講座がたくさんある場合の入会率を高める方法

さて先日ネットでこんな記事を見つけました。

「なぜ、ソニーは赤字で、日立は健闘しているか」
http://goo.gl/Th0gc

2012年3月期の決算においてソニーは4566億円の「赤字」
逆に、日立は3471億円の「黒字」となったそうです。

ちなみに、日立は2年連続で過去最高益を記録しています。

世界的な不況と呼ばれる昨今において、2年連続の黒字です。
ある意味、驚異的な結果だと思います。

同じ電機メーカーでありながら、この大きな違いは何だったのでしょうか?

それは「選択と集中」にあると記事は伝えています。

日立は、リーマンショック直後に過去最大の赤字となったそうです。

しかしそれによって、テレビ事業など不採算部門のリストラを徹底的に行い、
また「インフラ関連事業」に経営を集中させました。

その結果、業績の急回復を成し遂げたのだと記事は伝えています。

カルチャー教室がホームページで生徒を集める際にも、
この「選択と集中」は重要です。

例えば、たくさんの種類の講座がある場合は、

「人気講座ベスト3」という形で紹介する講座を絞ったほうが
反応率は上がります。

なぜなら、講座が少ないほうがお客さん的には、選択しやすく
なるからです。

実は、選択肢が多いと人間は、選択すること自体を
止めてしまうと言われています。

ですから、できるかぎり選択肢は少ないほうがいいです。

そして受講してもらって、生徒の方と仲良くなっていった後に
その他も講座をおすすめして受講してもらえばいいのです。

なので、ホームページ(特にTOPページ)では一番はじめに
受講してもらいたい講座にフォーカスして紹介しましょう。

ちなみに近年、うつや自殺が増加傾向にあるのは、社会が多様化した結果、
選択肢が多すぎて選択することを止めてしまうからだそうです。

ビジネスだけでなく、人生においても「選択と集中」は
大切なようです。

教室集客が、今だけ“無料”で学べるオンラインセミナー

無料オンラインセミナーについて、詳しいご案内はこちらをクリック⇒

無料オンラインセミナーのお申し込みは、下記にメールアドレスとお名前を入力して「無料で試してみる」をクリックください。

お申し込み後、すぐにご視聴いただけます。

メールアドレス(必須)例) sample@highcommunication.jp
お名前(必須)例) 山田花子

【ご入力時のお願い】携帯電話・スマートフォン・WEBメール(Yahoo!メール、Gメールなど)でご登録の方は、確実にメールがお届けできますよう、パソコンメールおよび「info@highcommunication.jp」からのメール受信許可設定をお願いいたします。お手数をおかけ致しますが、よろしくお願いします。

【TSUNAGARUのミッション】

先生および教室が“すでに持つ魅力”を最大化し、お客さまから選ばれる教室づくりを親身に徹底的にサポートをします。その結果、高い収益とやりがいを実現する教室を多数創出することに貢献します

ネットからのお問い合わせはこちらをクリック

LINEからも、お問い合わせいただけます

友だち追加

ホームページを使った生徒募集法
教室集客【TSUNAGARU】