やっぱり文章には実体験が大事!

今日はボクの実体験として、実体験が大事だなと
感じたエピソードをお話したいと思います。

ボクの大好きなスタバでの出来事です。

ある時に、いつものようにコーヒーをオーダーすると、
店員さんが、こう教えてくれたんです。

「このコーヒーは、ミルクとチョコシロップで割ったら
めっちゃおいしいんですよ」

ご存知の方も多いと思いますが、スタバにはさまざまな
種類のコーヒー豆があります。

そしてお店で提供されるコーヒーは、定期的に豆の
種類が変わっています。

その中で、そのとき提供しているコーヒーに合わせた
カスタマイズを提案してくれたんです。

でもそれはおそらく、スタバのマニュアルには
書いてないことだと思います。

だって他のスタッフの方からススメられたコトは
なかったですしね。

そのスタッフの方が、自分で試しておいしかったので
ススメてくださったんです。

ボクはある意味、びっくりしました。

通常の説明であれば、

酸味が強いとか、コクが深いとか、柑橘系の香りとか・・・

あとはチョコレート系のお菓子と相性がいいというような
説明まではしてくださるんです。

でもそれは、わりとスタバのコーヒーガイドに載ってる
内容のことが多いんですね。

だから説明を聞いていても、どこかマニュアル的というか
真実味に欠ける場合が多かったんです。

だけどそのスタッフの方は違いました。

「ミルクとチョコシロップで割ったら、めっちゃおいしいんですよ」

これまた"めっちゃ"っていう言い方ねw

まさしく、自分で試しておいしかったからっていう
実体験に基づいた説明でした。

だから、自分の言葉で説明しているのがしっかり
伝わりましたし、とても説得力がありました。

たしかに、コーヒーガイドに書かれている内容の
説明も間違いではないですし、非常に参考になります。

けれど、それにプラスして自分の感想をつけ加える
ことで説明がとても説得力のあるものになります。

そのような、コーヒーをこれまでの概念で酸味があるとか
コクが深いといった説明に終始するのではなく、

その枠を飛び越えて、新しいコーヒーの概念というか、

コーヒーの楽しみ方まで教えてくれたのは、今のところ
その方だけですね。

「コーヒーとはこういうもの」

というボクの中の概念を覆し、コーヒーのさらなる
世界の広がりや奥深さを教えてくれました。

カルチャー教室の先生というのも、生徒のみなさんに
新しい世界を見せてあげるガイド役を担っていると思うんです。

その世界の奥深さや広さ。

それが尽きない魅力であり、探求するモチベーションに
なります。

結果、ずっと通い続けてくれるモチベーションにも
つながっています。

そんな尽きることのない世界、ネバーエンディングストーリーへ
連れて行ってくれるガイドさん(先生)なら、

ずっと連れて行って欲しいと思いますし、
ずっとスクールに通いたくなると思います。

あなたは、生徒のみなさんがまだ知らない、体験した
ことのないおもしろさや楽しさを伝えられているでしょうか?

生徒のみなさんがまだ知らない世界を見せて
あげられているでしょうか?

それもこれもすべては、自らが体験し、自らの言葉で語り、
新たな冒険の世界へ誘うことからはじまります。

ぜひあなたのその口で、その言葉で伝えるということを
大事にしてください。

教室集客が、今だけ“無料”で学べるオンラインセミナー

無料オンラインセミナーについて、詳しいご案内はこちらをクリック⇒

無料オンラインセミナーのお申し込みは、下記にメールアドレスとお名前を入力して「無料で試してみる」をクリックください。

お申し込み後、すぐにご視聴いただけます。

メールアドレス(必須)例) sample@highcommunication.jp
お名前(必須)例) 山田花子

【ご入力時のお願い】携帯電話・スマートフォン・WEBメール(Yahoo!メール、Gメールなど)でご登録の方は、確実にメールがお届けできますよう、パソコンメールおよび「info@highcommunication.jp」からのメール受信許可設定をお願いいたします。お手数をおかけ致しますが、よろしくお願いします。

【TSUNAGARUのミッション】

先生および教室が“すでに持つ魅力”を最大化し、お客さまから選ばれる教室づくりを親身に徹底的にサポートをします。その結果、高い収益とやりがいを実現する教室を多数創出することに貢献します

ネットからのお問い合わせはこちらをクリック

LINEからも、お問い合わせいただけます

友だち追加

コピーライティングノウハウ
教室集客【TSUNAGARU】