コピーライティングの3原則?反応を上げるために!?

記憶喪失になったとしても、これだけは忘れたくない
「コピーライティングの原則」について、お話したいと思います。

ずばり「コピーライティングの原則」とは、

読み手は文章を・・・

1.見ない

2.読まない

3.信じない

この「3ない原則」です。

まず見てもくれないって、かなりショッキングですよね。

見てくれない前提で、見てもらうことを考える。

例えば、デザインやキャッチコピーがバーン!と
目に飛び込んでくるようなインパクトは必要です。

そして見てくれたとしても、まだ読んではくれませんw

ぱっと見るだけ。

ですから、読まない前提で読ませることを考える。

ひとつはキャッチコピーですよね。

読み手にとって、メリットのある言葉を端的に
表現する。

ぱっと見てわかるぐらいのキャッチコピーが
望ましいです。

そして読んではくれても、まだ信じてはくれませんw

最近は、どの媒体を開いてもキャッチーな広告
ばかりが目立っています。

ですから、読み手はつねにどこか疑って読んでいるものです。

それを理解したうえで、信頼感を与える。

逆に誠実なトーンで伝えるというのも、ひとつの手ですね。

ということで、もし記憶喪失になったとしても
この3原則を覚えていたら、ホームページの文章は
魅力的な文章が書けそうですw

意外とこういうことって、普通の方は知らないですからね。

知ってると、知らないとでは大きな違いです。

ぜひ、文章を書かれるときには、この3ない原則を
アタマに留めておきながら書いてみてください。

教室集客が、今だけ“無料”で学べるオンラインセミナー

無料オンラインセミナーについて、詳しいご案内はこちらをクリック⇒

無料オンラインセミナーのお申し込みは、下記にメールアドレスとお名前を入力して「無料で試してみる」をクリックください。

お申し込み後、すぐにご視聴いただけます。

メールアドレス(必須)例) sample@highcommunication.jp
お名前(必須)例) 山田花子

【ご入力時のお願い】携帯電話・スマートフォン・WEBメール(Yahoo!メール、Gメールなど)でご登録の方は、確実にメールがお届けできますよう、パソコンメールおよび「info@highcommunication.jp」からのメール受信許可設定をお願いいたします。お手数をおかけ致しますが、よろしくお願いします。

【TSUNAGARUのミッション】

先生および教室が“すでに持つ魅力”を最大化し、お客さまから選ばれる教室づくりを親身に徹底的にサポートをします。その結果、高い収益とやりがいを実現する教室を多数創出することに貢献します

ネットからのお問い合わせはこちらをクリック

LINEからも、お問い合わせいただけます

友だち追加

コピーライティングノウハウ
教室集客【TSUNAGARU】