ヘッダーイメージ ヘッダーイメージ

文章で気持ちが伝わる、魔法の言葉

昨日まで、おもしろいブログ記事、読まれるブログ記事
というものをお伝えしてきました。

こうしてブログがおもしろいものになってくると、
レッスンの楽しい雰囲気が伝わってきます。

その積み重ねによって、入会につながって行きます。

なので、読者の方にとっておもしろい記事を書きつづけたいですね。

そしてこれは、自分自身にも言い聞かせないとですね。

それで、今日のタイトル「文章で気持ちが伝わる、魔法の言葉」ですが
文章を書くうえで、

「特に」

という言葉を使うと、読み手に感情が伝わりやすくなります。

例えば・・・

————————————————————————–

今日は●●のレッスンをしました。

このレッスンは”特に”はじめの●●が上手に作れるか?に
よって出来栄えに差が出ます。

なので、●●を作る時間をたっぷり取ってひとりひとり
横についてアドバイスをしながら作って行きました。

————————————————————————–

今日”特に”私が印象的だったのは、今日初参加の○○さんを
他の生徒さんが協力してサポートしてくださった点です。

私の至らない所をみんなでカバーしてくれる(苦笑)
サイコーの生徒さんに感謝です(ToT)

————————————————————————–

いかがでしょうか?

「特に」と書くと、よりポイントとなる部分やより印象的な内容を
書くことになります。

言い換えるならば、読み手に一番伝えたいことが「特に」のあとに
つづいて行くことになります。

そうすることで、文章が際立つので読み手の中に印象として
残りやすくなってきます。

ボクは、この「特に」をいろいろな場面で使っています。

例えば、お世話になった方にお礼のメールを送るときとか。

目上の方などの場合は、「特に」ではなく「とりわけ」と
使うこともあります。

とりわけ、○○さんの周りの方への温かい言葉がけが
印象的でした。

ボクも見習いたいなと思いました。

こんなカンジです。

ちゃんとここでも、「見習いたいと思った」という、
自分が感じたことを伝えるようにしています。

これまでのブログ記事の書きかたについてまとめますと・・・

・レッスン内容を書くネタにする

・レッスン内容を写真や自分自身の感想も交えて書く

・「特に」を使うと、読み手のアタマに残りやすくなる

“特に”ブログをはじめたばかりの頃は、意識的に「特に」を
使うようにしてみてくださいね。

教室集客が、今だけ“無料”で学べる動画セミナー

教室 集客

【サンプル画像】 教室 集客

無料動画セミナーについて、詳しいご案内はこちらをクリック⇒

無料動画セミナーのお申し込みは、下記にメールアドレスとお名前を入力して「無料で試してみる」をクリックください。

お申し込み後、すぐに第1回目の動画講座をお届けいたします。

メールアドレス (必須) 例) sample@highcommunication.jp
お名前 (必須) 例) 山田花子

【TSUNAGARUのミッション】

  • 先生および教室が“すでに持つ価値”を引き出し、お客さまから選ばれる圧倒的な強みを生み出すために親身になって徹底的に頭を絞ります
  • 最新のインターネットマーケティングを提供し、先生ご自身が集客に手間をかけなくてもお客さまが集まる仕組みを構築するとともに、先生がレッスンに専念できる環境づくりをサポートいたします
  • 従来のビジネスモデルに捉われない、新たな教室のビジネスモデルを提供します。その結果、売上げの上限を超えるだけでなく、業界の発展および社会のさまざまな問題を解決する中心的存在となる人材を多数輩出し、豊かで平和な社会の実現に貢献します
  • 私たちは「豊かさ」を「やりたいことを、やりたいときにできる能力」と定義します。私たちは、売り上げを伸ばしても、それに伴って時間や心身の健康が奪われることを断固拒否します。すべてのお客さまの「豊かさ」の向上に貢献します
このページのTOPへ

サブメニュー(タッチすると開きます)
お問い合わせはこちらをクリック

お問い合わせ

個別サポートやホームページ制作などをご検討されている方のご質問に、増地がメールにてご回答いたします。

お問い合わせはこちらをクリック⇒

【保存版】無料動画講座

「生徒さんが倍増する“魔法のルール”」

くわしくはこちらをクリック⇒

(必須)
(必須)

教室集客の専門家

教室集客コンサルタント

教室集客コンサルタントの増地 崇志です。
教室のネット集客ならお任せください。教室の集客をネットを活用して“自動化”させ、先生を集客の苦労から解放することが私のミッションです。


生徒さんが倍増する“魔法のルール”とは⇒