教室集客 TSNAGARU
教室集客 TSNAGARU

ホームページで、一番大事な問いに答えられていますか?

「一番大事な問いに答えているか?」というお話をしたいと思います。

ボクは、母親が学習塾を経営しています。

それで、ホームページがなかった頃、今から7,8年前は、
チラシをボクが作っていました。

そのときに、ものすごく反応がよかったチラシが
あったんです。

決め手となったのはおそらく、このキャッチコピーです。

「●●塾ってどんな塾なの?」

このキャッチコピーをチラシの冒頭、一番目立つ所に
デカデカと書きました。

この言葉というのは、実は読み手が一番知りたい
問い
だったんですね。

読み手というのは、学習塾の場合ですと親御さんです。

子どもを塾に通わせようかどうか迷っている親御さんは、

「●●塾って、どんな塾なんだろう?いいのかな?」

というのが、塾に対する一番大きな関心事なんです。

そういった、自分の心の声がそのまま紙面に書かれて
いたらビックリするでしょうし、

「問い」があるということは「答え」があるはずですし、
「答え」を知りたいはずです。

ですから、チラシの中身を読んでくれるワケです。

そして、キャッチコピーで読み手の関心をつかんだ後には、
当塾がどんな塾なのか?を書いて行きました。

・少人数なのでじっくり教えてもらえる

・直前のテスト対策補講でグンと点数が伸びる

さらには、先生のイラストと自己紹介なども載せました。

それも「どんな塾なんだろう?」という問いに答えるためです。

このキャッチコピーは、さまざまなカルチャー教室で
応用ができます。

「●●スクールって、どんなスクールなの?」

●●に、自分のスクール名を入れるだけです。
カンタンですね(笑)

そして「どんなスクールなのか?」に対する答えを
できる限り書いて行ってください。

やはり、特に他のスクールにはない特長をしっかりと
伝えておきたいですね。

そして、先生の写真だったり、レッスン風景の写真
だったりを掲載しましょう。

これも「どんなスクールなの?」に対する答えになります。

「どんなスクールなの?」という質問がクリアになれば、
安心して入会してもらえます。

ちゃんと、お客さんのアタマの中をスッキリ、クリアに
してあげたいですね。

あなたのホームページは、お客さんの一番の「問い」に
答えられているでしょうか。