無知の知とは?

「無知の知」ってご存知ですか?

無知の知とは?(はてなキーワードより)
哲学者ソクラテスの言葉、概念。

「自分自身が無知であることを知っている人間は、
自分自身が無知であることを知らない人間より賢い」

「真の知への探求は、まず自分が無知であることを
知ることから始まる」

という考え方のこと。

なかなか深いですねw

何が言いたいかというと、

自分がわからないこと、つまずいていることにおいて、

何がわからないのか?

そして何が欲しいのか?
(どういう結果を得たいのか?)

を明確にすることがとても大切だということです。

例えば「ホームページが作れない」という場合に、

●ホームページのつくり方がわからずに、何も手をつけて
いないのか?

●ホームページを作りたいんだけど、HTMLがわからないから、
作れないのか?

●ホームページ作成サービスを利用しているが、操作方法が
わからないのか?

によって、得たい結果や、それに伴って取り組むべきことも
違ってきます。

何も手をつけていないのであれば、

・プロに制作を依頼する

・まずは、無料作成サービスなどを利用して自分で作ってみる

HTMLがわからないのであれば、

・HPビルダーなどは、HTMLがわからなくても作りやすいので
 それを利用してみる

・Jimdoなどの無料作成サービスも同様にHTMLがわからない
 人でも作りやすいので、それを利用してみる

作成サービスの操作方法がわからないのであれば

・ネットで使い方を調べてみる

・使い方を書いた本で調べてみる

このようにして「自分は何がわからないのか?」が
ハッキリしていれば、得たい結果も得やすくなります。

意外と自分ではわかっているつもりでも、
わからないものなんですね。

どうしてそんなことが分かるのか?というと、
ボクの所には、いろんな方からいろんな質問がきます。

その中で、質問の意図がわかりやすい方とわかりづらい方が
実際におられます。

質問の意図がわかりやすい方は、ご自身の状況を
客観的によく理解されています。

現在、自分がどういう状況で

どういった取り組みをしていて

何につまづいているのか?

そして何を得たいのか?

そのために何を知りたいのか?

といったことが、具体的に書かれていますと、
ボクのほうも

「では●●をしてください」

と、端的にお伝えすることができます。

逆に質問の内容が曖昧ですと、どうしても回答が
曖昧にならざるを得ません。

ですから、自分が何につまずいていて何を解決したいのか?
それをご自身の中で明確にすること。

これが「無知の知」ですね。

それによって、ご自身が得たい結果が得られやすくなります。

教室集客が、今だけ“無料”で学べるオンラインセミナー

無料オンラインセミナーについて、詳しいご案内はこちらをクリック⇒

無料オンラインセミナーのお申し込みは、下記にメールアドレスとお名前を入力して「無料で試してみる」をクリックください。

お申し込み後、すぐにご視聴いただけます。

メールアドレス(必須)例) sample@highcommunication.jp
お名前(必須)例) 山田花子

【ご入力時のお願い】携帯電話・スマートフォン・WEBメール(Yahoo!メール、Gメールなど)でご登録の方は、確実にメールがお届けできますよう、パソコンメールおよび「info@highcommunication.jp」からのメール受信許可設定をお願いいたします。お手数をおかけ致しますが、よろしくお願いします。

【TSUNAGARUのミッション】

先生および教室が“すでに持つ魅力”を最大化し、お客さまから選ばれる教室づくりを親身に徹底的にサポートをします。その結果、高い収益とやりがいを実現する教室を多数創出することに貢献します

ネットからのお問い合わせはこちらをクリック

LINEからも、お問い合わせいただけます

友だち追加

経営において大切にしたいこと
教室集客【TSUNAGARU】