スラスラと読まれる文章を書く3つのコツ

ボクが普段ブログを書くときに気をつけていることを
お話したいと思います。

これからお伝えすることは、ホームページの文章の
書き方なんかにも活かせると思います。

「増地さんのブログっておもしろいですよね」

「増地さんのブログは最後まで読んでます」

「増地さんのブログだけ読んでいます」

最近、何人かの方にこんな嬉しいお言葉をいただきました。

なので、調子に乗って(笑)ボクなりの文章術というものを
お話したいと思います。

細かく見て行くと、いくつもポイントがありますが、
その中でも特に気をつけているのがつぎの3つです。

1.テーマを絞る

2.改行を多用

3.1センテンスを短く

ひとつずつ解説します。

いつもブログをお読みくださっている方なら
おわかりかと思うんですが、

ボクは記事の冒頭で

「今日は●●というお話をしたいと思います」

と書いています。

これは最初に、何について話すのか?を明確にすることで
文章全体の論点をブラさないため
に書いているんです。

しかも当然、テーマは1つに絞っています。

今日のブログであれば、

「ボクが普段ブログを書くときに気をつけていること」

が、テーマです。

なので、それについて書いています。

必ずしも冒頭で宣言する必要はありませんが、
何ついて伝えるのか?を1つに絞ることがとても重要です。

つづいて・・・

あとのふたつについては、わりとテクニックっぽいですね。

なので、すぐにマネていただけると思います。

ボクは文章もひとつのデザインだと捉える部分があります。

そこで、文字が詰まっている状態というのがボクには
圧迫感があって、デザイン的に美しくないと感じます。

そのため、かなり文章と文章の間を改行するんですね。

1行や2行ではないです。

基本4~6行ぐらいは空けていますし、文脈上もっと
空ける場合もあります。

とにかく見た目に圧迫感がないか?を基準に改行します。

ただ、文章の途中で改行はできないですよね。

そこで1センテンス(文章)は、できるだけ2行以内に
まとめるようにしています。

「一文一意」という言葉がありまして、

ひとつの文章で伝えたいことはひとつにするという
意味を表しています。

「一文一意」に則って文章を書けば、1センテンスの
文章量が必然的に少なくなります。

逆に「一文一意」に則らずに文章を書けば、1センテンスの
文章量が必然的に多くなります。

先ほど書いたこの文章が「一文一意」じゃなかったら・・・

ただ、文章の途中で改行はできないですから、
1センテンス(文章)は、できるだけ2行以内に
まとめるようにしています。

というように、「2行以内に~」と書いている
文章が3行になるという矛盾が起こるんですね(笑)

これでは文字の圧迫感が出てしまいますので、
よろしくありません。

あと、もうひとつだけ、補足的なこととしては
なるべくひらがなを多用します。

単純に漢字より読みやすいですし、ひらがなのほうが
フォルムが丸くてシンプルなので圧迫感がありません。

ひらがなは日本で生まれた文字ですけど、ここにも
日本人特有の優れた美的感覚があることに気づかされますね。

と、こんなことを頭に留めながら毎日文章を書いています。

ボクのブログってわりとボリュームがあると思いますし、
わりとタテに長いのでスクロールしないといけません。

けれど、それでもスクロールしながらすーっと読んで
行けるのは、今日ご紹介した要素が大きいと思います。

基本的に消費者は、チラシ広告を

見ない

読まない

信じない

と言われていますからね。

それなりに、読ませる工夫は必要なんだと思います。

教室集客が、今だけ“無料”で学べるオンラインセミナー

無料オンラインセミナーについて、詳しいご案内はこちらをクリック⇒

無料オンラインセミナーのお申し込みは、下記にメールアドレスとお名前を入力して「無料で試してみる」をクリックください。

お申し込み後、すぐにご視聴いただけます。

メールアドレス(必須)例) sample@highcommunication.jp
お名前(必須)例) 山田花子

【ご入力時のお願い】携帯電話・スマートフォン・WEBメール(Yahoo!メール、Gメールなど)でご登録の方は、確実にメールがお届けできますよう、パソコンメールおよび「info@highcommunication.jp」からのメール受信許可設定をお願いいたします。お手数をおかけ致しますが、よろしくお願いします。

【TSUNAGARUのミッション】

先生および教室が“すでに持つ魅力”を最大化し、お客さまから選ばれる教室づくりを親身に徹底的にサポートをします。その結果、高い収益とやりがいを実現する教室を多数創出することに貢献します

ネットからのお問い合わせはこちらをクリック

LINEからも、お問い合わせいただけます

友だち追加

コピーライティングノウハウ
教室集客【TSUNAGARU】