教室集客 TSNAGARU
教室集客 TSNAGARU

相手に伝わる文章を書くコツとその磨きかた

ボクが最近文章を書くときに特に大事だなと
思って気をつけていることについて書きたいと思います。

ズバリそれは、


【自分の言葉で書けているか?】


ということです。


それを感じたのが、先日、あるクリニック系のサイトリニューアルの
ためにデザイナーの方と打ち合わせをしていたときです。

参考サイトとして、いくつかの同業種のサイトを
提示してこんなイメージと伝えました。


それらの多くが、いわゆる「セールスレター型」と呼ばれる縦長で
クリニックを受けるベネフィットやお客様の声などがしっかりと
盛り込まれていました。


しかしそれを見たデザイナーが、

「どうしても、うさん臭い感じがする」

と言うんですね。


その理由はおそらく、縦長のレターのボリューム感ではなく
そのレターに書かれている内容にあったんだと思います。


ボク自身、インターネットビジネスを8年やっています。

その中でたくさんホームページを見てきましたし、たくさんの
文章(セールスレター)を見てきました。


そうすると、最近はときどき

「あ、これは●●のレターのマネだな」

と、わかるときがあります。


そういうレターは、もともと反応がいいと言われているレターの
一部分を自分の名前や商品やサービスに置き換えてできていることが
多いです。

一見、そうすると同じように反応が取れるように思えます。

けれど、実際にできあがってみるとどこか違和感を感じずには
いられません。


やっぱり、該当部分を自分ごとに置き換えているので、どこか
切って貼った感があるというか・・・

つぎはぎだらけの洋服を着ているような・・・


おそらく実際には、レターの内容自体が本人の意志ではない
場合もあると思います。

なので、表面だけを取り繕っていてどこか違和感が出てしまいます。


これまでだったら、ある程度それでも反応は取れました。
(自分ももともとはマネしていたので)

けれど、そういう「コピペ」レターが増えてきたのでこれからは
それは通用しない気がしています。


ではこれからはどうしたらいいのか?と言うと、それは


「自分の言葉で書く」


言い換えるなら、


「人となりが伝わる文章を書く」


ということだとボクは思っています。


そして、どうやったら人となりが伝わる文章が書けるのか?
というと、

正直、ボクは「量稽古」しかないと思います。


とにかく、書く。

まずはとにかくブログやメルマガをたくさん書く。

そうすると、なぜか自然とその人独特の表現とか、
文章のリズムとかが出てくるように感じます。

スポーツ選手が、日々の練習の積み重ねによって
技術を向上させているのと同じです。


文章力も、書くという作業の積み重ねによって少しずつ
鍛えられ人となりが伝わる文章になって行きます。

なので、今ボクは毎日ブログを書くようにしています。

ブログのタイトルを練って考えた結果、アクセスが
多かったりすると嬉しいです☆


インターネットで、モノやサービスを売るために、文章力は
欠かせません。

なので、もっといい表現があるんじゃないだろうか?
もっと伝わる文章があるんじゃないだろか?

もっと文章力を伸ばす方法があるんじゃないだろうか?


それはつねに模索中しています。

教室集客が、今だけ“無料”で学べるオンラインセミナー

無料オンラインセミナーについて、詳しいご案内はこちらをクリック⇒

無料オンラインセミナーのお申し込みは、下記にメールアドレスとお名前を入力して「無料で試してみる」をクリックください。

お申し込み後、すぐにご視聴いただけます。

メールアドレス(必須)例) sample@highcommunication.jp
お名前(必須)例) 山田花子

【ご入力時のお願い】携帯電話・スマートフォン・WEBメール(Yahoo!メール、Gメールなど)でご登録の方は、確実にメールがお届けできますよう、パソコンメールおよび「info@highcommunication.jp」からのメール受信許可設定をお願いいたします。お手数をおかけ致しますが、よろしくお願いします。

【TSUNAGARUのミッション】

先生および教室が“すでに持つ魅力”を最大化し、お客さまから選ばれる教室づくりを親身に徹底的にサポートをします。その結果、高い収益とやりがいを実現する教室を多数創出することに貢献します

ネットからのお問い合わせはこちらをクリック

LINEからも、お問い合わせいただけます

友だち追加

ホームページを使った生徒募集法
教室集客【TSUNAGARU】