クリック率をアップさせるリンクの貼りかた

「クリックって書いてくれないとわからない!」

もう1年くらい前の話になるんですが、ボクと同世代くらいの
女性とお話したときのことです。

その方がホームページを見ているときに、どこをクリックすれば
いいかわからないというのです。

それで、リンクが貼ってあるテキストに「クリック」と
書いている所だけクリックしていたというのです。

最近のホームページは画像を多用しているものも多く、
画像で作ったボタンにリンクが貼られていることも
少なくありません。

しかしその彼女の場合、そういったボタンはクリック
したことがない、ということなんですね。

日ごろ、ネットを当たり前のように使っているボクとしては、
今でもそんな人っているのか!?とちょっとビックリでした。

けれど、これは昔から言われていることなんですね。

ボクがネットビジネスを始めた、今から8年か9年前に最初に
教わったことというのが「リンクの貼りかた」でした。

・テキストにリンクを貼る

・リンクの色は青色で下線をつける

・クリックして欲しい所は「クリック」と記載する

非常に単純なことなんですが、こうすることで画像にリンクを
貼ったときと比べて1.2倍ほどクリック率が変わると言われていました。

どうしてこんな違いが出るのか?というと、"なじみ"なんです。

日ごろ、よく見ている慣れ親しんだホームページと構成が近いと
同じように使いこなすことができるんです。

それで、多くのネットユーザーが日ごろ、よく見ているサイトを3つ
挙げるとするなら

・Yahoo!

・Google

・Amazon

このあたりだと思います。

この3つのサイトに共通しているのは、

基本的にリンクはテキストリンクで、しかもリンクの色は青色。

そして下線がついているか、カーソルを合わせたときに下線が
表示されるようになっています。

この3つのサイトというのは、ネットで大きく伸びてきた会社ですので、
クリック率などを非常に細かく分析していると思います。

大手製造メーカーなどは、為替の値動きが1円変わるだけで何億円の
損失になったりしますよね。

それと同じで、ネット大手3社にとってはクリック率が0.1%変わるだけで
売上げが大きく違ってくるんだと思います。

ですから、たかだか1.2倍だなんて侮れません。

それゆえに、クリック率や成約率といった分析を非常に緻密に
行っていると思います。

・テキストにリンクを貼る

・リンクの色は青色で下線をつける

・クリックして欲しい所は「クリック」と記載する

なんですね。

ですから、こういったサイトの構成を真似るだけで
入会率がアップするケースもあります。

最近では、横幅の広いデザインのサイトが増えてきました。

アメブロなんかも、新しいテンプレートは横幅が広い
タイプになってきています。

モニターがワイド化してきているのに対応しているんですね。

そのため、ホームページの横幅を大きくしただけで売上げが
アップしたという事例をいくつか聞いています。

それだけ人間というのは「慣れ」の生きものなんですね。

教室集客が、今だけ“無料”で学べるオンラインセミナー

無料オンラインセミナーについて、詳しいご案内はこちらをクリック⇒

無料オンラインセミナーのお申し込みは、下記にメールアドレスとお名前を入力して「無料で試してみる」をクリックください。

お申し込み後、すぐにご視聴いただけます。

メールアドレス(必須)例) sample@highcommunication.jp
お名前(必須)例) 山田花子

【ご入力時のお願い】携帯電話・スマートフォン・WEBメール(Yahoo!メール、Gメールなど)でご登録の方は、確実にメールがお届けできますよう、パソコンメールおよび「info@highcommunication.jp」からのメール受信許可設定をお願いいたします。お手数をおかけ致しますが、よろしくお願いします。

【TSUNAGARUのミッション】

先生および教室が“すでに持つ魅力”を最大化し、お客さまから選ばれる教室づくりを親身に徹底的にサポートをします。その結果、高い収益とやりがいを実現する教室を多数創出することに貢献します

ネットからのお問い合わせはこちらをクリック

LINEからも、お問い合わせいただけます

友だち追加

ホームページを使った生徒募集法
教室集客【TSUNAGARU】