教室集客 TSNAGARU
教室集客 TSNAGARU

文章で反応を取るために心がけたいこと

「伝えきる」というお話をしたいと思います。

例えば、日ごろの家族や恋人や友人といった人たちとの
ふれあいの中で、

「言わなくてもわかっているだろう」っていうのが
結局、誤解を招いてしまってケンカになったり・・・

っていうこと、ありますよね。

長年のつき合いであれば、確かに「言わなくてもわかる」
ことは多々あるのですが、

それでも言わないとわからないことも多々あります。

さらには、自分の想いをきちんと伝えたところで
それを100%相手が理解できているか?というと、

それも必ずしもそうではありません。

そう考えると、きちんと伝えたい想いは伝えきって、

それでももしかしたら、伝わっていないかも!?ぐらいに
思ったほうがいいのかもしれません。

実はホームページもこれと似ているトコがあります。

しかもホームページは、目の前にお客さんがいて
ダイレクトに反応が返ってくるわけじゃありません。

モニターの向こうで「?」が出ていても
気づけないですしね。

自分の主観で書いたことが、思っている以上に読み手に
理解されていない、ということはけっこうあります。

わかっている"だろう"が招く悲劇ですねw

ブログで何度も書いていますが、そもそも読み手は
文章を、見ていません。

見たとしても、読んでいません。

読んだところで、信用していません。

ですから、

見させて、読ませて、信用させる。

ことを想定して、文章を書いて行かなくてはいけません。

そもそも見ないわけですから、目に留まるように
キャッチコピーをつける、それも大きく目立たせる。

文章は小学生でも読めるぐらい、わかりやすく簡潔に。
難しくて伝えにくい箇所は、写真などで情報を補足する。

重要なポイントは太字にしたり、赤字にしたり
アンダーラインを引く。

お客さまの声を写真つきで載せる、それも何枚も載せる。

こんな風にしてですね、

自分の想いを120%伝えきる!

ぐらいで、ちょうどいいんだと思います。

相手に自分を理解してもらいたいときは、

やはりまず自分が相手を理解して、そのうえで相手に
理解してもらえる適切な伝え方をしていきたいですね。

教室集客が、今だけ“無料”で学べるオンラインセミナー

教室集客

無料オンラインセミナーについて、詳しいご案内はこちらをクリック⇒

無料オンラインセミナーのお申し込みは、下記にメールアドレスとお名前を入力して「無料で試してみる」をクリックください。

お申し込み後、すぐにご視聴いただけます。

メールアドレス(必須)例) sample@highcommunication.jp
お名前(必須)例) 山田花子

【ご入力時のお願い】携帯電話・スマートフォン・WEBメール(Yahoo!メール、Gメールなど)でご登録の方は、確実にメールがお届けできますよう、パソコンメールおよび「info@highcommunication.jp」からのメール受信許可設定をお願いいたします。お手数をおかけ致しますが、よろしくお願いします。

【TSUNAGARUのミッション】

先生および教室が“すでに持つ魅力”を最大化し、お客さまから選ばれる教室づくりを親身に徹底的にサポートをします。その結果、高い収益とやりがいを実現する教室を多数創出することに貢献します

ネットからのお問い合わせはこちらをクリック

LINEからも、お問い合わせいただけます

友だち追加

コピーライティングノウハウ
教室集客【TSUNAGARU】