スキがあるほどスキになる!?

スキがあるほどスキになる!?」というお話です。

ちなみに、こういうベタなタイトル・・・

キライじゃありません(≧∀≦)

どういうことかと言うと、どうしても「先生」とつくと
それだけで「デキる人」とか「スーパーな存在」という
イメージが勝手に出来あがってしまいがちです。

もちろんその道のプロフェッショナルで、スーパーで
あるには変わりないんですが、

それでも先生だって、はじめは初心者だったわけです。

それに指導やお作りになる作品や、実績はとても
素晴らしくても、実はすごく天然な方だっているはずです。

「先生」と名がつくと、どうしてもどこか日常の部分も
スゴく完璧で、パキッとしたイメージがつくことがあります。

それってマイナスで、生徒さんに「私はあんな風にはなれない」とか
完璧すぎて、どこか近づき難いっていう印象を与えてしまうことが
あります。

特にホームページからの集客というと、写真などの見た目で
判断されてしまうので、パーソナリティまではなかなか
伝わらないことがあります。

その結果、勝手に「スーパー先生」なイメージが出来あがって
しまうのです。

そうならないたために、あえてブログなどで「隙のある自分」を
見せることも必要だと思います。

「隙のある」というのは、失敗談とかスゴくハマっていることとか、
実はお菓子ばっかり食べてるとかw

そういう、ある意味"人間臭い"部分ですね。

そういった部分を見せることで、読み手に

「あ、そうそう!これおいしいよね~」とか

「マジ!?それめっちゃウケるよ~」といった、

共感だったり、親近感が湧いてきます。

自分が生徒だったら、同じことを教えてくれるなら、
おいしいスイーツを分かち合える先生のほうがいいですよね(笑)

それに、先生としてパキッとしているけど、実はおっちょこちょい、
っていうギャップがあるほうが、魅力的な先生に映ります。

やっぱね、ギャップ大事っすよ(いろんな意味で:笑)

つまり、そういったちょっとおっちょこちょい
だったりっていう「人間的な隙」を見せるほうが

相手はスキになってくれるものではないでしょうか。

ということで今日は「スキがあるほどスキになる!?」という
お話でした。

ちゃんちゃん。

教室集客が、今だけ“無料”で学べるオンラインセミナー

無料オンラインセミナーについて、詳しいご案内はこちらをクリック⇒

無料オンラインセミナーのお申し込みは、下記にメールアドレスとお名前を入力して「無料で試してみる」をクリックください。

お申し込み後、すぐにご視聴いただけます。

メールアドレス(必須)例) sample@highcommunication.jp
お名前(必須)例) 山田花子

【ご入力時のお願い】携帯電話・スマートフォン・WEBメール(Yahoo!メール、Gメールなど)でご登録の方は、確実にメールがお届けできますよう、パソコンメールおよび「info@highcommunication.jp」からのメール受信許可設定をお願いいたします。お手数をおかけ致しますが、よろしくお願いします。

【TSUNAGARUのミッション】

先生および教室が“すでに持つ魅力”を最大化し、お客さまから選ばれる教室づくりを親身に徹底的にサポートをします。その結果、高い収益とやりがいを実現する教室を多数創出することに貢献します

ネットからのお問い合わせはこちらをクリック

LINEからも、お問い合わせいただけます

友だち追加

経営において大切にしたいこと
教室集客【TSUNAGARU】