教室集客 TSNAGARU
教室集客 TSNAGARU

問い合わせから入会を増やすコツ

問い合わせがあった方を入会につなげるコツをお話したいと思います。


問い合わせには2つのパターンがあります。

電話をかけてくるパターンと、ネットからのパターンです。

まず、どちらも前提として理解しておかなければいけないことは、


問い合わせをしてくる段階で、お客さんは興味をかなり持っている
ということです。


問い合わせをするというのは、自発的な行為です。

ご自分が興味を持って、ご自分の意志で電話をかけたり、メールを
書いたりをされています。


意外と電話をかけることも、メールを書くことも手間ですし、
「売り込まれたら」という警戒心もあります。


にも関わらず、問い合わせをしてくださる方というのは、
あなたのスクールを信頼してくださっていることでもあり、

あなたのスクールに大変興味を持っているという状態なのです。


であるなら、最後にポンと背中を押してあげることができれば
入会してくださいます。


電話での問い合わせの場合は、ていねいに受け答えをしてあげてください。

先ほども書いたように、問い合わせをしてきてくださるというのは、
信頼していただいている証でもあります。


ですから、問い合わせをしてきてくださったことに感謝の気持ちを
込めて、対応するようにしましょう。


ネットからの問い合わせの場合には、できる限りすぐに返信することが
入会率に大きく影響します。

こういう場合には、Gmailなどのいわゆるウェブメールが役立ちます。


ネットに繋がっていれば、いつでもどこでも、どのパソコンや
ケータイからも自分のメールをチェックできるからです。

今使っているメールアドレスへのメールでも、Gmailに転送させる
こともできるんです。


そのようにして、できる限り素早い対応をする。

そして、メールにおいてもやはり感謝の気持ちを込めて、
誠実なトーンで返信するようにしましょう。


ちなみに、電話とネットからだと電話からの問い合わせのほうが
入会しやすい傾向にあります。

ホームページではわかりづらかった内容を、具体的に聞くことが
できますし、電話応対での印象から雰囲気を判断できるからです。


仮にどれだけ詳しく説明してくれたとしても、話し方が上から目線
だったり、鼻につく言い方だとそれでイヤになることもあります。

逆に、特別詳しく説明しなくても応対の印象がよければ
入会してくださることもあります。


何度もくり返しますが、問い合わせをしてきた時点でお客さんは、
あなたのスクールを信頼し、興味を持ってくださっています。


あとは、背中をポンと押してあげるだけなのです。


ですから、問い合わせにはていねいに、親身に、素早く対応する。

意外と単純ですが、とても大事なことです。


それが問い合わせから入会を促進させるコツですね。