ヘッダーイメージ ヘッダーイメージ

こんなキャッチコピーはやめよう

「こんなキャッチコピーをつけるのだけは避けたい」
というお話をしたいと思います。

毎日いろんなサイトをチェックしていると、さまざまな
広告を目にします。

その中で先日、あるメーカーの車の広告を目にしました。

車の写真に、小さくキャッチコピーが添えられていて・・・

「今よりもっと楽しくなる」

たしか、こんなコピーだったと思います。

その車のメーカーだったり、その車自体がすでに
認知度が高いのでスルーしてもいいかと思ったんですが、

それを差し引いても、そんな曖昧なキャッチコピーでは
読み手は反応しないんじゃないか?と・・・

ふわふわしてるっていうか、「楽しくなる」それが読み手にとって、
どうメリットがあるのか?

さらには広告なワケですから、そこから興味をかき立てられ、
つづきを見たくなるのか?

について、疑問を感じてしまいました。

ある意味、ボクの職業病ですw

わりとこの手の、イメージだけが先行した広告は
今でもわりと多いですね。

そしてそういった広告に日ごろ触れているので、多くの方が
自分のサイトや商品でコピーを考える時に、

同じような、ふわふわしたキャッチコピーを考えて
しまう傾向があるように感じます。

先ほどの車のように、メーカーや車種がすでにブランド化
されていて高い認知度があればまだいいです。

けれど、ご自身のスクールやあなた自身の認知度がさほど
高くない場合は、ふわふわコピーではいけません。

ご自身をブランディングするか、コピーを変えるかしないと
いくら広告を打っても思ったほどの成果は見込めません。

反応のとれるキャッチコピーというのは、

1.読み手にとってメリットがある

2.新製品や新情報

3.興味をかき立てられる

4.短期間でカンタンに●●ができる

このいずれかの要素を満たしていなければいけません。

その観点で、先ほどの車のコピーは多少は興味を持つことが
できますが、興味を持つ以上に意味がわかりづらい。

なので、反応は取りづらくなります。

つねに読み手やお客さんの気持ちになってですね、
読み手が

「あ、トクだな」 とか、

「あ、おもしろそう」 とか、

「これはぜひ行ってみたい」 って

思ってもらえるメッセージを伝えるようにすることが大事です。

そのためには、相手の気持ちを理解するということが
欠かせません。

ですから、コピーライティングというのは決して
小手先のテクニックではなくて、

相手の気持ちを理解するという"想いやり"が根底にある技術
なんだということを理解して欲しいなと思います。

教室集客が、今だけ“無料”で学べる動画セミナー

教室 集客

【サンプル画像】 教室 集客

無料動画セミナーについて、詳しいご案内はこちらをクリック⇒

無料動画セミナーのお申し込みは、下記にメールアドレスとお名前を入力して「無料で試してみる」をクリックください。

お申し込み後、すぐに第1回目の動画講座をお届けいたします。

メールアドレス (必須) 例) sample@highcommunication.jp
お名前 (必須) 例) 山田花子

【TSUNAGARUのミッション】

  • 先生および教室が“すでに持つ価値”を引き出し、お客さまから選ばれる圧倒的な強みを生み出すために親身になって徹底的に頭を絞ります
  • 最新のインターネットマーケティングを提供し、先生ご自身が集客に手間をかけなくてもお客さまが集まる仕組みを構築するとともに、先生がレッスンに専念できる環境づくりをサポートいたします
  • 従来のビジネスモデルに捉われない、新たな教室のビジネスモデルを提供します。その結果、売上げの上限を超えるだけでなく、業界の発展および社会のさまざまな問題を解決する中心的存在となる人材を多数輩出し、豊かで平和な社会の実現に貢献します
  • 私たちは「豊かさ」を「やりたいことを、やりたいときにできる能力」と定義します。私たちは、売り上げを伸ばしても、それに伴って時間や心身の健康が奪われることを断固拒否します。すべてのお客さまの「豊かさ」の向上に貢献します
このページのTOPへ

サブメニュー(タッチすると開きます)
お問い合わせはこちらをクリック

お問い合わせ

個別サポートやホームページ制作などをご検討されている方のご質問に、増地がメールにてご回答いたします。

お問い合わせはこちらをクリック⇒

【保存版】無料動画講座

「生徒さんが倍増する“魔法のルール”」

くわしくはこちらをクリック⇒

(必須)
(必須)

教室集客の専門家

教室集客コンサルタント

教室集客コンサルタントの増地 崇志です。
教室のネット集客ならお任せください。教室の集客をネットを活用して“自動化”させ、先生を集客の苦労から解放することが私のミッションです。


生徒さんが倍増する“魔法のルール”とは⇒