教室集客 TSNAGARU
教室集客 TSNAGARU

朝露と風鈴とアイスコーヒー

「思考は現実化」する

という言葉を聞いたことがあると思います。

それと

「幸せとはなるものじゃなくて、気づくもの」

という言葉も聞いたことがあるかもしれません。

そのようなお話をします(脱線したらすいませんw)

きっかけは、お友だちのブログでした。

2児の母をしている彼女の朝は戦争のようですw

朝ごはんをつくり、お弁当をつくり、こどもたちを着替えさせるときには
自分はパンを頬ばっているという・・・

そして、予定調和に行かない子どもたちのバッドなサプライズ(w)にも
臨機応変な身のこなし。

その勢いのままに、子どもたちを幼稚園へ送り届けた足で
自分も会社へ行く。

その模様が、夏の清涼感たっぷりに綴られていました。

彼女の文章を目にして改めて思うことは・・・

「この人やっぱ文才あるな~」。

短編でもいいから、恋愛小説とかを書いてみてほしいと
思うような感性と表現力。

子どものような無邪気さ。

ボクは、そういうのがからっきしなので、嫉妬するほど
羨ましくも思えてきます。

そして、この人のような文章が書けたらなと、
この人のような感性でいられたらなと。

そんなリスペクトをこめて、極力、彼女の感性に自分の感性の
チューニングを合わせるように、言葉のひとつひとつを内側から
紡ぎだしています。

そしてふとその瞬間の自分が、とても素の自分に近いなと
感じていたりします。

手あかのついたような言葉ですが、

「自分らしい」。

「あ、そっか!もうすでになってたんだ!」

とかく、知識が足りない、経験が足りないと、本を読んだりして
答えを自分の外側に求めてしまうんですが、

背負っている”何か”をふっと降ろして、何も持たないような自分になると、
自分の内側に、求めていたすべてがあることに気づきます。

よくよく考えてみると、上記の彼女だけじゃなくボクの周りには
そういう感性の高い人たちが多いことに気づかされます。

自分がずっとこうありたいという、子ども心を忘れていない人。

そして(おこがましくも)素の自分になったときに、自分もそうであったという事実。

自分がこうありたいと思い描いていたものは、現実の中に
すでにありました。

これがあれば幸せだと感じていたものは、自分の中に
すでに ありました。

それに気づい・・・いや、思い出したわけです。

描いたものが現実化されるというこの世の法則。

そして、求めていたすべては手にしていたという覚醒。

ふんわりとした、やわらかな温かい大きな愛の海に包まれている
自分を信頼してその身を委ねたとき、

このふたつがボクの中で居場所を知らせてくれました。

ちょっと考えてみるものいいかもしれません。

こうなりたい

こうありたい

こうしたい

実はもうそれを手にしていませんか?っていうこと。

気づいていないだけで・・・

思い出すだけで・・・。

教室集客が、今だけ“無料”で学べるオンラインセミナー

教室集客

無料オンラインセミナーについて、詳しいご案内はこちらをクリック⇒

無料オンラインセミナーのお申し込みは、下記にメールアドレスとお名前を入力して「無料で試してみる」をクリックください。

お申し込み後、すぐにご視聴いただけます。

メールアドレス(必須)例) sample@highcommunication.jp
お名前(必須)例) 山田花子

【ご入力時のお願い】携帯電話・スマートフォン・WEBメール(Yahoo!メール、Gメールなど)でご登録の方は、確実にメールがお届けできますよう、パソコンメールおよび「info@highcommunication.jp」からのメール受信許可設定をお願いいたします。お手数をおかけ致しますが、よろしくお願いします。

【TSUNAGARUのミッション】

内発的動機(心からやりがいを感じる)に基づく経営および「100年つづく教室」の実現をサポートします。

ネットからのお問い合わせはこちらをクリック

友だち追加

日常の何気ないこと
教室集客【TSUNAGARU】