ヘッダーイメージ ヘッダーイメージ

Appleに学ぶ、絞り込み戦略

「絞り込む勇気」というお話をしたいと思います。

先日ボクはノートパソコンを買いました。

「Mac Book Pro」という、いわゆるApple製品です。

自宅のPCはiMac、ケータイはiPhone、ランニング時にはiPod
ちょっとした閲覧であればiPad・・・

と、気づけばApple製品がみなさんの身の回りにも
増えているのではないでしょうか?

そんな世の中を変えるような、革命的製品をつぎつぎと
世に送り出すAppleという会社。

創業者はご存知、スティーブ・ジョブズ。

今でこそAppleは、ボクたちの生活にとってなくては
ならないものとなっています。

もちろん創業時に、家庭向けパーソナルコンピューターを
開発したときもそうでした。

けれども、Appleはそんな栄光の時代から永らくの間、
業績が低迷し、凋落の一途を辿った時期がありました。

ご存知の方も多いと思いますが、内部クーデターにより、
一時期ジョブズはAppleを追放されています。

ちなみにその間に作った会社で、後に大成功を納めたのが、

モンスターズインダストリーなどでおなじみの映画会社
ピクサーだったりするんですね。

それはさておき、独裁に耐えかねた経営幹部たちによって、
ジョブズは自身が興した会社を追われました。

しかし皮肉にも、そこからAppleの凋落がはじまります。

実は今日お伝えしたいことは、ここからです。

やがてジョブズはAppleに復帰するわけですが、
彼が復帰後まず行ったことが何か知っていますか?

当時販売していた、パソコンを"たった"4機種"のみに
絞り込んだんです。

当時は、マッキントッシュというタイプの製品だけでも
10種類あまりあり、開発チームのメンバーですら、

自分がオススメする機種を決めかねてしまうような
状況だったそうです。

そこでジョブズが言い放ったのは、
「我々に必要なパソコンは4種類しかない」ということでした。

その4種類とは・・・

・消費者向けデスクトップ
・プロ向けデスクトップ

・消費者向けポータブル(ノート)
・プロ向けポータブル

このドラスティックな"仕分け"によって、
後にApple大逆襲の口火を切るきっかけとなった

スケルトンボディのiMacとiBookが生まれました。

ある意味、スケルトンのブームもここから生まれたと
言っても過言ではないと思います。

そして現在のAppleのラインナップもこの流れは
変わっていません。

【デスクトップ】
・iMac
・Mac Pro

【ノートブック】
・Mac Book Air
・Mac Book Pro

この4機種しかありません。

今ではカラーバリエーションもありません。

モニターの大きさとハードディスクなどの容量の
違いによるバリエーションがあるだけです。

けれども、売れているんですねー。

ボクは、このようにApple製品の人気が高いのは

単にデザインがいい、スペックがいいだけじゃないと
思って来ました。

その陰に、消費者が選びやすいように機種を絞り込んだ
というのが大きく影響していると思って来ました。

人は選択肢が多くなると、選択をしなくなるそうです。

つまり、買おうと思ったときに選択肢が多いと結果的に
買わないんだそうです。

これは実際に実験をして証明されているそうです。

かつてのAppleはムダに機種ばかりを取り揃え、
消費者心理を無視した結果、誰も見向きもしなくなり、
売れなくなって行ったのです。

結局、買ううえでわかりにくかったんでしょうね。

だからAppleでは買わず、他のわかりやすい製品を
買ったのかもしれません。

これはネットビジネスでも同じ傾向があります。

商品点数が多いサイトよりも、商品点数が少ない
サイトのほうが売れるんです。

1ページにいくつも商品を掲載するよりも、
1ページに1商品だけ掲載したほうが成約率が高まるんです。

こういったことを、はるか前からジョブズは気づいて
いたのですね。

この事実は、多くの人にとってのヒントになるはずだと
ボクは思っています。

しかしいざ商品やサービス、またはホームページ上で
伝える内容を絞り込もうとすると、葛藤が生まれます。

絞り込むことで売れなくなる、反応落ちるという
不安があるから。

けれど、ジョブズのケースを見ても結果はむしろ
逆になることがほとんどです。

だから勇気を持って、絞り込むことが重要だと
今日は強くお伝えしておきたいと思います。

教室集客が、今だけ“無料”で学べる動画セミナー

教室 集客

【サンプル画像】 教室 集客

無料動画セミナーについて、詳しいご案内はこちらをクリック⇒

無料動画セミナーのお申し込みは、下記にメールアドレスとお名前を入力して「無料で試してみる」をクリックください。

お申し込み後、すぐに第1回目の動画講座をお届けいたします。

メールアドレス (必須) 例) sample@highcommunication.jp
お名前 (必須) 例) 山田花子

【TSUNAGARUのミッション】

  • 先生および教室が“すでに持つ価値”を引き出し、お客さまから選ばれる圧倒的な強みを生み出すために親身になって徹底的に頭を絞ります
  • 最新のインターネットマーケティングを提供し、先生ご自身が集客に手間をかけなくてもお客さまが集まる仕組みを構築するとともに、先生がレッスンに専念できる環境づくりをサポートいたします
  • 従来のビジネスモデルに捉われない、新たな教室のビジネスモデルを提供します。その結果、売上げの上限を超えるだけでなく、業界の発展および社会のさまざまな問題を解決する中心的存在となる人材を多数輩出し、豊かで平和な社会の実現に貢献します
  • 私たちは「豊かさ」を「やりたいことを、やりたいときにできる能力」と定義します。私たちは、売り上げを伸ばしても、それに伴って時間や心身の健康が奪われることを断固拒否します。すべてのお客さまの「豊かさ」の向上に貢献します
このページのTOPへ

サブメニュー(タッチすると開きます)
お問い合わせはこちらをクリック

お問い合わせ

個別サポートやホームページ制作などをご検討されている方のご質問に、増地がメールにてご回答いたします。

お問い合わせはこちらをクリック⇒

【保存版】無料動画講座

「生徒さんが倍増する“魔法のルール”」

くわしくはこちらをクリック⇒

(必須)
(必須)

教室集客の専門家

教室集客コンサルタント

教室集客コンサルタントの増地 崇志です。
教室のネット集客ならお任せください。教室の集客をネットを活用して“自動化”させ、先生を集客の苦労から解放することが私のミッションです。


生徒さんが倍増する“魔法のルール”とは⇒