ピアノ教室、体験レッスン集客のポイント〜その2〜

ピアノ教室 集客

ピアノ教室のホームページにおいて、体験レッスン集客を強化するためにはTOPページで体験レッスンの案内をしましょう。

「はい、でももうそれはやっています」

ひょっとしたら、そのように思われた方もいらっしゃるかもしれません。

もちろん、すでにTOPページで体験レッスンのご案内をされている方はそのまま告知をつづけてください。

しかし“告知をしている”ことと、それが読み手に“伝わっている”こととの間には、大きな隔たりがあると言えます。

大事なことは、ちゃんと伝わること

「すでに体験レッスンの案内はTOPページで行なっています」

という方のホームページを拝見することがあります。

実はその中で、たしかに告知はされているんですが本文内のテキストに「無料体験レッスン受付中です」とだけ書かれているケースは少なくありません。

読み手に存在する“5ない原則”とは?

ホームページで体験レッスンおよび、ご自身のピアノ教室について案内をするときには、つねにつぎの“5ない原則”があることを理解しておきましょう。

読み手はつねに、文章を

  • 見ない
  • 読まない
  • 理解しない
  • 信じない
  • 行動しない

読み手は、私たちが思っている以上に文章を見ません。

ですから本文内に「無料体験レッスン受付中です」と書き添えておく程度では、見つけることができません。

そのため、まずはホームページを流し読みしていても思わず目に留めてしまうぐらい“大々的に目立つように”体験レッスンの案内をします。

とにもかくにも、体験レッスンの案内を見つけてもらわないかぎり、認知してもらえませんので、体験レッスンの案内はしっかりと目立たせましょう!

教室集客が、今だけ“無料”で学べるオンラインセミナー

無料オンラインセミナーについて、詳しいご案内はこちらをクリック⇒

無料オンラインセミナーのお申し込みは、下記にメールアドレスとお名前を入力して「無料で試してみる」をクリックください。

お申し込み後、すぐにご視聴いただけます。

メールアドレス(必須)例) sample@highcommunication.jp
お名前(必須)例) 山田花子

【ご入力時のお願い】携帯電話・スマートフォン・WEBメール(Yahoo!メール、Gメールなど)でご登録の方は、確実にメールがお届けできますよう、パソコンメールおよび「info@highcommunication.jp」からのメール受信許可設定をお願いいたします。お手数をおかけ致しますが、よろしくお願いします。

【TSUNAGARUのミッション】

  • 先生および教室が“すでに持つ価値”を引き出し、お客さまから選ばれる圧倒的な強みを生み出すために親身になって徹底的に頭を絞ります
  • 最新のインターネットマーケティングを提供し、先生ご自身が集客に手間をかけなくてもお客さまが集まる仕組みを構築するとともに、先生がレッスンに専念できる環境づくりをサポートいたします
  • 従来のビジネスモデルに捉われない、新たな教室のビジネスモデルを提供します。その結果、売上げの上限を超えるだけでなく、業界や社会の発展に貢献できる中心的存在となる人材を多数輩出します
  • 最適な方法で豊かに生きる先生の姿を子どもたちに見せてあげることで、ひとりひとりが個性を最適に発揮し、豊かに生きられる社会づくりに貢献します
ネットからのお問い合わせはこちらをクリック

LINEからも、お問い合わせいただけます

友だち追加

教室別、生徒の募集方法
教室集客【TSUNAGARU】