教室集客 TSNAGARU
教室集客 TSNAGARU

ホームページは直感的に理解できるように!

「人の振り見て我が振り直せ」的なお話です。

ボクはホームページを制作するときに、初期の段階で
クライアントさんにイメージカラーを伺います。

もしくは、こんなデザインにしたいという参考サイトが
あれば教えてもらっています。

それか、ボクのほうでいくつか参考サイトを提示して
カラーを決めて行きます。

その際に役立つ、サイトデザインを集めた「現代デザイン」という
サイトがあります。

はいどん。

現代デザイン

現代デザイン

こちらはサイトのジャンルごとや、カラーテーマごとに
さまざまなデザインのサイトを見ることができます。

つい先日も、クライアントさんに提示するために
サイトを探していました。

で、今日の本題はここからなんです(前置き長いねw)

とりあえず、サイトのイメージカラーを伝えるための
サイトですので、中身はあまり見て選んでません。

ただですね、多くのサイトに言えるんですが
ぱっと見て、

何のサイトなのかわからない

というケースが多いんです。

ぱっと見のイメージカラーで、サイトをチョイスして
いるのですが、そのときに

ぱっと見で、どんなサイトかわかるときと
わからないときがあります。

実はこれは非常に重要なことで、

ホームページというのは、開いて0.2秒でどんな
内容なのかが直感的にわからないと、

ユーザーはカンタンに他のサイトに行ってしまうと
言われています。

別の例えではですね、

ホームページというのは
高速道路から見える看板のようなものだ

とも言われています。

どちらも、ぱっと見でわかる、さらには興味を引く
ことが大事だということを伝えています。

ぱっと見でユーザーにどんな内容のホームページかを
伝えるためには

扱っている商品写真や、キャッチコピーなどで
興味を引かせることが大事です。

意外と勝負は第一印象、一瞬で決まっていることが
あります。

あなたのホームページは、ぱっと見て、どんな内容なのか?
もしくは興味を引くことができているでしょうか。

そういう意味ではですね、今日ご紹介した現代デザインの
サイトをだーっと見ているといいと思います。

ぱっと見てわかりやすい、わかりにくいというのを
ご自分の目で、ぜひ確かめてみてください。