教室集客 TSNAGARU
教室集客 TSNAGARU

【スクール生徒募集】もっとも効率的な集客方法とは?

スクール 生徒募集 体験レッスン

スクールビジネスにおいては、年明けからが反響が高まる時期になる傾向があります。

新年から心機一転で、習い事をはじめる方が増えるからです。

そこを見越して、今から準備をしておきましょう。

そこで今日は、改めてネットの役割について考えてみたいと思います。

もう冒頭から結論的なことを言ってしまうと、ホームページやネットの役割というのは「見込み客との最初の対面機会をつくるもの」だと僕は考えています。

例えば、車をネットで購入される方は、ほとんどいないと思います。

または家を購入するときに「カートに追加」ボタンは押さないと思います(笑)

高額なため試乗したり、モデルルームを見たり、営業マンから話を聞かないと購入に対する心理的な抵抗感を拭うことができないからです。

逆の見方をすると、対面したり体験することは心理的な抵抗感を拭うだけの力があるとも言えます。

これはスクールビジネスにおいても同じことが言えます。

対面したほうが、お客さまの心理的な抵抗感を大きく引き下げ、入会を決断してくれる確率がグッと高まります。

お客さまの心理としては、ホームページを見た時点では

  • レッスンを受けたことがない
  • 先生に会ったこともない
  • 教室に行ったこともない

状態ですよね。

その状態で、6回コースといった継続レッスンに申し込みをすることや複数回分の講習費を支払うことは、やはり心理的に抵抗感があります。

そのため、ホームページからダイレクトに入会することはなかなか決断できないものです。

そこで、直接対面できる機会をつくりコミュニケーションを図ることによって、心理的な抵抗感が和らぎ、結果として入会が促進されます。

そして、その対面する機会というのは「体験レッスン」「ワンデーレッスン」になります。

“お試し”の意味合いを含んだレッスンや一回きりのレッスンであれば、心理的な抵抗感も少なく申し込みしやすくなるからです。

そのようにして、ホームページからダイレクトに入会を促すよりまずは体験レッスンやワンデーレッスンに参加してもらう、

つまり

「見込み客との最初の対面機会をつくる」

ことに注力します。

「注力する」というのは、具体的には

  • TOPページで体験レッスンの案内を十二分に伝え切る(どんなレッスン内容?、参加するメリット、受講日時や場所、受講料etc)
  • すべてのページで体験レッスンの概要と連絡先を掲載し、かつTOPページヘのリンクを張っておく
  • ブログやFacebookなどの他の媒体も、体験レッスンの概要と連絡先を掲載し、ホームページ(TOPページ)ヘのリンクだけを張っておく etc

さまざまなレッスンのページへのリンクを紹介したくなりますが、レッスンに来てもらえれば、そちらでじっくりと説明することができます。

逆に、さまざまな選択肢が目の前に広がってしまうと、かえって疑問点や不安点が浮かび上がってしまいます。

その結果、お客さまが選べなくなってしまいます。

疑問点や不安点を解消するには、対面でのコミュニケーションが効率的で効果的です。

ですから、ホームページでは体験やワンデーレッスンへの集客に注力しましょう。

一見遠回りのようですが、多くのケースにおいて実はそれが最も効率的な集客法になります。

教室集客が、今だけ“無料”で学べるオンラインセミナー

教室集客

無料オンラインセミナーについて、詳しいご案内はこちらをクリック⇒

無料オンラインセミナーのお申し込みは、下記にメールアドレスとお名前を入力して「無料で試してみる」をクリックください。

お申し込み後、すぐにご視聴いただけます。

メールアドレス(必須)例) sample@highcommunication.jp
お名前(必須)例) 山田花子

【ご入力時のお願い】携帯電話・スマートフォン・WEBメール(Yahoo!メール、Gメールなど)でご登録の方は、確実にメールがお届けできますよう、パソコンメールおよび「info@highcommunication.jp」からのメール受信許可設定をお願いいたします。お手数をおかけ致しますが、よろしくお願いします。

【TSUNAGARUのミッション】

内発的動機(心からやりがいを感じる)に基づく経営および「100年つづく教室」の実現をサポートします。

ネットからのお問い合わせはこちらをクリック

友だち追加

ビジネス戦略
教室集客【TSUNAGARU】