ヘッダーイメージ ヘッダーイメージ

講座がたくさんある場合の入会率を高める方法

さて先日ネットでこんな記事を見つけました。

「なぜ、ソニーは赤字で、日立は健闘しているか」
http://goo.gl/Th0gc

2012年3月期の決算においてソニーは4566億円の「赤字」
逆に、日立は3471億円の「黒字」となったそうです。

ちなみに、日立は2年連続で過去最高益を記録しています。

世界的な不況と呼ばれる昨今において、2年連続の黒字です。
ある意味、驚異的な結果だと思います。

同じ電機メーカーでありながら、この大きな違いは何だったのでしょうか?

それは「選択と集中」にあると記事は伝えています。

日立は、リーマンショック直後に過去最大の赤字となったそうです。

しかしそれによって、テレビ事業など不採算部門のリストラを徹底的に行い、
また「インフラ関連事業」に経営を集中させました。

その結果、業績の急回復を成し遂げたのだと記事は伝えています。

カルチャー教室がホームページで生徒を集める際にも、
この「選択と集中」は重要です。

例えば、たくさんの種類の講座がある場合は、

「人気講座ベスト3」という形で紹介する講座を絞ったほうが
反応率は上がります。

なぜなら、講座が少ないほうがお客さん的には、選択しやすく
なるからです。

実は、選択肢が多いと人間は、選択すること自体を
止めてしまうと言われています。

ですから、できるかぎり選択肢は少ないほうがいいです。

そして受講してもらって、生徒の方と仲良くなっていった後に
その他も講座をおすすめして受講してもらえばいいのです。

なので、ホームページ(特にTOPページ)では一番はじめに
受講してもらいたい講座にフォーカスして紹介しましょう。

ちなみに近年、うつや自殺が増加傾向にあるのは、社会が多様化した結果、
選択肢が多すぎて選択することを止めてしまうからだそうです。

ビジネスだけでなく、人生においても「選択と集中」は
大切なようです。

教室集客が、今だけ“無料”で学べる動画セミナー

教室 集客

【サンプル画像】 教室 集客

無料動画セミナーについて、詳しいご案内はこちらをクリック⇒

無料動画セミナーのお申し込みは、下記にメールアドレスとお名前を入力して「無料で試してみる」をクリックください。

お申し込み後、すぐに第1回目の動画講座をお届けいたします。

メールアドレス (必須) 例) sample@highcommunication.jp
お名前 (必須) 例) 山田花子

【TSUNAGARUのミッション】

  • 先生および教室が“すでに持つ価値”を引き出し、お客さまから選ばれる圧倒的な強みを生み出すために親身になって徹底的に頭を絞ります
  • 最新のインターネットマーケティングを提供し、先生ご自身が集客に手間をかけなくてもお客さまが集まる仕組みを構築するとともに、先生がレッスンに専念できる環境づくりをサポートいたします
  • 従来のビジネスモデルに捉われない、新たな教室のビジネスモデルを提供します。その結果、売上げの上限を超えるだけでなく、業界の発展および社会のさまざまな問題を解決する中心的存在となる人材を多数輩出し、豊かで平和な社会の実現に貢献します
  • 私たちは「豊かさ」を「やりたいことを、やりたいときにできる能力」と定義します。私たちは、売り上げを伸ばしても、それに伴って時間や心身の健康が奪われることを断固拒否します。すべてのお客さまの「豊かさ」の向上に貢献します
このページのTOPへ

サブメニュー(タッチすると開きます)
お問い合わせはこちらをクリック

お問い合わせ

個別サポートやホームページ制作などをご検討されている方のご質問に、増地がメールにてご回答いたします。

お問い合わせはこちらをクリック⇒

【保存版】無料動画講座

「生徒さんが倍増する“魔法のルール”」

くわしくはこちらをクリック⇒

(必須)
(必須)

教室集客の専門家

教室集客コンサルタント

教室集客コンサルタントの増地 崇志です。
教室のネット集客ならお任せください。教室の集客をネットを活用して“自動化”させ、先生を集客の苦労から解放することが私のミッションです。


生徒さんが倍増する“魔法のルール”とは⇒