イチローに学ぶ、不調の乗り越え方

「心」を「亡くす」の組み合わせで、「忙しい」
という字は構成されています。

忙しいと、つい些細なことにイライラしてしまったり、
思いやりを持てなかったり、

いつもの自分で振る舞えない状況になりがちです。

そして、その忙しさにかまけていつも通りの習慣を
おろそかにしていると、気づかないうちに

じわりじわりと、不調の波が押し寄せてくる気がします。

例えば「健康」。

忙しくて、生活リズムが乱れてしまうと、ある日突然
体を壊してしまいます。

それ以外にも、何かタイミングがズレるとか
思いどおりに進まない、急な災難に見舞われる・・・

こういう経験された方もおられるでしょう。

では、ツイてない時期をどう挽回して行くのか?

それについてボクなりの考えを述べさせていただくと、

・マイペースを崩さない

・目の前のことをきちんとこなす

このふたつが大事だと思っています。

マイペースを崩さないということについては、
イチロー選手が有名です。

彼は、体のリズムをつねに「シアトル」に合わせて
いたそうです。

昨年途中でニューヨークヤンキースに移籍したので
今は、「ニューヨーク」にリズムを合わせてると思います。

どういうことかと言うと、

メジャーリーガーというのは、全米各地を転戦しているので、
つねに時差を感じています。

そこで、どんな土地で試合しようとイチロー選手は、
つねにシアトルの現地時間で生活をしていたそうです。

ときには睡眠薬を飲んでまで、睡眠時間を確保して
いるそうです。

さらには、「毎朝カレーを食べる」というのも有名な
話ですよね。(今はそうじゃないとも聞きますが・・・)

つねにこういった自分のリズム、ペースを崩さないことが
安定したパフォーマンスにつながっているんですね。

ボク個人の場合だと、忙しくなるとついトレーニングを
さぼってしまいます。

だいたい週3で走ったり腹筋したりしています。

それをさぼり出すと、リズムが狂って結果的に
自分の仕事とかにリバウンドしてきますね。

それから、目の前のことをきちんとこなす

不調な時期というのは、できる限り早く終わらせたいものです。

なので、焦ってあれやこれやといろんなことを
やってしまいがちになります。

さらに、あれもこれもとやることがたくさんあると
錯覚して、余計に不安になったり・・・

そうすると、先にも挙げた自分のペースでいられなく
なるんですね。

なので、そういうときこそ

「ふーーーーー」っと深呼吸をして、落ち着いて
目の前のことをひとつひとつこなして行く。

自分が望んだ状況からは、だいぶ遠く居ても、
目の前のことをひとつこなせば、ひとつ前進します。

そして、前進した手応えが出て来ます。

そしてそして、落ち着いてみたら思ったほど状況は
悪くないぞと思えてくるのです。

それが次へのモチベーションになり、ひとつひとつ
目の前のことをこなして行けるようになります。

そうすると、雪が坂を転がり落ちるように勢いを
つけてどんどん運に勢いがついてきます。

気づけば、「禍い転じて福と成す」状態に(笑)

その勢いがつくまでが大変な時期だし、ちょっと勢いが
ついたからって油断してもいけないし。

やはり、淡々とマイペースでこなして行く。

そういった行動力と集中力が大事だと思います。

ボクの場合だと、先にも挙げたトレーニングをきちんと
継続してこなすことだったり、

部屋のそうじをこまめにし、キレイにしておく。

こういったことから、始めていると思います。

人間誰しも、いいとき、悪いときがあると思います。

そして、悪いときや悪いことがあるからこそ、
自分を見つめ直すきっかけになります。

そこで自分で考え、感じ、今よりも一歩でも前に
進んで行けるよう、行動を起こす。

その継続が、次第に不調を抜け好調へ導いてくれる、
地味ですが、確実な方法だとボクは思っています。

最後に、
イチロー選手が、メジャー年間最多安打記録を
打ち立てたときにこう言いました。

『小さいことを積み重ねるのが、
とんでもないところへ行くただひとつの道だと思っています』

ボクが言いたかったのは、この言葉に集約されていますね。

教室集客が、今だけ“無料”で学べるオンラインセミナー

無料オンラインセミナーについて、詳しいご案内はこちらをクリック⇒

無料オンラインセミナーのお申し込みは、下記にメールアドレスとお名前を入力して「無料で試してみる」をクリックください。

お申し込み後、すぐにご視聴いただけます。

メールアドレス(必須)例) sample@highcommunication.jp
お名前(必須)例) 山田花子

【ご入力時のお願い】携帯電話・スマートフォン・WEBメール(Yahoo!メール、Gメールなど)でご登録の方は、確実にメールがお届けできますよう、パソコンメールおよび「info@highcommunication.jp」からのメール受信許可設定をお願いいたします。お手数をおかけ致しますが、よろしくお願いします。

【TSUNAGARUのミッション】

  • 先生および教室が“すでに持つ価値”を引き出し、お客さまから選ばれる圧倒的な強みを生み出すために親身になって徹底的に頭を絞ります
  • 最新のインターネットマーケティングを提供し、先生ご自身が集客に手間をかけなくてもお客さまが集まる仕組みを構築するとともに、先生がレッスンに専念できる環境づくりをサポートいたします
  • 従来のビジネスモデルに捉われない、新たな教室のビジネスモデルを提供します。その結果、売上げの上限を超えるだけでなく、業界や社会の発展に貢献できる中心的存在となる人材を多数輩出します
  • 最適な方法で豊かに生きる先生の姿を子どもたちに見せてあげることで、ひとりひとりが個性を最適に発揮し、豊かに生きられる社会づくりに貢献します
ネットからのお問い合わせはこちらをクリック

LINEからも、お問い合わせいただけます

友だち追加

経営において大切にしたいこと
教室集客【TSUNAGARU】