教室集客 TSNAGARU
教室集客 TSNAGARU

文章は長いと読まれない!?

ホームページの文章は短いほうがいい!?という
ことについてお伝えしたいと思います。

結論的には、ボクは別に長くても構わないと思っています。

リスクってあると思うんですね。

それは、

長過ぎて読まれないリスク

情報が少なくて申し込めないリスク

たしかに、文章が長くなるほど最後まで読むのって大変です。

だから、途中で離脱する方がいるのも事実です。

そしてどちらかというと、女性のほうがその傾向が
強いように思います。

たしかボクのお友だちが、奥さんがいつも文章を読まず
見出しだけしか読まないと嘆いていましたw

たしかにそういうこと・・・あると思いますw

けれど、かと言って文章を手短かに済ませると、情報が
少なすぎて申し込むのが不安になることもあります。

一番いいのは、そりゃ手短かでちゃんと伝わることです。

けれど、真剣に入会するかどうかを検討しているときには、
事前にお客さんが知っておきたいことはすべて伝えきるべきです。

でないと、不安で申し込む手が止まってしまいます。

その結果として、長くなってしまうのは致し方ないかなと
ボクは判断します。

もちろん、長い文章をストレスなく読ませる工夫や技術は
必要です。

同じことを何度もくどくどと書かないようにする

3行で言っていることを1行で言えないか推敲する

結論から書く

1センテンスを2行以内に留めておく

改行を多用して、文字の詰まった感を軽減する

見出しをつけたり、色を変えたり適度に装飾する

写真を多用することで、テキストでの説明を省略する

です、ますを統一する

一度書いた文章を読み返して、上記のようなことをチェックしては、
文章のムダを削ぎ落とす作業をして行きます。

そして一晩おいて、また読み返して、もういちどムダを削ぎ落とす
作業をしてみます。

こうした積み重ね、くり返しで、ある程度は文章量はタイトに
なりますし、長くてもスラスラと読まれる文章になります。

あくまでもお客さんの立場になって、お客さんが知りたいことを
伝えきるということが大事です。

ただやみくもに、自分が書きたいことばかりつらつらと
書くことだけは避けたいですね。

気をつけましょう。

教室集客が、今だけ“無料”で学べるオンラインセミナー

教室集客

無料オンラインセミナーについて、詳しいご案内はこちらをクリック⇒

無料オンラインセミナーのお申し込みは、下記にメールアドレスとお名前を入力して「無料で試してみる」をクリックください。

お申し込み後、すぐにご視聴いただけます。

メールアドレス(必須)例) sample@highcommunication.jp
お名前(必須)例) 山田花子

【ご入力時のお願い】携帯電話・スマートフォン・WEBメール(Yahoo!メール、Gメールなど)でご登録の方は、確実にメールがお届けできますよう、パソコンメールおよび「info@highcommunication.jp」からのメール受信許可設定をお願いいたします。お手数をおかけ致しますが、よろしくお願いします。

【TSUNAGARUのミッション】

先生および教室が“すでに持つ魅力”を最大化し、お客さまから選ばれる教室づくりを親身に徹底的にサポートをします。その結果、高い収益とやりがいを実現する教室を多数創出することに貢献します

ネットからのお問い合わせはこちらをクリック

LINEからも、お問い合わせいただけます

友だち追加

コピーライティングノウハウ
教室集客【TSUNAGARU】