成約率を高めるコピーライティング「権威」

こんなお話を聞いたりしたことはありませんか?

スキな人とのデートで、どこに食事に行こうか?と
考えたときに・・・

「スキな人となら、別にどこでもいい」

これって言い方を変えると、

何を食べるか?じゃなくて、誰と食べるか?が大切だ
ということになると思います。

実はこれとよく似たことが、ネット集客でもあります。

それは

何を言うかじゃなく、誰が言うか?

が、成約率に影響を及ぼしているということです。

どういうことかと言うと、

例えば、ダイエットかなんかのサプリメントを
ネット販売しているとして、

その商品のレターの中で、どっかのお医者さんが
推薦していたりすることがあります。

お医者さん的にもオススメしています、というような
ことが書いてあったりするわけです。

もしこれが同じ言葉であっても、その辺の近所の
おばちゃんとかが言うと、説得力がなかったりします。

同じ言葉であってもお医者さんという権威が
言うことで信頼性が高くなるんですね。

その結果、成約率が伸びたりするんです。

もちろん推薦の声だけじゃなく、スクールの先生ご自身が
権威的な方であれば、それをきちんと伝えるべきです。

・権威的なの資格を持っている とか
・●●メソッドの開発者 とか
・20年、のべ10,000を指導した経歴がある とか

あと、業種によっては学歴なども関係しますよね。
学習塾とかなら、東大卒の先生は信頼性が高くなります。

お客さんの立場とすれば、直接会うことができないわけですから、
そういった専門性や権威性によって、信頼できるかどうか?を
判断せざるを得ないわけなんです。

その先生が、どれだけ信頼に値できる人なのか?

それをきちんと理解してもらうことによって、
その後に伝えることの受け止め方が変わって来ます。

先ほど例にしたように、信頼性が高い人と低い人では、
高い人のほうが、同じことを言っても信頼してもらえるんですね。

ということで、

何を言うか?じゃなく、誰が言うか?

その「誰」が信頼できる存在であるほど、
「何」を言うか?が活きて来ます。

教室集客が、今だけ“無料”で学べるオンラインセミナー

無料オンラインセミナーについて、詳しいご案内はこちらをクリック⇒

無料オンラインセミナーのお申し込みは、下記にメールアドレスとお名前を入力して「無料で試してみる」をクリックください。

お申し込み後、すぐにご視聴いただけます。

メールアドレス(必須)例) sample@highcommunication.jp
お名前(必須)例) 山田花子

【ご入力時のお願い】携帯電話・スマートフォン・WEBメール(Yahoo!メール、Gメールなど)でご登録の方は、確実にメールがお届けできますよう、パソコンメールおよび「info@highcommunication.jp」からのメール受信許可設定をお願いいたします。お手数をおかけ致しますが、よろしくお願いします。

【TSUNAGARUのミッション】

  • 先生および教室が“すでに持つ価値”を引き出し、お客さまから選ばれる圧倒的な強みを生み出すために親身になって徹底的に頭を絞ります
  • 最新のインターネットマーケティングを提供し、先生ご自身が集客に手間をかけなくてもお客さまが集まる仕組みを構築するとともに、先生がレッスンに専念できる環境づくりをサポートいたします
  • 従来のビジネスモデルに捉われない、新たな教室のビジネスモデルを提供します。その結果、売上げの上限を超えるだけでなく、業界や社会の発展に貢献できる中心的存在となる人材を多数輩出します
  • 最適な方法で豊かに生きる先生の姿を子どもたちに見せてあげることで、ひとりひとりが個性を最適に発揮し、豊かに生きられる社会づくりに貢献します
ネットからのお問い合わせはこちらをクリック

LINEからも、お問い合わせいただけます

友だち追加

コピーライティングノウハウ
教室集客【TSUNAGARU】