ヘッダーイメージ ヘッダーイメージ

写真の重要性を教えてくれるブログです(空腹時注意!)

今日もボクがこれまで見てきたアメブロから
ぜひご覧いただきたい「アメブロ傑作選」をお届けしたいと思います。

今日のブログはこちらです。

はいどん。

西野椰季子のマクロビオティックレシピ アメブロ

西野椰季子のマクロビオティックレシピ

マクロビオティック歴20年の西野椰季子(にしのやすこ)さんが
ほぼ毎日、マクロビオティックメニューを写真つきでご紹介されています。

ボクがこちらのブログで、ぜひ参考にしていただきたいのは
「一貫性」です。

まず目を引くのが、日々の記事の中で紹介されている写真ではないでしょうか?

ボクのような素人が写真を撮ると、たいていはそのメニューの
全体を映してしまいます。

けれど、あえて全体は見せないといいますか・・・

彩りの鮮やかな部分にフォーカスして撮影されています。

手前にピントを合わせて、奥に並べているお料理は
あえてぼかした写真などは、プロが撮ったようなお写真ですね。

そしてそのクオリティを際立たせているのが、ブログ全体の
デザインです。

ちなみにデザインは、季節ごとに変えていらっしゃいます。

お料理にはやはり旬の食材がありますから、季節ごとに
ブログにも旬のお野菜などを使ったデザインを施されています。

それが読者に季節感を感じさせ、そして記事にも旬のお野菜を
使ったメニューが食欲をそそる写真で紹介されている。

これだけでもう、今夜の晩ごはんは決まりそうです(笑)

そして最後は記事の内容です。

このブログのタイトルは「西野椰季子のマクロビオティックレシピ」です。

そして、書かれている記事にはマクロビオティック料理だったり、
マクロビオティックレシピが書かれている。

ここに「今日のランチ」など日記的な記事は書かれていません。

ボクはカルチャースクールのブログには、あまり個人的な
日記は必要ないと思っています。

ブログに書くべき内容とは、読者に役立つ情報です。

その観点で考えると、やはり今日のランチよりマクロ
ビオティックレシピのほうが知りたいはずです。

それを一貫して守ってらっしゃる姿勢が感じられます。

そして、それを毎日継続されているというのは、並大抵の
ことではないと思います。

こうした継続性のあるブログは、時間を重ねるほど価値が
高まってきます。

熟成したワインのようですね。

ぜひ実際のブログをご覧になっていただきたいと思います。

きっとお腹が空いてくるはずです(笑)

教室集客が、今だけ“無料”で学べる動画セミナー

教室 集客

【サンプル画像】 教室 集客

無料動画セミナーについて、詳しいご案内はこちらをクリック⇒

無料動画セミナーのお申し込みは、下記にメールアドレスとお名前を入力して「無料で試してみる」をクリックください。

お申し込み後、すぐに第1回目の動画講座をお届けいたします。

メールアドレス (必須) 例) sample@highcommunication.jp
お名前 (必須) 例) 山田花子

【TSUNAGARUのミッション】

  • 先生および教室が“すでに持つ価値”を引き出し、お客さまから選ばれる圧倒的な強みを生み出すために親身になって徹底的に頭を絞ります
  • 最新のインターネットマーケティングを提供し、先生ご自身が集客に手間をかけなくてもお客さまが集まる仕組みを構築するとともに、先生がレッスンに専念できる環境づくりをサポートいたします
  • 従来のビジネスモデルに捉われない、新たな教室のビジネスモデルを提供します。その結果、売上げの上限を超えるだけでなく、業界の発展および社会のさまざまな問題を解決する中心的存在となる人材を多数輩出し、豊かで平和な社会の実現に貢献します
  • 私たちは「豊かさ」を「やりたいことを、やりたいときにできる能力」と定義します。私たちは、売り上げを伸ばしても、それに伴って時間や心身の健康が奪われることを断固拒否します。すべてのお客さまの「豊かさ」の向上に貢献します
このページのTOPへ

サブメニュー(タッチすると開きます)
お問い合わせはこちらをクリック

お問い合わせ

個別サポートやホームページ制作などをご検討されている方のご質問に、増地がメールにてご回答いたします。

お問い合わせはこちらをクリック⇒

【保存版】無料動画講座

「生徒さんが倍増する“魔法のルール”」

くわしくはこちらをクリック⇒

(必須)
(必須)

教室集客の専門家

教室集客コンサルタント

教室集客コンサルタントの増地 崇志です。
教室のネット集客ならお任せください。教室の集客をネットを活用して“自動化”させ、先生を集客の苦労から解放することが私のミッションです。


生徒さんが倍増する“魔法のルール”とは⇒