ヘッダーイメージ ヘッダーイメージ

ビジネスの流れに乗る方法とは?

ビジネスの流れに乗る方法とは?

今日のお話は、ちょっと“不思議”な内容です。

僕がこれまで経験した「ビジネスの流れ」についてお話したいと思います。

きっと、内容を読んで信じられない方もおられると思います。

ちなみに、僕が読者だったら絶対信じません(笑)。

なので“不思議系のお話”がニガテな方はどうぞスルーしてくださいね。

では、行きます。

ビジネスのながれに乗る方法とは?

僕は、クライアントさんのホームページを修正したり、管理させていただいています。

そして、さまざまなホームページを管理していると反響が出やすいタイミングがあることに気づきました。

それは…

ホームページを修正した“直後”です。

先日も、こんなことがありました。

あるクライアントさんから「お問い合わせフォームが稼働しない」とご連絡いただいたんです。

原因は、外部のシステム会社さんが導入した新しいシステムによるものでした。

なので、そちらの会社さんに修正していただき正常に稼働しました。

すると、その日のうちに2件フォームからお問い合わせが入ったんです。

ちなみに、そちらのフォームはお問い合わせ履歴が確認できました。

すると、システムエラーが起こっていた時期の送信履歴も残っていたんです。

それによると、もう3ヶ月近くお問い合わせがありませんでした。

一番直近(といっても3ヶ月前)の時期にはすでにシステムは導入されています。

ですので、3ヶ月間はフォームからお問い合わせはなかったんですね。

けれども、フォームを修正したその日に2件入ってくるんです。

直したその日にです。

しかも、2件です。

流れが滞ることはよろしくない

なぜ、このようなことが起こるのか?

それは、僕もよくわかりません。

ただ、感覚的な表現をすると「滞っていたのが、流れた」のだと思います。

例えば、川の流れが滞ってしまうとそこの水は濁ってしまいます。

また、肩こりなどで血流が滞ると体は不調をきたします。

これらを考えると、絶えず“流れている”ことはどうも大切なようです。

そして、このことはホームページなどにも当てはまると僕は考えています。

例えば、先生が何かの商品やサービスをネットで探していたとしますよね。

そして、あるホームページを訪れたとします。

しかし、そのホームページの冒頭にこんな文言が書かれていたらどうでしょう?

●最新情報!
ただいま、夏のキャンペーン実施中!
通常価格から10~70%OFF!(2014年6月11日更新)

注目していただきたいのは更新日です。

2014年て…。

いつのキャンペーンやねんw

このようなホームページって、ときどきあるんですよね。

随分前から更新されていなくて、そのままになっているんです。

それを見ただけで「ここはやめとこう」って思いませんか?

ほんの一部分でもいい!

では逆に、こんなのはどうでしょうか?

  • 〜〜高校甲子園出場おめでとう!(2019年7月28日)
  • 梅雨明けなつぞらキャンペーン!(2019年7月18日)
  • 熱中症対策3つのポイント(2019年7月8日)

このブログは、2019年8月1日に執筆したものです

ちなみに、上記はブログ記事のタイトルだと思ってください。

そして、パソコンでホームページを見たときにサイドエリアに表示されているとします(タイトルをクリックすると記事ページに飛べるんです)。

このような表記があれば、つねに活動している印象を受けませんか?

そして、きちんと活動している会社(教室)という印象も受けると思うんです。

そのような印象を受けると、そのホームページや教室に対して安心して申し込みができそうですよね。

このように、ホームページの一部分であっても絶えず変化してるということは“流れている”ホームページと言えます。

流れを生み出す方法

また、Yahoo!やGoogleなどは時期によって一部のデザインが変わっています。

例えば、クリスマスであればYahoo!もGoogleもロゴマークの周りにサンタクロースなどののイラストが描かれたりします。

お正月なら、鏡餅とか羽根つきなんかもあったと思います。

夏なら、花火とかスイカとか“夏らしい”デザインが描かれますし、秋には紅葉とかもあったりもします。

このように季節に合わせて、ホームページのデザインの一部を変えてみる。

もしくは、ホームページ内に1枚季節感のある写真を載せてみる。

さらには、それを季節ごとに変えてみる。

こういったことによって、絶えず“流れている”ホームページになります。

そして、この“流れている”というのが集客において大切なんです。

時代はつねに流れています

“流れている”というのは感覚的なので、伝わりづらくてすみません。

別の言い方としては”エネルギーが回っている(動いている)”そのようにも表現できるかなと思います(それでも、わかりづらくてすみません)。

いずれにしても“流れ”というのは、スポーツの世界ではよく使われる言葉でもあります。

「いい流れの中で、得点できましたね」とか「傾きかけた流れを、呼び戻すプレーでした」など。

自力だけじゃない、それ以外の力も合わさって望んだ結果に結びつけられる。

それが“流れ”なんだと思うんですね。

そして、ビジネスにおいても自然とうまく行く“流れ”に乗ることは、大切だと僕は思うんです。

しかも、流れに乗るためには、絶えず“流れている”必要があると思います。

流れている中で、流れを引き寄せるそのような感覚です(また感覚的なことを言ってしまいました)。

そういった理由から、ホームページは絶えず変化させることが大切です。

そしてそれは、ほんの一部分で構いません。

写真1枚だったり、ブログ記事だったり。

絶えず、流れている川が清流でありつづけるように、絶えず、流れているホームページは集客の“流れ”を生み出します。

ということで、流れを生み出す行動を起こしてみましょう。

  • ホームページの写真を1枚変えてみる
  • キャッチコピーを変えてみる
  • ブログ記事をひとつ書いてみる etc

そして、うまく行く流れに乗りましょう。

教室集客が、今だけ“無料”で学べる動画セミナー

教室 集客

【サンプル画像】
教室 集客

無料動画セミナーについて、詳しいご案内はこちらをクリック⇒

無料動画セミナーのお申し込みは、下記にメールアドレスとお名前を入力して「無料で試してみる」をクリックください。

お申し込み後、すぐに第1回目の動画講座をお届けいたします。

メールアドレス (必須)
例) sample@highcommunication.jp
お名前 (必須)
例) 山田花子

【ご登録時のお願い】携帯電話・スマートフォン・WEBメール(Yahoo!メール、Gメールなど)でご登録の方は、確実にメールがお届けできますよう、パソコンメールおよび「info@highcommunication.jp」からのメール受信許可設定をお願いいたします。お手数をおかけ致しますが、よろしくお願いします。

【TSUNAGARUのミッション】

  • 先生および教室が“すでに持つ価値”を引き出し、お客さまから選ばれる圧倒的な強みを生み出すために親身になって徹底的に頭を絞ります
  • 最新のインターネットマーケティングを提供し、先生ご自身が集客に手間をかけなくてもお客さまが集まる仕組みを構築するとともに、先生がレッスンに専念できる環境づくりをサポートいたします
  • 従来のビジネスモデルに捉われない、新たな教室のビジネスモデルを提供します。その結果、売上げの上限を超えるだけでなく、業界の発展および社会のさまざまな問題を解決する中心的存在となる人材を多数輩出し、豊かで平和な社会の実現に貢献します
  • 私たちは「豊かさ」を「やりたいことを、やりたいときにできる能力」と定義します。私たちは、売り上げを伸ばしても、それに伴って時間や心身の健康が奪われることを断固拒否します。すべてのお客さまの「豊かさ」の向上に貢献します
友だち追加
LINEから、お問い合わせ・お申し込みができます
このページのTOPへ

サブメニュー(タッチすると開きます)
友だち追加
LINEから、お問い合わせ・お申し込みができます
お問い合わせはこちらをクリック

お問い合わせ

個別サポートやホームページ制作などをご検討されている方のご質問に、増地がメールにてご回答いたします。

お問い合わせはこちらをクリック⇒

【保存版】無料動画講座

「生徒さんが倍増する“魔法のルール”」

くわしくはこちらをクリック⇒

メールアドレス
(必須)
お名前
(必須)

「info@highcommunication.jp」からのメール受信許可設定をお願いいたします。

教室集客の専門家

教室集客コンサルタント 増地崇志

教室集客コンサルタントの増地 崇志です。
教室のネット集客ならお任せください。教室の集客をネットを活用して“自動化”させ、先生を集客の苦労から解放することが私のミッションです。


生徒さんが倍増する“魔法のルール”とは⇒