ヘッダーイメージ ヘッダーイメージ

ニーズが、市場がないなら創る!

「なきゃ作るしかないだろ!」っていうお話です。

それは、ニーズがないからムリだろう。

それはやっている人を見たことがないからムリじゃない?

前例がないからムリです。

こんな言葉を聞くことありませんか?

でもそうなら「なきゃ作るしかないでしょうよ!」
最近は強く思うわけです。

世の中を見ても、iPodだってもともとはなかったんです。

みんなポータブルのCDプレーヤー持ち歩いてたんです。

あと、CD2,3枚収納できるケースも持ってね。

だけど、街歩いててふと耳にした昔聴いてた曲を、
それきっかけで急に聴きたくなることだってあるんです。

そんなときにCD2,3枚しか持ち歩けないなら、
聴きたいときに聴けないわけですよ。

それで、

「あ~、聴きたいときに聴きたい曲が聴けるようになればな~」

と、思った人がいると思うんです。

その中の一人がスティーブ・ジョブス氏だったんだと思います。

でもその当時、そんな欲求を満たすものはこの世の中に
なかった。

だから「なきゃ作るしかない!」と思って、iPodが
生まれたのかもしれません。

あとね、最近「美魔女」という言葉だったり、
「美魔女」と呼ばれる方たちが人気ですよね。

才色兼備の35歳以上の女性を指し、
「魔法をかけているかの様に美しい」ところからきている
(Wikipediaより)

それで、美魔女が使っている化粧品とかサプリメント、
食事のレシピ、エクササイズなどをマネする方が増えて
いるんですね。

その結果、関連の商品がすごく売れているんです。

でも「美魔女」という言葉も、もともとはなかったんです。

「美魔女」という市場もなかったんです。

でも「ないなら作りゃいいじゃん!」と思って、
美魔女ブームを仕掛けた人がいるんです。

なのでね、何が言いたいかっていうと、

あなたが今やりたいことがあったとして、
それが、

やったことがないからムリだとか、

やった人がいないからムリだとか、

そんなニーズはないからムリだとか、

そういうことは思わなくて、

「ないならアタシが作る!」

ぐらいの気合いでもって、臨んで欲しいなって
思うんです。

あなたが「こうしたい」と思うことは、必ず他の
誰かも望んでいるはずなんです。

それを世の中に出てくるまで待つ人になるのか?

それとも世の中に引っぱり出す張本人になるのか?

ボクはぜひ、あなたに張本人になっていただきたいと思います。

【なきゃ作るしかないじゃん!の気合い】

大事だと思います。

教室集客が、今だけ“無料”で学べる動画セミナー

教室 集客

【サンプル画像】 教室 集客

無料動画セミナーについて、詳しいご案内はこちらをクリック⇒

無料動画セミナーのお申し込みは、下記にメールアドレスとお名前を入力して「無料で試してみる」をクリックください。

お申し込み後、すぐに第1回目の動画講座をお届けいたします。

メールアドレス (必須) 例) sample@highcommunication.jp
お名前 (必須) 例) 山田花子

【TSUNAGARUのミッション】

  • 先生および教室が“すでに持つ価値”を引き出し、お客さまから選ばれる圧倒的な強みを生み出すために親身になって徹底的に頭を絞ります
  • 最新のインターネットマーケティングを提供し、先生ご自身が集客に手間をかけなくてもお客さまが集まる仕組みを構築するとともに、先生がレッスンに専念できる環境づくりをサポートいたします
  • 従来のビジネスモデルに捉われない、新たな教室のビジネスモデルを提供します。その結果、売上げの上限を超えるだけでなく、業界の発展および社会のさまざまな問題を解決する中心的存在となる人材を多数輩出し、豊かで平和な社会の実現に貢献します
  • 私たちは「豊かさ」を「やりたいことを、やりたいときにできる能力」と定義します。私たちは、売り上げを伸ばしても、それに伴って時間や心身の健康が奪われることを断固拒否します。すべてのお客さまの「豊かさ」の向上に貢献します
このページのTOPへ

サブメニュー(タッチすると開きます)
お問い合わせはこちらをクリック

お問い合わせ

個別サポートやホームページ制作などをご検討されている方のご質問に、増地がメールにてご回答いたします。

お問い合わせはこちらをクリック⇒

【保存版】無料動画講座

「生徒さんが倍増する“魔法のルール”」

くわしくはこちらをクリック⇒

(必須)
(必須)

教室集客の専門家

教室集客コンサルタント

教室集客コンサルタントの増地 崇志です。
教室のネット集客ならお任せください。教室の集客をネットを活用して“自動化”させ、先生を集客の苦労から解放することが私のミッションです。


生徒さんが倍増する“魔法のルール”とは⇒