教室集客 TSNAGARU
教室集客 TSNAGARU

カルチャー教室でも参観日をつくろう

スクールにも参観日を作ろうっていうお話をしたいと思います。

「なんか最近よくけーへん?」

ウチのオカンに聞きました。

夏休みに入ってから、よくウチの実家に
ボクの姉の子どもたちが来ているんです。

聞いてみたら、この夏休みは、前からやっている
外国人の英語の先生とのスカイプレッスンの頻度を
増やしているんだそうです。

なんでもウチの姉ちゃんが、たくさんやって欲しいと
お願いしたみたいで。

これまで姉は、子どもたちがレッスンを受けている姿を
見たことがなかったんです。

実家に子どもを預けて、その間に晩ご飯の材料を
買いに行ったりしていたんですね。

それが先日、母の家と子どもたちの家、そして外国人の先生が
おられるロス、この3カ所を結んでスカイプレッスンをしたんです。

いつもなら、子どもたちがウチの実家に来ていたんですが
その日は来れなかったみたいで、3カ所をつなぎました。

そのときはじめて、姉は子どもたちが外国人の先生と
話している姿を見たんですね。

きっとそんなに話せるって思ってなかったんだと思いますし、
子どもたちがそんな楽しそうにレッスンをしてるって
知らなかったんだと思います。

それが子どもたちの姿を見て、もっと話せるように
させてやりたいと思ったんではないでしょうか。

そういった経緯があって、今月はたくさんスカイプレッスンを
受けに来ています。

このように、子ども向けのスクールなんていうのは
親御さんにぜひ普段のレッスンを見てもらうといいと思います。

参観日みたいなのをするといいと思うんです。

実際にどんなレッスンを子どもたちが受けているのか?
って、ほとんどの親御さんがご存知じゃないと思うんです。

そうなると、親御さんとしては成績という結果だけでしか
スクールの善し悪しを判断できません。

もちろん結果は大事なんですが、それだけで判断する
というのも本当の価値を測りきれないと思います。

なので、親御さんにもどんなスクールか?をよく知って
いただけるように参観日的なものがあってもいいように思います。

別に子どもじゃなくても、大人向けのスクールでも
ご家族に見てもらうとか、お友達に見てもらうような
参観日があってもおもしろいかもしれませんね。