文章

コピーライティングノウハウ

文章で反応を取るために心がけたいこと

文章で反応を取るために心がけたいことは、読み手が「これはわかるだろう」という思い込みは捨てて、ご自身が伝えたいことを、小学生でもわかるぐらいの内容で、かつ120%伝えきるようにすることです。120%伝えきったところで、相手がすべて理解しきれるわけではありませんし、そもそも読み手は文章を思っている以上に読んでいません。
コピーライティングノウハウ

「3ない」を解消して、文章の反応率を高める!

文章からの反応率を高めるうえでは、読み手の前提として「3ない原則」があることを理解しておく必要があります。それは読み手はそもそも文章を1.見ない2.読まない3.信じないのです。それを理解したうえで見させる、読ませる、信じさせる工夫を文章に施して行く必要があります。
コピーライティングノウハウ

読まれる文章より選ばれる文章

現代は、読まれる文章よりも選ばれる文章のほうが大事です。なぜなら、現代人は日々、情報の波に飲み込まれているからです。ネットニュース、ブログ、Facebook、Twitter、LINEなどなど、ありとあらゆる媒体からの情報に飲み込まれ、そのほとんどの情報がスルーされています。その中で読者に「これだ」と選ばれなければ読んでもらうことができないのです。
コピーライティングノウハウ

スターバックスに学ぶ売れる文章展開とは?

スターバックスに行くと、お店でもらえるツールから売れる文章展開を学ぶことができます。リザーブという、一部店舗でしか取扱いがないコーヒーがあり、それを注文するとエデュケーションカードという、豆を紹介したカードがもらえます。そこに書かれた文章展開が非常によくできています。
コピーライティングノウハウ

反応の取れる文章は対象が明確

反応の取れる文章というのは、読んでもらいたい対象が明確です。誰に伝えているのか?がはっきりとしています。それに対して、誰もかれもに読んでもらおうとすると表現が曖昧になってくるので結果として読まれにくいですし、期待したレスポンスは見込めません。
コピーライティングノウハウ

やっぱり文章には実体験が大事!

コピーライティングにおいて、実体験の伴った文章というのは非常に重要です。それはコピーに限らず人に何かを伝える行為というのはすべてそうなんだと思います。それをスターバックスで店員さんとの会話を通じて改めて感じました。
コピーライティングノウハウ

ホームページで反応のとれる文章を書ける人とは?

ホームページで反応の取れる文章をもっとも書ける人は、教室のことや生徒のことを誰よりも知っているあなた自身ではないでしょうか。ご自身の実体験に基づく表現というのは、プロのコピーライターには書けない絶妙な味わいがあります。そしてこの実体験こそが読み手のアタマに鮮明なイメージを浮かばせたり、心のスイッチを入れる大切な要素なのです。
コピーライティングノウハウ

ホームページの文章で反応が取れるようにしたい方へ

ホームページの文章で反応が取れるようになるためのコツをお伝えしています。コピーライティングで一番大事なことは読み手の中の「なぜそれを読む必要があるのか?」という問いにきちんと答えるということです。
コピーライティングノウハウ

文章が長くなってしまった場合の対処法

ホームページから集客するために、文章力は重要です。今回は、文章がどうしても長くなってしまう方に読んでいただきたい内容です。こういう方は、つねに客観的な視点を持って論点がブレない工夫が必要です。あとそれと・・・
コピーライティングノウハウ

売れる文章には自信が感じられる

売れる文章というのは、どこか「自信」が感じられます。商品やサービスに自信があるからこその力強さのようなものを感じます。また、誰かから借りて来た表現ではなく、書き手が自分の言葉で書いている場合も、自分に自信を持って書けているので、売れることが多いです。
コピーライティングノウハウ

おもしろい文章の書き方のコツ

おもしろい文章の書き方のコツは、自分のスキな作家さんの本を何度もくり返し読むことだと思います。そうすることで、自然とその作家さんの文体とかトーンや行間のとり方になってくるのです。
コピーライティングノウハウ

スラスラと読まれる文章を書く3つのコツ

文章力(コピーライティング)は、ネットで生徒を集めるためには非常に重要なスキルです。しかし、そのスキルは誰でも身につけることができます。さらには、今回お伝えする3つのコツを意識して書くだけでもいつもとは違った、スラスラと読みやすい文章が書けるようになるはずです。
コピーライティングノウハウ

文章は長いと読まれない!?

ホームページに書かれている文章は長いと読まれないのでしょうか?いえ、必ずしもそんなことはありません。たしかに長いと読むのが大変になるということ否めませんが、かといって手短かにしてしまうと情報が少なすぎて不安で申し込む手が止まってしまうこともあります。
ホームページを使った生徒募集法

文章とデザインの順番は間違えない

ネットで生徒募集を行ううえで、文章力とデザイン力は不可欠なスキルだと思います。文章はお客さんに「何を」伝えるべきかが求められ、デザインでは「何を」を「どう」効果的に伝えるかが求められます。
ビジネス戦略

ネットビジネスに必須の2つのスキルとは?

ネットビジネスで成功するために必要なスキルとは?と聞かれたら、ボクは「文章力」と「デザイン力」だと答えます。特に文章力に関しては、メール全盛期の時代ですから、ホームページの文章に限らず、文章力というものが今まで以上に求められていると感じています。そして文章力は、結局のところ「量稽古」によって培われて行きます。
コピーライティングノウハウ

ネットで文章を書くときに気をつけたいこと(Not 炎上!)

ネットというのは、世界中どこでも誰でも見ることができます。それゆえにさまざまな価値観の方がいますから、不用意なひと言で読み手を不快にさせたり、傷つけたりしないように表現には気をつけなくてはいけません。そこで、ボクがネットで文章を書く際に気をつけている2つのことをご紹介したいと思います。これであなたも炎上することはありませんw
コピーライティングノウハウ

「文章は書くというよりは、並べるという感覚に近い」ってどゆこと!?

日ごろお客さまの商品やサービスについての文章を書いていて、反応がとれる文章とそうでない文章というのがあります。それをくり返しているうちに、「これって人生と同じだな」と思うことがありました。では、実際に反応がとれる文章を書くためにボクがどうのようにしているのか?をお伝えするとともに、「人生と同じ」の意味もお伝えしたいと思います。
コピーライティングノウハウ

天才の頭を借りて、おもしろい文章を書く方法

ホームページで生徒募集活動を行ううえで、「文章を書くのが苦手」という声をときどき聞きます。なかなか思うように表現が浮かばない、どこか堅苦しくなってしまう・・・そんなときにある「天才」に助けを求める方法があります。
コピーライティングノウハウ

文章を”小分け”したら反応が上がりました!

反応がよい文章というのは、読みやすい文章だといえます。そして読みやすい文章の特長としては「1文あたりの文章量が少ない」ということが挙げられると思います。文章を書くときには「一文一意」という原則で書くといいです。これは、ひとつの文書の中に、伝えたいことはひとつ、という意味です。
コピーライティングノウハウ

反応率を高める文章のコツって何だと思いますか?

ほんのちょっとしたことで、反応がグンと高まるコツをご紹介したいと思います。それは「改行」をたっぷり取ることです。文章と文章の間の余白をたっぷり取ることで、文字の圧迫感を軽減できます。それによって、読み手の精読率が上がります。その結果、反応率も上がってくるのです。逆の見方をすれば、文字が詰まっていると、どれだけいい文章であっても読まれにくくなります。
コピーライティングノウハウ

スティーブ・ジョブズに学ぶ、文章術とは?

カルチャー教室のホームページで、生徒を集めるために必要なスキルのひとつとして「文章力」があります。今回は、文章を書くうえで非常に参考になる動画をご紹介します。iPhone、iPadなどでおなじみAppleの創業者、故スティーブ・ジョブズ氏の新製品発表の際のプレゼンテーションです。ここに文章で惹きつけるコツが隠されています。
コピーライティングノウハウ

読まれる文章にするワンポイントアドバイス

カルチャー教室がブログを使って生徒を集めるために大事なことは、ます書くネタです。これは「レッスン内容」を書けばいいと思います。そしてそれを書くうえで気をつけたいことは、単に「こんなレッスンをしました」といった「事実」だけを伝えるのではなく「●●のレッスンをして"楽しかった"、"おもしろかった"」といった「感情」も一緒に伝えることです。
ホームページを使った生徒募集法

相手に伝わる文章を書くコツとその磨きかた

カルチャー教室がホームページで生徒を集めるうえでは、文章力は非常に重要です。反応の取れる文章術なる本はたくさん出ているので、それで学ばれるとよいとは思いますが、そういった文章の「型」を学んだあとにたくさん文章を書くことでオリジナリティのある文章になってきます。そういう文章がもっとも反応が取れる文章なのです。
ホームページを使った生徒募集法

インターネットから生徒募集するために必要なスキルとは?

インターネットで生徒を集めるためには、デザイン力と文章力は書かせません。先日もホームページのデザインをリニューアルしただけでホームページからの入会があったという報告をいただきました。また文章は、ある程度反応が取れる「型」に沿って書くトレーニングをすることで、訴求力のある文章が書けるようになります。