ペンギンアップデート」
そしてその前の「パンダアップデート」によって、

ホームページが、検索の圏外に消えて行った話を
ところどころで耳にします。

また、商用利用しているアメブロが削除されている話も
耳にします。

こういう事態が起こると、やはり改めて集客経路は
分散させておかなければと思います。

まずSEO対策における、リスクヘッジとしては

さまざまなキーワードで上位表示させるように
しておきたいです。

いわゆる「ロングテールSEO」です。

ロングテールSEOでは、まず見込み客の方がどんな
キーワードを検索するのか?を考えてみます。

例えばボクの場合だと、

ボクのブログやホームページを見てくださる方というのは、
おもに「カルチャー教室の経営者」だと考えています。

その方が、売上げを伸ばすための方法をネットで探すとしたら、
どんなキーワードで検索するのか?を想像してみます。

・カルチャー教室 集客
・カルチャー教室 生徒募集
・カルチャースクール 集客
・カルチャースクール 生徒募集
・カルチャー教室 集客 チラシ
・カルチャー教室 集客 ホームページ
・カルチャー教室 集客 ネット
・カルチャースクール 集客 チラシ
・カルチャースクール 集客 ホームページ
・カルチャースクール 集客 ネット
・反応のとれるチラシの書き方
・生徒募集 成功 ホームページ
・ブログ集客法

このようにいくつか挙げてみました。

まだまだまだまだあると思います。

それでですね、意識しておいていただきたいのは、
ボクの場合のように

「カルチャー教室」と入力する人もいれば
「カルチャースクール」と入力する人もいるということです。

「英語スクール」であれば、

「英語スクール」と入力する人もいれば、「英語教室」と入力する
人もいます。

さらには、

「英会話教室」や「英会話スクール」というのもあります。

このような「類語」を含めると、膨大な数のキーワードが
出てくるはずです。

そういったキーワードひとつひとつ検索したときに、
あなたのホームページが上位に表示されることを狙います。

もちろん、ライバルもいますからすぐに必ず上位表示が
できるわけではありません。

しかし、例えば千葉市で英語スクールをしている方が

「千葉市 英語スクール」

だけしか上位表示されていないとしたら、冒頭にお話したように
いきなり圏外に消えてしまうと、そこからの集客が見込めなくなります。

これは非常にリスクが大きいと思うんですね。

だからこそ、いろいろなキーワードでの上位表示を狙っておいて、

どれかひとつのキーワードが圏外に消えてもダメージを最小限に
抑えておけるように対策を取るべきだと思います。

このように「ロングテールSEO」というのは、キーワードを
見つけてくることが最初のステップになります。

教室集客が、今だけ“無料”で学べるオンラインセミナー

無料オンラインセミナーについて、詳しいご案内はこちらをクリック⇒

無料オンラインセミナーのお申し込みは、下記にメールアドレスとお名前を入力して「無料で試してみる」をクリックください。

お申し込み後、すぐにご視聴いただけます。

メールアドレス(必須)例) sample@highcommunication.jp
お名前(必須)例) 山田花子

【ご入力時のお願い】携帯電話・スマートフォン・WEBメール(Yahoo!メール、Gメールなど)でご登録の方は、確実にメールがお届けできますよう、パソコンメールおよび「info@highcommunication.jp」からのメール受信許可設定をお願いいたします。お手数をおかけ致しますが、よろしくお願いします。

【TSUNAGARUのミッション】

  • 先生および教室が“すでに持つ価値”を引き出し、お客さまから選ばれる圧倒的な強みを生み出すために親身になって徹底的に頭を絞ります
  • 最新のインターネットマーケティングを提供し、先生ご自身が集客に手間をかけなくてもお客さまが集まる仕組みを構築するとともに、先生がレッスンに専念できる環境づくりをサポートいたします
  • 従来のビジネスモデルに捉われない、新たな教室のビジネスモデルを提供します。その結果、売上げの上限を超えるだけでなく、業界や社会の発展に貢献できる中心的存在となる人材を多数輩出します
  • 最適な方法で豊かに生きる先生の姿を子どもたちに見せてあげることで、ひとりひとりが個性を最適に発揮し、豊かに生きられる社会づくりに貢献します
ネットからのお問い合わせはこちらをクリック

LINEからも、お問い合わせいただけます

友だち追加

SEO対策
教室集客【TSUNAGARU】