教室集客 TSNAGARU
教室集客 TSNAGARU

文章とデザインの順番は間違えない

ボクはネットで生徒募集を成功させるために
必要なスキルというのは次の2つだと考えています。

それは

文章力

デザイン力

です。

それで、この2つの言い方で表現すると。

何を(文章)

どう(デザイン)

伝えるか?

と言えると思います。

ボクは単純にデザインがよければ生徒が集まるとは
思えません。

逆に文章がどれだけ秀逸でも、それだけでは十分でないと
思っています。

文章とデザインが両輪となって、スクールの魅力を読み手に
伝えることで入会へ結びつけられるのです。

にも関わらず、プロにデザインをお願いすると、
それだけで反応がよくなることがあります。

それはなぜなら、プロのデザイナーさんは頭の中で

何を伝えるべきで、それを踏まえて効果的に
伝えるためのデザイン

というのを意識的にも、無意識的にも理解しているからです。

それで今日のポイントです。

何を(文章)どう(デザイン)伝えるか?

この順番は間違ってはいけません。

まずはじめに、ホームページに来てくれた人に

何を伝えるべきなのか?

もしくは、ホームページを見た人に、どんな気持ちを
持ってもらいたいのか?

さらには、あなたのスクールに通ってもらうことを通じて
どんな体験ができるのか?(体験して欲しいのか?)

それを明確にしておくべきだとボクは考えています。

「何を」をさておいて、ぱっと見の印象がいいというだけの
ホームページでは

結局、何が言いたいのかがよくわからずに訴求力のない
ホームページになってしまいがちです。

ですから、そのデザインの軸となるものとして

ホームページに訪れた人に「何を伝えるべきなのか?」を
明確にしておくべきなのです。

ちなみに「何を」というと多岐に渡りますのであえて絞り込むと
そのスクールの「独自性」です。

そのスクールにしかない特長ですね。

例えば、あなたのスクールの近くにも同じようなスクールが
あったと仮定してみてください。

生徒さんにとっては、スクールの違いというのはさほど
わかりません。

そのような似たようなスクールがいくつもある中で、
あなたのスクールに通わなければ行けない理由は何でしょう?

まずそれをですね、じっくり考えてみて欲しいと思います。

その答えが「何を」に相当します。

そして「独自性」を認識したうえで、それをデザインに
落とし込めると非常に訴求力が出てくるんですね。

あなたのスクールが、伝えるべきこととは何でしょう?

教室集客が、今だけ“無料”で学べるオンラインセミナー

教室集客

無料オンラインセミナーについて、詳しいご案内はこちらをクリック⇒

無料オンラインセミナーのお申し込みは、下記にメールアドレスとお名前を入力して「無料で試してみる」をクリックください。

お申し込み後、すぐにご視聴いただけます。

メールアドレス(必須)例) sample@highcommunication.jp
お名前(必須)例) 山田花子

【ご入力時のお願い】携帯電話・スマートフォン・WEBメール(Yahoo!メール、Gメールなど)でご登録の方は、確実にメールがお届けできますよう、パソコンメールおよび「info@highcommunication.jp」からのメール受信許可設定をお願いいたします。お手数をおかけ致しますが、よろしくお願いします。

【TSUNAGARUのミッション】

先生および教室が“すでに持つ魅力”を最大化し、お客さまから選ばれる教室づくりを親身に徹底的にサポートをします。その結果、高い収益とやりがいを実現する教室を多数創出することに貢献します

ネットからのお問い合わせはこちらをクリック

LINEからも、お問い合わせいただけます

友だち追加

ホームページを使った生徒募集法
教室集客【TSUNAGARU】