教室集客 TSNAGARU
教室集客 TSNAGARU

あえて「ひらがな」で書くと反応が上がる

ついこの前のことです。

知り合いの方に頼まれて、チラシを制作していました。

その方が作ってくださったでラフを元に、チラシを
完成させて行ったんですが、

そのときに書かれていた文章を見て、気になる部分が
いくつかありました。

それは例えば

●分かる

●~して頂いて

●良くなりました

こういった”ちょっとした”漢字の部分です。

もちろん、漢字が間違っているという話ではないです。

ただ、チラシや今ご覧いただいているブログの記事などは、
“あえて”ひらがなを使ったほうが読みやすいことがあります。

先ほどであれば

●分かる ⇒ わかる

●~して頂いて ⇒ ~していただいて

●良くなりました ⇒ よくなりました

今は、文章の一部分を断片的に見ているだけなので、
違いというのは、微差でしかないと思います。

けれど、それがある一定のボリュームの文章のカタマリの中で
何度もくり返されるとミョーな圧迫感がしてきます。

その圧迫感(文字が詰まっている感)が、読みにくさになって
精読率が下がってくるのです。

また、漢字はどちらかというと角ばった形をしていますし、
それに対して、ひらがなは丸みを帯びています。

そういうフォルムの違いも、圧迫感に影響してるのだと思います。

いずれにしても、微差が積み重なると大差。

読みやすくなるのも、読みにくくなるのも、ほんの”ちょっとした”
違いの積み重ねだったりします。

ですから、一文字一文字の使い方が文章の反応率に
影響を与えていると考えていてほしいなと思います。

でも、一文字一文字を意識するなんて考えただけで
イヤになってきますよね。

そこは、もうちょっとシンプルな思考で行きましょう。

つまり、

「小学生でも読みやすい文章」

を意識して書くといいと思います。

そう考えると、なんとなく漢字を少なくしたり
カンタンな表現を使うようになってきます。

そうすると文章が読みやすくなってきます。

なので、精読率が上がって結果的に反応率も上がります。