ヘッダーイメージ ヘッダーイメージ

成約率アップのカギは、一歩踏み出さない理由

ホームページを使って、生徒募集をして行くうえで
今日は「一歩踏み出さない理由」というのを考えてみたいと
思います。

「こんないい教室があるなら、もっと早く来ればよかったぁ!」

ときどき、こんな声を生徒さんからもらったりしませんか?

きっと楽しいレッスンを提供できているのだと
思います。

生徒さんが喜んでくれるのは、嬉しいですよね。

がんばるモチベーションにもなりますし。

ただですね、上記の感想というのは実際に通って
みないとわからないことですよね。

しかも「もっと早く来ればよかった」ということは、
行こうかどうか迷っていた期間があった裏返しでもあります。

だとするなら、

通ってレッスンを受けたら楽しいし、タメになるんだけど、

それなのに「教室に通う」という、一歩を踏み出せない
何らかの理由があるということを見落としてはいけません。

あなたのスクールに通いたいな、と思っている方が
どんなことが理由で、その一歩を踏み出せないのか?

そして、それを解消してあげることがホームページ上で
できないだろうか?

それを考えてみて欲しいと思います。

例えばよくあるのは、

・先生が怖かったらどうしよう?
(どんな先生が教えてくれるか、わからない)

・駅から遠いしな・・・(駐車場とかあるの?)

・私でもできるようになるの?

こういったことが挙げられます。

わりと些細なことだったりします。

些細なんだけど、それが払拭できないがゆえに
一歩踏み出せない。

これはスクールを運営しているあなたとしても
もったいないことだと思いませんか。

だから、ホームページ上でこういった不安を
解消してあげられないか?を考えます。

例えば、

・先生の写真とあいさつ文を掲載する

・「駐車場あり」と書く

・初心者の方でも、上手に作れるように指導します。
と書いて、生徒さんの作品を掲載する

こうした方法で、少しでも不安を解消してあげられ
ないだろうか?という方法を試してみてください。

大事なことは、通いたいけど不安に感じていることを
"少しでも解消してあげたい"という想いやりです。

そういう想いやりを持って、ホームページを作ると
必ずそれは読み手に伝わります。

そうするとね、

「ホームページを見て、よさそうだったので」

とか

「ホームページを見て、わかりやすかったから、
ここなら、わかりやすく教えてくれそう」

と思って、通ってくれるようになってきます。

マーケティングとはテクニックではなく、
想いやりであると、つねに心がけたいですね。

教室集客が、今だけ“無料”で学べる動画セミナー

教室 集客

【サンプル画像】 教室 集客

無料動画セミナーについて、詳しいご案内はこちらをクリック⇒

無料動画セミナーのお申し込みは、下記にメールアドレスとお名前を入力して「無料で試してみる」をクリックください。

お申し込み後、すぐに第1回目の動画講座をお届けいたします。

メールアドレス (必須) 例) sample@highcommunication.jp
お名前 (必須) 例) 山田花子

【TSUNAGARUのミッション】

  • 先生および教室が“すでに持つ価値”を引き出し、お客さまから選ばれる圧倒的な強みを生み出すために親身になって徹底的に頭を絞ります
  • 最新のインターネットマーケティングを提供し、先生ご自身が集客に手間をかけなくてもお客さまが集まる仕組みを構築するとともに、先生がレッスンに専念できる環境づくりをサポートいたします
  • 従来のビジネスモデルに捉われない、新たな教室のビジネスモデルを提供します。その結果、売上げの上限を超えるだけでなく、業界の発展および社会のさまざまな問題を解決する中心的存在となる人材を多数輩出し、豊かで平和な社会の実現に貢献します
  • 私たちは「豊かさ」を「やりたいことを、やりたいときにできる能力」と定義します。私たちは、売り上げを伸ばしても、それに伴って時間や心身の健康が奪われることを断固拒否します。すべてのお客さまの「豊かさ」の向上に貢献します
このページのTOPへ

サブメニュー(タッチすると開きます)
お問い合わせはこちらをクリック

お問い合わせ

個別サポートやホームページ制作などをご検討されている方のご質問に、増地がメールにてご回答いたします。

お問い合わせはこちらをクリック⇒

【保存版】無料動画講座

「生徒さんが倍増する“魔法のルール”」

くわしくはこちらをクリック⇒

(必須)
(必須)

教室集客の専門家

教室集客コンサルタント

教室集客コンサルタントの増地 崇志です。
教室のネット集客ならお任せください。教室の集客をネットを活用して“自動化”させ、先生を集客の苦労から解放することが私のミッションです。


生徒さんが倍増する“魔法のルール”とは⇒