教室集客 TSNAGARU
教室集客 TSNAGARU

起業のリスクを想定しておく

「最悪を想定してみたら・・・」というお話をしたいと思います。

ボクらのような、個人で仕事をしていると健康管理というのが
サラリーマン以上に重要に思えます。

自分しか仕事を回せない状況なので、自分が体調を崩したり
動けなくなったら収入が途絶えます。

これはホントは絶対に避けないといけない状態なんですよね。

なので、この点についてはいつもリスクを背負いながら
毎日を過ごしていますね。

もし自分が動けなくなったりしたら、そのときに事業が回る、
そして収入が確保できる、

そういう状況を構築しておく必要があると思います。

どうしてそんなことを思ったかというとですね、
実は非常に単純なんですが・・・

外注していたスタッフが音信不通になったんです。

あるプロジェクトの作業の一部を外注スタッフに
依頼をしていました。

そしたら、納期の日にメールが来て

「他の案件が重なり、納期を明日にズラしてほしい」

と連絡がありました。

1日ぐらいと思いOKしたのですが、それ以降
一切連絡が途絶えました。

こちらからメールしても返信もない・・・。

それで念のためTELしたんです。

そしたらTELに出ましてですね、

「すいません、あの後、事故に遭っちゃって入院してしまったんです」

とのこと。

その真偽はどうでもよくて、むしろ別の方に依頼することが
確定できたので、作業が進む分OKなんです。

そんなことよりもボクが思ったのは、もし自分がこんな状況や
仮に命を落とすようなことがあったら、

仕事関連の方には一切連絡できなくなるなと・・・
これは非常にご迷惑をおかけするだろうな・・・

いやいや、それはイカンだろ!

ということでした。

こういう「最悪の事態」に備えておく話は
ボクらの仲間内では、時折話題にのぼります。

自分がいなくても会社が回る仕組み。

これはセミリタイアという意味合いだけでなく、自分の家族や
仕事仲間たちを守る意味でも大事な気がします。

自身が現場がスキで生涯プレイヤーでいるのも
それぞれの人生なのでいいと思いますが、

しかし起業家としては、やはり目指すべきところは
自分がいなくても事業が回る仕組みを作ることなのかなと、

今回の事件を通じて感じました。

ちょっとした気づきになれば幸いです。

●追伸
あ、代わりのスタッフさんに連絡しないと!w

教室集客が、今だけ“無料”で学べるオンラインセミナー

教室集客

無料オンラインセミナーについて、詳しいご案内はこちらをクリック⇒

無料オンラインセミナーのお申し込みは、下記にメールアドレスとお名前を入力して「無料で試してみる」をクリックください。

お申し込み後、すぐにご視聴いただけます。

メールアドレス(必須)例) sample@highcommunication.jp
お名前(必須)例) 山田花子

【ご入力時のお願い】携帯電話・スマートフォン・WEBメール(Yahoo!メール、Gメールなど)でご登録の方は、確実にメールがお届けできますよう、パソコンメールおよび「info@highcommunication.jp」からのメール受信許可設定をお願いいたします。お手数をおかけ致しますが、よろしくお願いします。

【TSUNAGARUのミッション】

先生および教室が“すでに持つ魅力”を最大化し、お客さまから選ばれる教室づくりを親身に徹底的にサポートをします。その結果、高い収益とやりがいを実現する教室を多数創出することに貢献します

ネットからのお問い合わせはこちらをクリック

LINEからも、お問い合わせいただけます

友だち追加

経営において大切にしたいこと
教室集客【TSUNAGARU】