教室集客 TSNAGARU
教室集客 TSNAGARU

うどんも作れるパン教室って?

カルチャースクールの集客においても、
「変化しつづける」ことが大事だというお話です。

ヒントをくださったのは、横浜市の綱島という所で
天然酵母を使ったパン教室をなさっている高橋さん。

天然酵母のパン教室でありながら、先日のブログでは
うどんを作ったと書かれていました。

『夏はパンよりも麺がいいかも?!』
最近ほんと暑い日がつづいてますね~。みなさん夏バテされてませんか?さて、7月31日に「洗える製麺機」を使った麺作りイベント開催いたしました。パンニーダーを使っ…

子ども向けの食育学の一環だそうです。

さてさて、ボクは大学時代に飲食店でアルバイトしていました。

夏の時期って、実はケーキ類って売れなくなるんです。

お客さん的に暑くて、生クリームがイヤなようです。

逆にこの時期に売れ筋になるのは、アイスの乗った
ワッフルでした。

また季節に応じたメニューなどもありました。

例えばスムージー。

季節限定メニューなので、売れ行きはよかったです。

それから、コーヒーなどのドリンク類はホットよりも
アイスがよく出ました。

何が言いたいかというと、

季節に合わせた講座やカリキュラムを企画すると、
集客しやすくなるということです。

例えば、先ほどの高橋さんのパン教室では”夏らしく”うどん作りの
カリキュラムを組み込まれていました。

パン教室やお料理教室などは、季節感のあるメニューを
作るようにするといいと思います。

また、革製品を作るレザークラフト教室であればどうでしょう?

レザー製品はファッションアイテムの一部ですから、白とか明るい色の
編み込みのバッグを作ってみるのはいいかもしれません。

完成までに時間がかかりますから、5月ごろから取りかかり
始めると夏に間に合うんじゃないでしょうか。

音楽教室はどうでしょう?

音って不思議で、音で季節感を表現できますよね。

「あ、これ夏っぽい」

そんな曲を課題曲にしてみるとか。

これらは、突き詰めると時代の変化とともにスクールも
変化して行かなければいけないということです。

やはり同じレッスンや同じメニューばかりを作るのは
飽きてしまいますからね。

長く通いつづけてもらうためには、生徒さんを飽きさせない
レッスンを提供しなくてはいけません。

そのためには、つねに変わりつづけて行かなくては
いけないと思います。

そして変わりつづけるためには、先生ご自身がつねに
新しいものに触れ、新しいものを吸収して行かなくてはいけません。

その積み重ねがやがて、先生ご自身の魅力となり、その魅力が
多くの生徒さんを惹きつけることとなるはずです。

高橋先生の天然酵母を使ったパン教室
アトリエ・リブラのホームページはこちらからご覧いただけます⇒

教室集客が、今だけ“無料”で学べるオンラインセミナー

教室集客

無料オンラインセミナーについて、詳しいご案内はこちらをクリック⇒

無料オンラインセミナーのお申し込みは、下記にメールアドレスとお名前を入力して「無料で試してみる」をクリックください。

お申し込み後、すぐにご視聴いただけます。

メールアドレス(必須)例) sample@highcommunication.jp
お名前(必須)例) 山田花子

【ご入力時のお願い】携帯電話・スマートフォン・WEBメール(Yahoo!メール、Gメールなど)でご登録の方は、確実にメールがお届けできますよう、パソコンメールおよび「info@highcommunication.jp」からのメール受信許可設定をお願いいたします。お手数をおかけ致しますが、よろしくお願いします。

【TSUNAGARUのミッション】

内発的動機(心からやりがいを感じる)に基づく経営および「100年つづく教室」の実現をサポートします。

ネットからのお問い合わせはこちらをクリック

友だち追加

ビジネス戦略
教室集客【TSUNAGARU】