教室集客 TSNAGARU
教室集客 TSNAGARU

SEO対策お役立ちサイト「SEO高屋」

中国の古典で日本でも有名な「孫子の兵法」の中に
こんな言葉があります。

【敵を知り、己を知れば、百戦危うからず】

読んで字のごとくですね。

それで、この言葉はカルチャースクールのネットを使った
生徒募集活動にも当てはまります。

ライバルを知って、自分のスクールの特長を見出して
アピールすれば、たくさん生徒を集めることができます。

ということで、今日はライバルのサイトを知るための
お役立ちサイトをご紹介したいと思います。

こちらです。

はいどん。

SEO高屋

●SEO高屋
http://seo-takaya.com/

このサイトではSEO、つまり検索サイトで上位表示させるために
必要なサイト内の情報を見ることができます。

まずは、このサイトの上部にある「診断ページURL」という所に
ご自分のサイトのURLを入力して「SEO診断チェック」という
ボタンを押してみましょう。

そうすると、その下の項目欄の空白が自動的に表示されます。

SEOの基礎については、このサイトの下部に「SEO内部対策」と
「SEO外部対策」を読まれるとすごく理解が深まります。

これをですね、自分のサイトだけを調べるんじゃなくて、
ライバルサイトも調べるようにしてほしいと思います。

例えば自分が上位表示させたいキーワードで検索をしてみて、
検索結果の1位のサイトを調べてみる。

それでその結果を、自分の結果と見比べてみるんですね。

もし比較したときに

「キーワード出現率」が1位のサイトが5%で、あなたのサイトが
2%だったとします。

そこで、あなたのサイトも工夫して出現率を5%にすると今よりも
上位に表示される確率が高くなります。

もちろんキーワード出現率だけで、順位が決まっているわけでは
ありません。

でも1位のサイトが5%なら、それに近づけると上位に来やすくなる
というのはなんとなく理解していただけると思います。

そうやって他の項目も比較してみてください。

例えば「インデックス数」というのは、そのサイトのページの数
なんですが、

それについてはライバルよりも数が多いようにしておきたいです。

100ページあるサイトよりも、101ページあるサイトのほうが
情報量が多いと判断され、上位表示されるんです。

もしあなたがラーメン屋だったら、行列のできるラーメン屋に
行ってラーメンを食べれば、自分のラーメンと比較ができますよね。

そうやってライバルを研究することができるんです。

ネットビジネスも同じで、ライバルを研究することができるんです。

そしてライバルよりもSEO上、有利になるように対策を施せば
上位表示が可能になります。

その結果、ライバルよりもたくさんサイトにアクセスを集めることが
できるようになってきます。

また、自分のサイトを客観的に評価することにもつながります。

【敵を知り、己を知れば、百戦危うからず】

ぜひライバルを、自分自身を分析するためのツールとして
お役立てください。

教室集客が、今だけ“無料”で学べるオンラインセミナー

教室集客

無料オンラインセミナーについて、詳しいご案内はこちらをクリック⇒

無料オンラインセミナーのお申し込みは、下記にメールアドレスとお名前を入力して「無料で試してみる」をクリックください。

お申し込み後、すぐにご視聴いただけます。

メールアドレス(必須)例) sample@highcommunication.jp
お名前(必須)例) 山田花子

【ご入力時のお願い】携帯電話・スマートフォン・WEBメール(Yahoo!メール、Gメールなど)でご登録の方は、確実にメールがお届けできますよう、パソコンメールおよび「info@highcommunication.jp」からのメール受信許可設定をお願いいたします。お手数をおかけ致しますが、よろしくお願いします。

【TSUNAGARUのミッション】

先生および教室が“すでに持つ魅力”を最大化し、お客さまから選ばれる教室づくりを親身に徹底的にサポートをします。その結果、高い収益とやりがいを実現する教室を多数創出することに貢献します

ネットからのお問い合わせはこちらをクリック

LINEからも、お問い合わせいただけます

友だち追加

ホームページを使った生徒募集法
教室集客【TSUNAGARU】