ヘッダーイメージ ヘッダーイメージ

キャッチコピーを変えただけで売上げ3倍!

こんにちは、増地です。

先日、名古屋の友人の家にあそびに行ってきました。
鶴舞公園という所でお花見をしました。名古屋は、桜が満開でした。

滋賀はまだこれからですね。


さて、今日はホームページやチラシなどでキャッチコピーが
うまく書けるようになるオススメ本を紹介したいと思います。

ザ・コピーライティング―心の琴線にふれる言葉の法則/ジョン・ケープルズ


特に参考になるのは、「反応が取れるキャッチコピー」について
書かれていた部分です。


かいつまんでご紹介すると、反応の取れるキャッチコピーは
つぎの4つのタイプのうちのどれかだそうです。


1.読み手に得になること(●●できる、●●になれる)

例)
「あなたもネイティブのような発音で英語の歌が唄えるようになります」

2.ニュース性

例)
「新年度から始めよう!新クラス開講!」
「今テレビなどでも取り上げられ大人気の●●!」

3.興味をひく(えっ?どういうこと?と思わせる)

例)
「あなたも英語でこんな間違いをしていませんか?」

4.短期間でカンタンにできる

例)
「あなたも4週間でこんなに上手に絵が描けるようになります」


本の中では、たくさんの実例も交えて書かれています。

ですので、ご自身のホームページやチラシなどに応用できる要素が
たくさん見つけられることでしょう。


「ホームページはあるけど、反応が思ったほどない」


そんな場合に、まず見直すべきはキャッチコピーです。

キャッチコピーを変えただけで、反応が大きく変わることが
よくあります。


それぐらいやはり、キャッチコピーというのは効果が絶大なのです。


ボクはキャッチコピーの大切さを、学生時代に経験しました。

当時ボクは、飲食店でアルバイトをしていました。

そのお店では、高級なコーヒー豆を「水だし」と呼ばれる方法で
抽出し、そのコーヒーを使った手作りのコーヒーゼリーがありました。


しかし、思うように売れずに賞味期限が切れてしまうことが
けっこうあったんですね。

そこで、あるときにボクがこんなキャッチコピーをつけて
POPを置いてみたんです。


それは・・・


「食べるコーヒー」


これでドカンです(笑)


結果、連日売り切れ。

3ヶ月で15万円ぐらい売上げが伸びました。


商品は何も変えてません。
変えたのはキャッチコピーだけ。


ちなみに、このキャッチコピーは「興味をひく」パターンですね。

ですので、売上げを伸ばしたかったら、生徒を集めたかったら
まずキャッチコピーを考える。


この効果は絶大です。

教室集客が、今だけ“無料”で学べる動画セミナー

教室 集客

【サンプル画像】 教室 集客

無料動画セミナーについて、詳しいご案内はこちらをクリック⇒

無料動画セミナーのお申し込みは、下記にメールアドレスとお名前を入力して「無料で試してみる」をクリックください。

お申し込み後、すぐに第1回目の動画講座をお届けいたします。

メールアドレス (必須) 例) sample@highcommunication.jp
お名前 (必須) 例) 山田花子

【TSUNAGARUのミッション】

  • 先生および教室が“すでに持つ価値”を引き出し、お客さまから選ばれる圧倒的な強みを生み出すために親身になって徹底的に頭を絞ります
  • 最新のインターネットマーケティングを提供し、先生ご自身が集客に手間をかけなくてもお客さまが集まる仕組みを構築するとともに、先生がレッスンに専念できる環境づくりをサポートいたします
  • 従来のビジネスモデルに捉われない、新たな教室のビジネスモデルを提供します。その結果、売上げの上限を超えるだけでなく、業界の発展および社会のさまざまな問題を解決する中心的存在となる人材を多数輩出し、豊かで平和な社会の実現に貢献します
  • 私たちは「豊かさ」を「やりたいことを、やりたいときにできる能力」と定義します。私たちは、売り上げを伸ばしても、それに伴って時間や心身の健康が奪われることを断固拒否します。すべてのお客さまの「豊かさ」の向上に貢献します
このページのTOPへ

サブメニュー(タッチすると開きます)
お問い合わせはこちらをクリック

お問い合わせ

個別サポートやホームページ制作などをご検討されている方のご質問に、増地がメールにてご回答いたします。

お問い合わせはこちらをクリック⇒

【保存版】無料動画講座

「生徒さんが倍増する“魔法のルール”」

くわしくはこちらをクリック⇒

(必須)
(必須)

教室集客の専門家

教室集客コンサルタント

教室集客コンサルタントの増地 崇志です。
教室のネット集客ならお任せください。教室の集客をネットを活用して“自動化”させ、先生を集客の苦労から解放することが私のミッションです。


生徒さんが倍増する“魔法のルール”とは⇒