教室集客 TSNAGARU
教室集客 TSNAGARU

反応

コピーライティングノウハウ

文章で反応を取るために心がけたいこと

文章で反応を取るために心がけたいことは、読み手が「これはわかるだろう」という思い込みは捨てて、ご自身が伝えたいことを、小学生でもわかるぐらいの内容で、かつ120%伝えきるようにすることです。120%伝えきったところで、相手がすべて理解しきれるわけではありませんし、そもそも読み手は文章を思っている以上に読んでいません。
コピーライティングノウハウ

反応が取れるメルマガのコツ

反応が取れるメルマガを書くコツは、1メルマガにつき1テーマで書くということです。1回のメールになんでもかんでも情報を詰め込むと精読率が下がります。このへんはAmazonが非常に参考になりますね。お中元特集のときは、お中元商品しかメルマガの中で紹介していません。
コピーライティングノウハウ

反応の取れる文章は対象が明確

反応の取れる文章というのは、読んでもらいたい対象が明確です。誰に伝えているのか?がはっきりとしています。それに対して、誰もかれもに読んでもらおうとすると表現が曖昧になってくるので結果として読まれにくいですし、期待したレスポンスは見込めません。
コピーライティングノウハウ

反応が取れないホームページの特長

今回は、反応が取れないホームページの特長についてお話したいと思います。ズバリひと言で表すなら「わかりづらい」こと。しかし、あるふたつのポイントを明確にすることでわかりやすくなってくることがあります。そのふたつとは「誰に」「何を」になります。
コピーライティングノウハウ

ホームページで反応のとれる文章を書ける人とは?

ホームページで反応の取れる文章をもっとも書ける人は、教室のことや生徒のことを誰よりも知っているあなた自身ではないでしょうか。ご自身の実体験に基づく表現というのは、プロのコピーライターには書けない絶妙な味わいがあります。そしてこの実体験こそが読み手のアタマに鮮明なイメージを浮かばせたり、心のスイッチを入れる大切な要素なのです。
コピーライティングノウハウ

ホームページの文章で反応が取れるようにしたい方へ

ホームページの文章で反応が取れるようになるためのコツをお伝えしています。コピーライティングで一番大事なことは読み手の中の「なぜそれを読む必要があるのか?」という問いにきちんと答えるということです。
コピーライティングノウハウ

コピーライティングの3原則?反応を上げるために!?

反応率の高い文章を書くうえで、コピーライティングの原則を知っておくといいでしょう。それは、読み手は文章を・・・1.見ない、2.読まない、3.信じない、ということです。この前提で文章を作るようにすると、必然的に見させる、読ませる、信じさせる文章になって行きます。
チラシを使った生徒募集法

ネット集客VSアナログ集客、その結果は!?

先日ボクのある友人の方が、起業家向けセミナーを開催されました。その際に、ネット集客とアナログ集客の両方を行いました。しかし、その結果には大きな差が出たそうなんです。
コピーライティングノウハウ

反応のいいキャッチコピーのコツとは?

反応のいいキャッチコピーを書くコツはいくつかありますが、例えば「ギャップ」を演出できるかどうか?例えば「大人女子」や「料理男子」という言葉は、対極的な単語を組み合わせることでギャップを作り出しています。
コピーライティングノウハウ

キャッチコピーを変えただけで1.5倍!?

カルチャー教室のホームページにおいて、キャッチコピーが果たす役割は大きいです。なぜなら、キャッチコピーを変えただけで入会率が変わることがよくあるからです。ではどんなキャッチコピーなら反応が取れるのでしょうか?その書き方のコツをご紹介します。