リスク

経営において大切にしたいこと

起業のリスクを想定しておく

起業するうえでは、あらかじめリスクを想定できたほうがいいです。例えば起業当初は、自分自身率先して事業に携わります。そうなると、自分がいなくなると事業が回らないリスクが発生します。病気にはなれないし、事故にも合ってはいけない。自分が働かなくても収入が得られる仕組みは家族を守るためには大切です。
ホームページを使った生徒募集法

ホームページ集客でのリスクを予め知っておく

ホームページで集客するうえでもリスクはあります。たとえば、アクセスが集まらないとか、文章が読まれないとか・・・。いろいろと運営して行くうえでの課題でもありますが、それらを予め知っていればそれについての対応策を練ることもできます。
ビジネス戦略

長い目で見たら、それはいいこと?悪いこと?

以前にカルチャー教室経営において、あらかじめ「リスク」をできる限り想定しておくことで、具体的な行動に結びつき経営がうまく行きやすいというお話をしました。この「リスク」の中にはいつでも「これは長い目で見たらデメリットになることはなにのか?」という項目を持っていて欲しいと思います。短期的な売上げばかりに目を取られると、長期的視点では生徒さんを失うこともあります。
ビジネス戦略

リスクをあらかじめ考えておくと、いい結果に結びつきやすい

カルチャー教室を経営していくうえで、はじめにリスクを考えておくといい結果に結びつきやすいです。リスクとは、教室運営にかかる家賃などの固定費や、生徒集めにかかる広告宣伝費などが考えられます。それらをあらかじめ思いつく限り書き出しておくことで、リスクを回避する方法を考えておくのです。そうすることで、安心して日々の活動が促進されて行くのです。