読まれる文章にするワンポイントアドバイス

昨日のブログでは「ブログが書けない」という方のために
友だちにメールする感覚で書くといいですよ、とお伝えしました。

今日はそのつづきです。

文章を書くうえで、ひとつだけポイントがあります。

レッスン内容を写真を交えて書く

そのときに必ず、

あなたの感じたことを書くようにしてください。

「レッスン内容を書く」

というと、

「●●を作りました」

「はじめはみなさん戸惑っていました」

「だんだんと上手にできるようになりました」

といった「事実」だけを書く方がおられます。

「事実」だけを伝えるというのは、ニュースみたいなもので、
おもしろみのない記事になってしまいます。

なので、

「レッスン内容」をネタにするうえで、

「今日は○○のレッスンをしました」という「事実」に

レッスンの中であなた自身がどう感じたのか?

何を思ったのか?

ということを交えて書くと、感情が伝わってきておもしろい記事になります。

————————————————————————–

今日は○○のレッスンをしました。

はじめ、みなさん戸惑っていたのでひとりひとり
横についてアドバイスしながら進めて行きました。

だんだんと慣れてきて上手にできるようになったので、
私もホッと安心しました。

レッスンの後半は、みなさんも笑みがこぼれる余裕が
出てきて、雰囲気も和んでいました。

完成したときの達成感は、何とも言えないですね。

このレッスンは、はじめの●●がいかに上手にできるか?が
ポイントなので、そこをもっとわかりやすく伝えて行けたらと
思いました。

今日もみなさん楽しく、ワイワイとレッスンができました。

また次回もがんばろうね!オー!

————————————————————————–

赤文字のところが、感情を表している部分です。

これにレッスン風景の写真が加わると、より読み手に
感情が伝わってきます。

写真があると、文章をたくさん書く必要もなくなるので、
一石二鳥でもあります(笑)

ブログで書く文章というのは、事実を伝えるものというよりは
感情を伝えるものと考えてください。

なので、レッスン内容を写真やご自身の感想を交えて書かれると
おもしろい記事になります。

教室集客が、今だけ“無料”で学べるオンラインセミナー

無料オンラインセミナーについて、詳しいご案内はこちらをクリック⇒

無料オンラインセミナーのお申し込みは、下記にメールアドレスとお名前を入力して「無料で試してみる」をクリックください。

お申し込み後、すぐにご視聴いただけます。

メールアドレス(必須)例) sample@highcommunication.jp
お名前(必須)例) 山田花子

【ご入力時のお願い】携帯電話・スマートフォン・WEBメール(Yahoo!メール、Gメールなど)でご登録の方は、確実にメールがお届けできますよう、パソコンメールおよび「info@highcommunication.jp」からのメール受信許可設定をお願いいたします。お手数をおかけ致しますが、よろしくお願いします。

【TSUNAGARUのミッション】

  • 先生および教室が“すでに持つ価値”を引き出し、お客さまから選ばれる圧倒的な強みを生み出すために親身になって徹底的に頭を絞ります
  • 最新のインターネットマーケティングを提供し、先生ご自身が集客に手間をかけなくてもお客さまが集まる仕組みを構築するとともに、先生がレッスンに専念できる環境づくりをサポートいたします
  • 従来のビジネスモデルに捉われない、新たな教室のビジネスモデルを提供します。その結果、売上げの上限を超えるだけでなく、業界や社会の発展に貢献できる中心的存在となる人材を多数輩出します
  • 最適な方法で豊かに生きる先生の姿を子どもたちに見せてあげることで、ひとりひとりが個性を最適に発揮し、豊かに生きられる社会づくりに貢献します
ネットからのお問い合わせはこちらをクリック

LINEからも、お問い合わせいただけます

友だち追加

コピーライティングノウハウ
教室集客【TSUNAGARU】