スクールの生徒募集を成功させる「5ない原則」とは?

スクール 生徒募集

今日お伝えすることは、本当に本当に重要です。

「お客さまに存在する“5ない”原則」というお話をしたいと思います。

僕はこのことを、セミナーやメルマガ、ブログなどで幾度となくお伝えしてきました。

なので「もう聞き飽きた!」と思われるかもしれません。

しかし、何度もお伝えすることは、それだけ重要度が高いこととご理解いただきたいと思います。

ちなみに、このことをお伝えしはじめた頃は「3ない」原則と言っていました。

ですが、最近のクライアントさんの成果を見ていて2つ増やすことにしました。

知っているだけで、反応が高まります

お客さまに存在する「5ない」原則とは?・・・

お客さまはホームページ(またはブログなど)を

  • 1.見ない
  • 2.読まない
  • 3.理解しない
  • 4.信じない
  • 5.(だから)行動しない

ことを表します。

もちろん、すべてのホームページを訪れるお客さまがそうではないと思います。

ただ、強調しておきたいことは

上記を前提としてホームページづくりを行うと反応を高めやすくなるということです。

ホームページを

■見ない前提で、見させる工夫をする

  • ⇒デザイン性を高める
  • ⇒写真やキャッチコピーなどで目に留まりやすくする

■読まない前提で、読ませる工夫をさせる

  • ⇒読み手に興味を与える内容を伝える
  • ⇒読みやすいような書き方(小見出し、文字装飾など)

■理解しない前提で、理解しやすい工夫をする

  • ⇒小学5年生でもわかるように伝える
  • ⇒写真や動画などで伝える
  • ⇒図表やグラフなどで伝える

■信じない前提で、信じてもらえる工夫をする

  • ⇒実際の成果を具体的に示す(実数や生徒作品など)
  • ⇒生徒さんからの感想を載せる(写真つき、実名が望ましい)

■行動しない前提で、行動しやすい工夫をする

  • ⇒すべてのページに連絡先を表示する
  • ⇒連絡方法は、複数用意する(TEL・ホームページなど)

例えば、理解を促すためにレッスン風景の写真を複数枚、しかも本文エリアのヨコ幅いっぱいに掲載し直した。

行動しやすいように、申込みボタンをTOPページの本文エリアの冒頭にも配置した(申込みを決定した方にとっては、申込ボタンをクリックするのにページの下までスクロールするのは面倒くさいですよね)。

こういった改善を施したことで、成約率が3倍ぐらい変わったケースもあります。

写真を大きくしたり、申込みボタンを配置し直すだけで成約率を伸ばせるなら、試してみる価値はあると思います。

そして、一度高められた成約率はその後もずっとつづいて行きます。

その結果、アクセスを集める取り組みに力を入れなくても継続的な申込みを得られるようになって行きます。

教室集客が、今だけ“無料”で学べるオンラインセミナー

無料オンラインセミナーについて、詳しいご案内はこちらをクリック⇒

無料オンラインセミナーのお申し込みは、下記にメールアドレスとお名前を入力して「無料で試してみる」をクリックください。

お申し込み後、すぐにご視聴いただけます。

メールアドレス(必須)例) sample@highcommunication.jp
お名前(必須)例) 山田花子

【ご入力時のお願い】携帯電話・スマートフォン・WEBメール(Yahoo!メール、Gメールなど)でご登録の方は、確実にメールがお届けできますよう、パソコンメールおよび「info@highcommunication.jp」からのメール受信許可設定をお願いいたします。お手数をおかけ致しますが、よろしくお願いします。

【TSUNAGARUのミッション】

  • 先生および教室が“すでに持つ価値”を引き出し、お客さまから選ばれる圧倒的な強みを生み出すために親身になって徹底的に頭を絞ります
  • 最新のインターネットマーケティングを提供し、先生ご自身が集客に手間をかけなくてもお客さまが集まる仕組みを構築するとともに、先生がレッスンに専念できる環境づくりをサポートいたします
  • 従来のビジネスモデルに捉われない、新たな教室のビジネスモデルを提供します。その結果、売上げの上限を超えるだけでなく、業界や社会の発展に貢献できる中心的存在となる人材を多数輩出します
  • 最適な方法で豊かに生きる先生の姿を子どもたちに見せてあげることで、ひとりひとりが個性を最適に発揮し、豊かに生きられる社会づくりに貢献します
ネットからのお問い合わせはこちらをクリック

LINEからも、お問い合わせいただけます

友だち追加

ホームページを使った生徒募集法
教室集客【TSUNAGARU】