教室集客 TSNAGARU
教室集客 TSNAGARU

AIDAの法則から学ぶ、勝負は開始0.2秒

昨日のブログでは、ホームページにおける
「3ない原則」というのをご紹介しました。

特にお伝えしたかったのは、読み手はホームページの
中身を読む以前の段階で見てない、ということです。

見てないというか・・・、電車とかで流れる景色を
ぼんやりと見ているような、

なんとなく見ているので、じっくりと注目しては
ないということですね。

今日はそれに関連した内容を書きたいと思います。

マーケティング用語で「AIDAの法則」というのが
あります。

ご存知の方も多いと思います。

これは消費者が商品を購入するまでのプロセスを
表したものです。

購買決定のプロセスが4つのパートに分かれていて
それらの頭文字を合わせたもので

Attention = 注意

Interest = 関心

Desire = 欲求

Action = 行動

を、それぞれ指しています。

さらに、このAIDAの法則から派生した法則で、

AIDMAとか、AISAS、AIDCAといったものまで
あるそうです。

結局どれが正しいの?なんてギモンも湧いて来ますが、
共通して言えることは、

どの法則においても必ず、AttentionとInterestは
含まれています。

そして、Attentionからはじまっています。

ですから、消費者がどんな商品を購入するにしろ

1.はじめに気づいてもらって(Attention)
2.興味を持ってもらう(Interest)

という要素や順番は、テッパンだということだと思います。

つまり、

ホームページでどれだけいいこと、興味深いことを書いていても、
気づいてもらえないことには、意味がないのです。

「気づかないってコトはないでしょう・・・」

そう思いますか?

でも昨日お伝えした「3ない原則」を思い出してください。

ユーザーというのは、ボクたちが思っている以上に
はるかにホームページを見てくれていません。

だからこそ、まずは気づくというAttentionから
購買決定プロセスがはじまるんです。

Attentionとは、単純にパッと目に飛び込んでくる
インパクトですね。

写真とかキャッチコピーとか、そういったものが
パッと目に留まるかどうか?

ホームページを開いた瞬間、そこから勝負ははじまっていて、
その瞬間で勝負がつくこともあるのです。

反応の取れるキャッチコピーとか、そういった要素は
Attentionをクリアした後のことです。

その前に勝負がつかないように、まずはAttention。

ぜひ覚えておいていただきたいですね。

教室集客が、今だけ“無料”で学べるオンラインセミナー

無料オンラインセミナーについて、詳しいご案内はこちらをクリック⇒

無料オンラインセミナーのお申し込みは、下記にメールアドレスとお名前を入力して「無料で試してみる」をクリックください。

お申し込み後、すぐにご視聴いただけます。

メールアドレス(必須)例) sample@highcommunication.jp
お名前(必須)例) 山田花子

【ご入力時のお願い】携帯電話・スマートフォン・WEBメール(Yahoo!メール、Gメールなど)でご登録の方は、確実にメールがお届けできますよう、パソコンメールおよび「info@highcommunication.jp」からのメール受信許可設定をお願いいたします。お手数をおかけ致しますが、よろしくお願いします。

【TSUNAGARUのミッション】

先生および教室が“すでに持つ魅力”を最大化し、お客さまから選ばれる教室づくりを親身に徹底的にサポートをします。その結果、高い収益とやりがいを実現する教室を多数創出することに貢献します

ネットからのお問い合わせはこちらをクリック

LINEからも、お問い合わせいただけます

友だち追加

ホームページを使った生徒募集法
教室集客【TSUNAGARU】