ヘッダーイメージ ヘッダーイメージ

ことばは不思議です

ことばは不思議です

こんなお悩みを耳にすることがあります

  • 自分らしい人生を歩んで行きたい!なのに、現実は…
  • 自分らしい人生って、どうすれば実現できるのかしら?
  • 願望をイメージしても実現しないのはどうして?
  • 願望を書き出して、叶ったものもあるけれど叶わないものもある…
  • 実現したい願望ほど、叶わないのが悲しい…
  • 恋愛(または人間関係)をうまく行かせたいけれどうまく行かない…
  • そもそも、私の望みが何なのかわからない… etc

「引き寄せの法則」「スピリチュアル」といった言葉を、当たり前のように目にするようになりました。

また「引き寄せの法則」に関する情報も、本やブログなどでたくさん目にすることができるようになっています。

そして、多くの方が「自分の望んだ人生を引き寄せたい」と、さまざまな情報を学び、実践しておられることと思います。

きっと、これをご覧のあなたも、これまで自分らしい人生を生きるために、がんばって来られたことと思います。

しかし、上記のように「望んだ現実を引き寄せることができない」とお悩みの声を耳にすることがあります。

どうして「引き寄せの法則」を学んでも、望んだ現実を引き寄せることができないのでしょう?

どうして、叶う願望と叶わない願望があるのでしょう?

あなたも、そのように思われたことがあるかもしれませんね。

そして、もしあなたが「私は、自分らしく望んだ人生を軽やかに生きるんだ!」と思っていらっしゃるなら。

しかも、それを実現するために「引き寄せ力をもっと高めたい!」と思っていらっしゃるなら、5分ほどお時間を取っていただき、これからお伝えすることをご覧になってみてください。

読むだけでも、あなたの引き寄せ力が高められると思います。

はじめまして、増地 崇志と申します

増地 崇志

私は現在、ネット集客コンサルタントとして活動しております。

また、その活動ではコピーライターとしても、数多くのクライアント企業さんをサポートしております。

「コピーライター」とは、クライアント企業さんの商品やサービスの魅力を、クライアントさんに代わって最適な“言葉”で表現するのが仕事です。

そして、それによって“たくさんのお客さまに商品・サービスを購入していただきたい”というのが、クライアントさんの希望です。

私は、クライアントさんの願いを実現すべく、一生懸命・心をこめて言葉を紡いできました。

その甲斐もあって、クライアントさんの売り上げが倍増したり、新しい販路を開拓されたり、テレビ取材を受けられたりするといった成果を挙げることができました。

そのようにして私は、言うなれば多くのクライアントさんの“願望”を言葉によって“現実化”させてきたと自負しております。

そして、人一倍「言葉が持つチカラ」を熟知する一人であるとも思っております。

とは言え、私もかつては言葉のチカラなんて、これっぽっちも信じていませんでした。

紙に書き出すと叶う!?

今でこそ「引き寄せ」という言葉や、その方法は一般化しつつあるように思います。

そして、それが世の中に広まるうえでは、いくつかの“きっかけ”があったと私は記憶しています。

非常識な成功法則

私自身が「引き寄せ」を知るきっかけとなったのは、経営コンサルタントの神田昌典先生が2002年に出版された「非常識な成功法則」でした。

その本の中に「願望を紙に書き出すと実現する」と書かれていたんです。

はじめは「そんなんで叶うワケがない!」と否定しました。

しかし、詳細は書籍をご覧いただきたいのですが、その本には「紙に書き出す方法」は、年収レベルの高いビジネスパーソンや世界の大富豪が“こっそり”実践している方法だと書かれていました。

そこで、半信半疑で当時の願望を思いつくままに書き出してみたんですね。

そしたらナント!、そのいくつかが“ほんとうに”実現したんです!

味を占めた私は、つぎつぎと願望を書き出しました

豪邸をキャッシュで買う!?

例えば当時、私は電車通勤をしていたんですが、それがとてもイヤだったんですね(満員電車がシンドかったので)。

そこで「自転車で通えるようになる」と書いたところ、その数ヶ月後に会社が自転車で通える事務所に移転することになったんです。

これに味を占めた私は、つぎつぎと願望を書き出しました(笑)。

けれど(もちろん)、叶わないものもたくさんありました。

例えば「芸能人が住むような1億円以上の豪邸をキャッシュで買う」みたいなことも書いていたと思います(笑)。

でも、書きながら内心で「これは、ムリやろう〜」と“反射的に”思ってしまってる自分がいるのがわかるんですね(笑)。

こういった願望は、実現しませんでした(ワクワクはするんですけどね)。

望んだ現実をイメージする!?

ザ・シークレット

上記のような出来事から数年後「ザ・シークレット」という本が出版されました。

これが、世の中に一気に「引き寄せの法則」を広めた、一番のきっかけだったように思います。

この本には「あなたの望みをイメージしましょう」といったことが書かれていました。

ちなみに、先述の「紙に書き出す」ことも、実は望んでいるシーンをイメージしやすくする効果があります。

そこで、私も望んでいることをイメージしてみました。

しかし、この時点で私は「本当に願っている願望ほど実現しない」経験を積み重ねてしまっていました。

そのため、どこか「願望を描いても実現しない」とヤケになっていたと思います。

なので、この時期に何かが実現したという記憶があまりありません(たぶん実現はしていましたが)。

過去形で書けば実現する!?

過去形で書く

その間にも「引き寄せの法則」に関する本などが、たくさん世の中に広まっていました。

そして、どこの何で目にしたのか記憶が定かではないんですが「願望は“過去形”で書くとよい」ということが書かれていました。

先述の「望んだ現実をイメージする」とは、願望がすでに実現している状態と言えます。

ですので、紙に書き出す際にも“すでに実現している状態”を表しているほうがいいようなんです。

例えば「売り上げが1,000万円になった」とか「〜〜さんと結婚した」みたいな感じですね。

しかし今の私は「〜〜さんと結婚した」が、叶うとは思いません。

というか(ホンネを言うと)このような“誰かを変えたい”願望は、書くべきではないと思っています。

あなたはすでに引き寄せています

あなたはすでに引き寄せています

「願望をイメージしても、紙に書き出しても実現しない」

私自身が、イヤというほどそのような経験をしてきました。

それでも私は、望んだ現実を引き寄せることはできると思っています。

というか、すでに誰しもが望みを引き寄せていると思っています。

あなたがホンネで願っていること(思っていること)は、確実に引き寄せられています。

例えば、かつて私は「芸能人が住むような1億円以上の豪邸をキャッシュで買う」と紙に書き出しましたが、今のところ実現していません(笑)。

でも、それは書きながら内心で「これは、ムリやろう〜」と反射的に思ってしまってるからなんです。

つまり、私のホンネは「これは、ムリやろう〜」で、それが見事に引き寄せられて“ムリな現実”が目の前に出現しているんですね。

それって、あなたのホンネ?

それって、あなたのホンネ?

書き出した願望や、イメージしたシーンが本当に望んでいることかどうか?は、ご自身が一番おわかりだと思います。

書き出したり、イメージしたりしたときに心のどこかで(もしくは、深いところで)「それは、ムリだろう」というような想いがかすめたときには、それはあなたの本当の望みではないかもしれません。

または“感覚”でわかることもあります。

願望を書き出したり、イメージしたときに“しっくり”くる、または“軽やか”な感じがする、こういったときはあなたが本当に望んでいる願望である可能性が高いと言えます。

逆に、ソワソワしたり変に不安感が感じられたりしたときは、それが本当の望みか?をじっくりと検証したほうがよいかもしれません。

どうか、引き寄せのための“方法論”に囚われないでください。

あなた自身の感覚を信頼してください。

あなた自身を信頼してください。

Don’t think! Feel.(考えるな!感じろ。 by燃えよドラゴン)

じゃあ、あなたのホンネって?

じゃあ、あなたのホンネって?

もし、願望を書き出しても感覚的にしっくりこないのであれば、つぎのようにホンネを見直してみることをオススメします。

例えば「月収100万円になった」と願望を書いたけれど、どこかしっくりこないとします。

このとき、月収100万円が実現することで“どんな感情になっているか?”に注目してみます。

月収100万円になったら、好きなものが買えたり、旅行に行けたり、不安なく毎月の支払いができるようになるかもしれません。

これらの状況が実現することで、現在よりも“安らいだ気持ち”で毎日を過ごせているのかもしれないですよね。

つまり上記を踏まえると、この場合、月収100万円を通じて“本質的に望んでいること(=ホンネ)”は「安らいだ日々」なのかもしれません。

そこで、私ならホンネを表現する願望として、つぎのように書き出します。

  • 私は、毎日を安らいだ気持ちで過ごしています
  • 私は、最適に安らげる方法を見つけた

そして「安らいだ日々」がホンネだとするなら、必ずしも月収100万円にならずとも安らげる方法はありそうです。

例えば、1日の終わりに温かいお風呂にざっぶ〜んと浸かって「あ〜〜〜」という瞬間。

アレだって安らげる方法のひとつだと思います。

また、パートナーにマッサージをしてもらうとか、お友だちと長電話するとかも安らいだ気持ちになれそうですよね。

こうして、日々の生活の中にひとつ、またひとつと安らげる方法を増やして行くと、気づけばあなたは望んだ人生を送ることができるのではないでしょうか。

Not!ゼロヒャク思考

Not!ゼロヒャク思考

私が、クライアントさんのコンサルティングにおいて、よく言うことがあります。

それは「“ゼロヒャク思考”は、やめましょう」ということです。

これは私の経験上、わりと多くの方が陥りがちな思考だと思います。

どういうことか?と言うと、先述の“月収100万円”を願望として書き出した場合「月収100万円にならないと願望が実現していない」と考える方が少なくありません。

つまり、月収100万円になったら“実現した”、しなかったら“実現しない”のような、0点か100点のどちらかしかないといった考え方のことを私は「ゼロ(0)ヒャク(100)思考」と呼んでいます。

シンプルに言うと「ゼロヒャク思考」は、望んだ現実を遠ざけてしまいやすい思考と言えます。

先ほどの、月収100万円を通じて本質的に得たいこと(=ホンネ)が「安心感」だった場合「安らげる方法」は、月収100万円以外にもたくさんあることはご理解いただけたと思います。

もちろん、それらは月収100万円で得られる安らぎとは違うものなのかもしれません。

けれど、そのとき可能な範囲で安らげる方法を得られたほうが、今より安らいだ日々を送ることができます。

そのように、現実化するときにはプロセスの中で、だんだんと変化して行くことがあります。

そして、今よりも1ミリでも1グラムでも望んだ生き方に近づけるなら、そのほうがいいと私は思うのですがいかがでしょうか。

Not!if思考

Not!if思考

ちなみに、もうひとつ望んだ現実化を遠ざけてしまいがちなケースをお話させていただきたいと思います。

コンサルティングで、つぎのようなご相談をいただくことがあります。

「売り上げが伸びたら、スタッフを雇おうと思うんです」

実は、このように考えておられる場合、思うように売り上げが伸びて行かないように私は感じています。

なぜなら「売り上げが伸びたら」と言うことは、ウラを返せば「今、スタッフを雇えるだけの売り上げではない」と思っているからです。

その結果「スタッフを雇えるだけの売り上げではない」状況が引き寄せられることになります。

この場合には、可能な範囲内でスタッフを雇うことを検討しはじめたほうが、売り上げは伸びやすくなります。

このような「もし〜〜したら、●●したい」といった考え方を、私は「if思考」と呼んでいます。

上記のように、if思考も望んだ現実を遠ざけ、逆に望んでいない現実を引き寄せやすくなります。

この場合には、つぎのような願望を書き出すとよいかもしれません。

  • 私は、スタッフを雇うための最適な方法を見つけた
  • 私は、スタッフを雇うための最適な方法を取り組んだ
  • 私は、スタッフの最適な雇用形態を理解した
  • 私は、スタッフを雇うために最適に努力した
  • 私は、最適なスタッフを雇った etc

あなたのホンネを言葉で表す最適な方法

あなたのホンネを言葉で表す最適な方法

ここまでのお話を聞いていただいて、あなたがこれまで描いてこられた願望はホンネの願望だったでしょうか?

また、ホンネの願望を引き寄せるために、最適な言葉で願望を表現できていたでしょうか?

ここまでをご覧いただいて、あなたがホンネの願望を最適に書き出すことができそうだと感じてくださっていたとしたら、私はうれしく思います。

けれど、現時点でも「私の願望の場合は、どう書けばいいんだろう?」「しっくりくる感覚っていうのが、よくわからない…」といったお気持ちの方もいらっしゃると思うんですね。

そこで私は、私が考える最適な“願望の書き方”をお伝えして、おひとりおひとりがホンネの願望を書き出せるようになるワークショップを開催することにいたしました。

それが

五次元ライティング

五次元ライティング

です。

つぎのような内容を予定しております

  • 引き寄せのメカニズムについておさらい
  • キーログを見つけよう
  • あなたのホンネを探るワーク
  • スタンダードな願望の書き出し方
  • 願望を書き出す時に役立つ万能フレーズ
  • 願望が実現しやすい●●思考とは?
  • ホンネがわからないときの願望の書き方
  • お金に関する願望の書き方
  • 相手がいる場合(恋愛・親子・人間関係)の願望の書き方
  • あなたが書き出した願望を添削
  • 予祝パーティ etc

「願望の書き方」とは、ひとつの“スキル”です。

英語やお料理を学ぶのと同じように、知識を身につけたあとは“やればやるほど”上達します。

つまり「願望の書き方」を身につければ、あとは書けば書くほど現実化させるためのコツを“あなた自身”で体得していただけると考えております。

また、今回のワークショップは少人数での開催となります。

ですので、ご希望の方は書き出した願望を添削させていただこうと考えております。

その際、私のほうからインタビューさせていただき、あなたのホンネを一緒に探って行く場合もあると思います。

クライアントさんのホンネを引き出すこと、そしてホンネを最適に言葉で表現する場面では、私のコピーライターとしてのスキルを本領発揮いたします。

これまでお伝えしてきたとおり、願望が実現しないのは、ほとんどが“ホンネの願望ではない”ことが原因です。

ですので、逆の見方をすれば「ホンネの願望」を自覚することができれば、それを引き寄せられる確率は大きく高まります。

五次元ライティング

五次元ライティング

ワークショップの概要

  • 日時:2018年12月12日(水)
  • 時間:13時~16時30分(受付:12時45分〜)
  • 場所:TSUNAGARUサロン(広島市西区 JR新井口駅・広電 商工センター駅 徒歩1分)
  • 参加費:5,000円
  • 定員:6名
  • お申し込み方法:フォームまたは、LINEから承っております
  • 備考:当日、ワークショップの模様を撮影させていただきます。できるかぎり参加者が映らないよう配慮いたします

サロンの詳しい住所は、お申込み後にお知らせいたします
お車でお越しの場合は、駐車場をご案内いたします

ご参加特典1

当日の模様を撮影させていただき、後日、映像をご覧いただけるようにいたします。

復習にお役立てください。

ご参加特典2

開運スイーツ

当日、カフェ店員歴7年・趣味:お菓子づくりの私が、お手製の「開運スイーツ」をお出しいたします。

ちなみに、上の写真は「スフレパンケーキ」です(もちろん、私が作りました)。

当日、何が出てくるかはまだナイショです(笑)。

とは言え、あまり期待はせず、楽しみにしておいてくださいね(笑)。

お申し込みは、ホームページまたはLINEから

本ワークショップのお申し込みは、ホームページまたはLINEから承っております。

ホームページからお申し込みの場合

お申し込みフォームに必要事項をご記入のうえ、送信してください。

お申し込みはこちらをクリック⇒

LINEからお申し込みの場合

まず、下のボタンをタッチして「友だち追加」をしてください。

その後「トーク」より「五次元ライティングワークショップ参加ご希望」の旨をお伝えください。

友だち追加

あなたの引き寄せ力が、バージョンアップします

あなたの引き寄せ力が、バージョンアップします

すでにおわかりのとおり、引き寄せメソッドにおいて「願望を書き出す」というのは、ごくスタンダードな方法です。

ですので、すでに実践されていておられる方もいらっしゃるかと思います。

また、これをご覧のあなたは、紙に書き出すことやイメージング以外にも引き寄せメソッドを学び、実践しておられるかもしれません。

本ワークショップでお伝えする知識は、それらのどのメソッドとも親和性の高いものだと考えております。

なぜなら、誤解を怖れずお伝えしますと、私の経験上80%以上の方が“願望の書き方”を間違っておられるように感じているからです。

これまでお伝えしてきたとおり“ホンネ”ではないことを願望として書き出したり、イメージされておられる方が少なくないように感じております。

ですので、ホンネの願望に気づき、書き方の“コツ”を知っていただくだけで、あなたの引き寄せ力をグンと高めていただけると考えております。

本ワークショップは、新しいスキルをインストールするのではなく、すでにあなたがお持ちのスキルをバージョンアップさせるものだとご理解ください。

注意!相手がいる願望を書き出す場合

注意!相手がいる願望を書き出す場合

「恋愛をうまく行かせたい」「親子関係を改善したい」そういった目的で、引き寄せを学ばれる方もいらっしゃると思います。

このように、願望に自分以外の誰かが関わる場合の書き方は、少し工夫が必要です。

ちょっと考えてみてください。

あなたが嫌いな人が、こっそりとこんな願望を書き出していたらどうでしょう?

  • 「私は、〜〜さん(←あなた)と結婚した」

はっきり言って、イヤですよね。

相手がいくらあなたと結婚したいと願っても、あなたにも気持ちがあります。

このように、あなたの気持ちも考えずに相手の都合で願望を押しつけることは、今風に言えば“パワハラ”になり大問題です。

また本来、人間は誰しも平等なはずです。

だからこそ、相手を変えようとすることはできないはずだと私は思っています。

そして私は、変えられるのは自分だけだと思っています。

そこで例えば、恋愛に関する願望なら、以下のような(相手に関係なく)あなたの状況が変わることを願望として書き出すことをお勧めいたします。

  • 私は、〜〜さんと最適な関係性が築けることを祈っています
  • 私は、〜〜さんを最適にサポートしました
  • 私は、〜〜さんとの関係がよりよいものになるよう最適に努力しました
  • 私は、〜〜さんとの関係がよりよいものになるための最適な方法を理解しました
  • 私は、〜〜さんと最適にコミュニケーションを図っています etc

上記のような願望であれば、相手を変えることなく自分が変わり、その結果、関係性をよりよいものに進展できそうではないでしょうか?

相手の気持ちがどうであれ、あなたが相手を最適にサポートしてあげた結果、相手はあなたに対して感謝する気持ちが湧いてくるかもしれません。

ワークショップで、得られることの一部を挙げると…

  • 引き寄せの法則についての理解がさらに深まります
  • あなたのホンネを見つけることができます
  • 願望を最適に表現する書き方が身につきます
  • 願望が実現するときの“感覚”を体感できます
  • これまで学んだ引き寄せメソッドとの相乗効果が起きます
  • さまざまな願望の書き方が学べます
  • 他者からの“応援の力”で、現実化が加速します etc

五次元ライティング

五次元ライティング

最後に、現実化がうまい人の特長

現実化がうまい人の特長

このお手紙を通じて、あなたの引き寄せ力が1ミリでも1グラムでも高まってくださっていることを願っております。

誰しも(ホンネを言えば)望んでいる状況に、ダイレクトな変化を遂げたいと思うものです。

しかし、現実化を起こすのが上手な方は、ホンネの願望を描きはじめたときから起こる“小さな変化”を、ひとつひとつ拾い集めるようにして、最終的には願望の“その先”にまでたどり着いておられます。

むしろ、ダイレクトな変化を望んでおられるほど、現実化が遠ざかる傾向があると私は感じます。

なぜなら、そのような願望を書き出した言葉の奥にあるのが「私は、今満たされていない」といった(どちらかというと)ネガティブな感情だからです。

この場合、願望を書き出すほどに「満たされていない」状況を引き寄せてしまいかねません。

ですので、もう一度あなたのホンネをじっくり見直してから、再度、願望を書き出してみていただきたいと思います。

さて、ずいぶんと「引き寄せの法則」についてお伝えして参りました。

かえって、情報が多すぎて混乱させてしまったかもしれません。

また、時間をおいて改めてご覧いただき、引き寄せについての理解を深めていただければ幸いです。

もし、それでも引き寄せのことや願望の書き方についてご不明な場合は、ぜひ五次元ライティングのワークショップにお越しください。

一緒に引き寄せの法則について学び、願望を書き出しましょう。

それでは、あなたとお目にかかれることを楽しみにしております。

最後までおつきあいくださいまして、感謝いたします。

五次元ライティング開発者
増地 崇志
増地 崇志

追伸

あなたの理想のライフスタイル実現の一助になれると、信じております。

なお、くり返しますがワークショップは少人数(6名)での開催となります。

参加ご希望の方は、今すぐお申し込みいただきお席を確保してください。

お申し込みは、ホームページまたはLINEから

お申し込みはこちらをクリック⇒

友だち追加
LINEからも、お問い合わせ・お申し込みができます

【TSUNAGARUのミッション】

  • 先生および教室が“すでに持つ価値”を引き出し、お客さまから選ばれる圧倒的な強みを生み出すために親身になって徹底的に頭を絞ります
  • 最新のインターネットマーケティングを提供し、先生ご自身が集客に手間をかけなくてもお客さまが集まる仕組みを構築するとともに、先生がレッスンに専念できる環境づくりをサポートいたします
  • 従来のビジネスモデルに捉われない、新たな教室のビジネスモデルを提供します。その結果、売上げの上限を超えるだけでなく、業界の発展および社会のさまざまな問題を解決する中心的存在となる人材を多数輩出し、豊かで平和な社会の実現に貢献します
  • 私たちは「豊かさ」を「やりたいことを、やりたいときにできる能力」と定義します。私たちは、売り上げを伸ばしても、それに伴って時間や心身の健康が奪われることを断固拒否します。すべてのお客さまの「豊かさ」の向上に貢献します
友だち追加
LINEから、お問い合わせ・お申し込みができます
このページのTOPへ

サブメニュー(タッチすると開きます)
友だち追加
LINEから、お問い合わせ・お申し込みができます
お問い合わせはこちらをクリック

お問い合わせ

個別サポートやホームページ制作などをご検討されている方のご質問に、増地がメールにてご回答いたします。

お問い合わせはこちらをクリック⇒

【保存版】無料動画講座

「生徒さんが倍増する“魔法のルール”」

くわしくはこちらをクリック⇒

メールアドレス
(必須)
お名前
(必須)

「info@highcommunication.jp」からのメール受信許可設定をお願いいたします。

教室集客の専門家

教室集客コンサルタント

教室集客コンサルタントの増地 崇志です。
教室のネット集客ならお任せください。教室の集客をネットを活用して“自動化”させ、先生を集客の苦労から解放することが私のミッションです。


生徒さんが倍増する“魔法のルール”とは⇒