教室集客 TSNAGARU
教室集客 TSNAGARU

チラシを撒くからこそ、ホームページが必要!

カルチャースクールの生徒募集のためにチラシを撒いて
おられる方も多いと思います。

ボクはそういった方にこそ、ホームページを持って
いただきたいなと思っています。


その理由は、ホームページを使ってテストマーケティングが
できるからです。

どういうことかと言うと、

ホームページを持つメリットというのはいくつかあるのですが、

例えば


・24時間365日スクールを宣伝できる

・それにかかるコストは年間でも1万円前後
(ご自身でメンテナンスされる場合)


ということがあります。

ちなみに、ブログのような無料の媒体を使うなら
コストはゼロです(プロバイダ料などの通信費は除いて)。


このメリットを利用して、まずホームページで入会率の高い
ホームページを作って行きます。


キャッチコピーを変える。

レッスン風景の写真を載せる。

生徒の方の感想を載せる。


反応を見ながら、こういった要素を加筆・修正して行くのです。

それによって、あなたのスクールに通いたいと考えている方にとって
「知りたいこと」が書かれていると入会率が上がります。


実は、こういった要素はチラシに書くべき内容と一緒なのです。


ですから、入会率の高いホームページの内容をチラシに応用すれば
必然的にチラシの反応率も高くなるのです。


チラシや広告といったアナログ媒体は、コストが高いです。

地域のミニコミ誌に広告を出すだけでも、3万円ぐらいします。

それで反応があればいいですが、反応がなかったときの
辛さはズシーンと来ます。


ボクも以前に、学習塾の生徒募集のチラシや広告を作ったことがあり、
反応がなかったときは非常に落ち込みました。

ですから、チラシを撒くには徹底的に内容を練り込んで
作り込んで出稿すべきだと思います。


10年前などは、チラシを撒くときには

「少額の広告からテストして、イケると思ったら一気にチラシを撒く」

と言われていましたが、現代はさらに進化しました。


「無料のホームページからテストして、イケると思ったら一気に!」

一気にチラシを撒いてもいいいですし、ネット広告を出しても
いいと思います。


いずれにせよ、しっかりと内容を作り込んだホームページや
チラシでなければ反応が取りづらい時代であることは確かです。