ヘッダーイメージ ヘッダーイメージ

ピアノ教室、体験レッスン集客のポイント〜その3〜

ピアノ教室 集客

ピアノ教室がネットで体験レッスンに集客するポイントをお伝えしています。

前回、ホームページで体験レッスンおよび、ご自身のピアノ教室について案内をするときには“5ない原則”理解しておきましょうとお伝えしました。

「5ない原則とは?」読み手はつねに、文章を

  • 見ない
  • 読まない
  • 理解しない
  • 信じない
  • 行動しない

この“5ない”でした。

まずは文章を「見ない」読み手に“見させる工夫”として体験レッスンの案内を大きく目立たせるようにします。

「見させる」というのは、別の言い方で「気づかせる」と言えます。

読ませる工夫とは?

しかし、気づいたとしても読み手は必ず文章を読むわけではありません。

ですからつぎには“読ませる工夫”が必要になります。

読ませる工夫のひとつとしては、すべてのページで体験レッスンの案内をするということです。

例えば僕のホームページの場合、今お読みのページを一番下までスクロールさせると「無料メールマガジン」の案内および登録フォームが記載されています。

これは僕として「無料メールマガジン」を、多くの方に読んでいただきたいと考えているからです。

この無料メルマガの案内および、登録フォームは、すべてのページで記載されています。

このように、どのページを見ても無料メルマガの案内が目につくと、読み手はだんだんと気になってその内容を読みはじめます。

ピアノ教室の体験レッスンも同じです

ピアノ教室の集客の場合は、すべてのページにおいて本文の最後に体験レッスンの案内を記載するようにします。

ちなみに「体験レッスンの案内」に加えて「連絡先」「Googleマップなどの地図(教室の所在地)」を載せておくとよりよいでしょう。

これは読み手にとって親切なことでもあります。

読み手、つまり見込み客の方が「よし、体験レッスンに申し込もう!」とどのタイミングで決断をするのか?は、こちらではコントロールできません。

どのページを見て、決断するかは十人十色です。

だからどのページを見ていても、いつ決断されても、すぐに連絡ができるようにすべてのページで体験レッスンの案内および連絡先を記載しておいてあげましょう。

もし、決断したとしても、そこから「じゃあ連絡先ってどこなんだろう?」と見込み客の方が連絡先を見つけられなかったとしたら、申し込みを諦めてしまうかもしれません

そのような機会損失を防ぐためにも、また読み手に読ませるための工夫としても、体験レッスンの案内をすべてのページで記載するようにしてください。

教室集客が、今だけ“無料”で学べる動画セミナー

教室 集客

【サンプル画像】 教室 集客

無料動画セミナーについて、詳しいご案内はこちらをクリック⇒

無料動画セミナーのお申し込みは、下記にメールアドレスとお名前を入力して「無料で試してみる」をクリックください。

お申し込み後、すぐに第1回目の動画講座をお届けいたします。

メールアドレス (必須) 例) sample@highcommunication.jp
お名前 (必須) 例) 山田花子

【TSUNAGARUのミッション】

  • 先生および教室が“すでに持つ価値”を引き出し、お客さまから選ばれる圧倒的な強みを生み出すために親身になって徹底的に頭を絞ります
  • 最新のインターネットマーケティングを提供し、先生ご自身が集客に手間をかけなくてもお客さまが集まる仕組みを構築するとともに、先生がレッスンに専念できる環境づくりをサポートいたします
  • 従来のビジネスモデルに捉われない、新たな教室のビジネスモデルを提供します。その結果、売上げの上限を超えるだけでなく、業界の発展および社会のさまざまな問題を解決する中心的存在となる人材を多数輩出し、豊かで平和な社会の実現に貢献します
  • 私たちは「豊かさ」を「やりたいことを、やりたいときにできる能力」と定義します。私たちは、売り上げを伸ばしても、それに伴って時間や心身の健康が奪われることを断固拒否します。すべてのお客さまの「豊かさ」の向上に貢献します
このページのTOPへ

サブメニュー(タッチすると開きます)
お問い合わせはこちらをクリック

お問い合わせ

個別サポートやホームページ制作などをご検討されている方のご質問に、増地がメールにてご回答いたします。

お問い合わせはこちらをクリック⇒

【保存版】無料動画講座

「生徒さんが倍増する“魔法のルール”」

くわしくはこちらをクリック⇒

(必須)
(必須)

教室集客の専門家

教室集客コンサルタント

教室集客コンサルタントの増地 崇志です。
教室のネット集客ならお任せください。教室の集客をネットを活用して“自動化”させ、先生を集客の苦労から解放することが私のミッションです。


生徒さんが倍増する“魔法のルール”とは⇒