ヘッダーイメージ ヘッダーイメージ

ヘッダーにメリットを記載する

「ホームページ閲覧10秒以内にメリットを伝えるコツ」
というお話をしたいと思います。

人もホームページも第一印象って大事です。

インターネット環境が10年先を行っていると
言われているアメリカでは、

ホームページは、高速道路から見える看板のようなもの

という格言があります。

これは、いかに瞬間的に印象づけることが大事か?
意味しています。

ですから、ホームページをパッと開いた瞬間の
印象ってとても大事です。

それと、同時に瞬間的にそのホームページが何の
ホームページなのか?
がわかることが大事ですし、

さらに詳しく読みたいと思わせることも大事です。

そのためには「ヘッダー」と呼ばれる、ホームページの
冒頭部分を工夫することが必要です。

ヘッダーで、あなたのスクールにだけしかないメリットを
箇条書きで列挙するといいでしょう。

例えば、英会話スクールであれば・・・

1.マンツーマンで指導

2.ネイティブと日本人のダブル講師

3.CD教材で自然と身につく

こんなカンジです。

メリットというのは、言い換えるなら「解決策」です。

先ほどの英会話スクールのメリットであれば

「マンツーマンで指導」は、
「みっちりと指導してくれるスクールがないかな・・・」という
悩みを解決していますし、

「ネイティブと日本人のダブル講師」は、
「ネイティブの先生に教えてもらいたい、でも英語が通じなかったら
どうしよ!?」という悩みを解決しています。

「CD教材で自然と身につく」は、
「忙しくて勉強する時間が取れない」という悩みを解決しています。

こうした読み手が抱えている悩みを解決したような
メリットをヘッダーで表現すると、

読み手は興味を持って、続きを読み進めてくれます。

ここまでにかかる時間は10秒もないと思います。

このほんの10秒にも満たない時間の中で、読み手は
このホームページを見るか、他のホームページに移動するかを
決めています。

勝負は開始10秒以内です。

そこで読み手を惹きつけられるか?

勝負はヘッダーで実は決まっていると言っても
過言ではありません。

教室集客が、今だけ“無料”で学べるオンラインセミナー

無料オンラインセミナーについて、詳しいご案内はこちらをクリック⇒

無料オンラインセミナーのお申し込みは、下記にメールアドレスとお名前を入力して「無料で試してみる」をクリックください。

お申し込み後、すぐにご視聴いただけます。

メールアドレス (必須)
例) sample@highcommunication.jp
お名前 (必須)
例) 山田花子

【ご入力時のお願い】携帯電話・スマートフォン・WEBメール(Yahoo!メール、Gメールなど)でご登録の方は、確実にメールがお届けできますよう、パソコンメールおよび「info@highcommunication.jp」からのメール受信許可設定をお願いいたします。お手数をおかけ致しますが、よろしくお願いします。

【TSUNAGARUのミッション】

  • 先生および教室が“すでに持つ価値”を引き出し、お客さまから選ばれる圧倒的な強みを生み出すために親身になって徹底的に頭を絞ります
  • 最新のインターネットマーケティングを提供し、先生ご自身が集客に手間をかけなくてもお客さまが集まる仕組みを構築するとともに、先生がレッスンに専念できる環境づくりをサポートいたします
  • 従来のビジネスモデルに捉われない、新たな教室のビジネスモデルを提供します。その結果、売上げの上限を超えるだけでなく、業界や社会の発展に貢献できる中心的存在となる人材を多数輩出します
  • 最適な方法で豊かに生きる先生の姿を子どもたちに見せてあげることで、ひとりひとりが個性を最適に発揮し、豊かに生きられる社会づくりに貢献します
友だち追加
LINEから、お問い合わせ・お申し込みができます
このページのTOPへ

サブメニュー(タッチすると開きます)
友だち追加
LINEから、お問い合わせ・お申し込みができます
お問い合わせはこちらをクリック

お問い合わせ

個別サポートやホームページ制作などをご検討されている方のご質問に、増地がメールにてご回答いたします。

お問い合わせはこちらをクリック⇒

【保存版】無料動画講座

「教室のためのネット集客とは?」

くわしくはこちらをクリック⇒

メールアドレス
(必須)
お名前
(必須)

「info@highcommunication.jp」からのメール受信許可設定をお願いいたします。

教室集客の専門家

教室集客コンサルタント 増地崇志

教室集客コンサルタントの増地 崇志です。
教室のネット集客ならお任せください。教室の集客をネットを活用して“自動化”させ、先生を集客の苦労から解放することが私のミッションです。


生徒さんが倍増する“魔法のルール”とは⇒