ヘッダーイメージ ヘッダーイメージ

カルチャー講座にホームページを使って、コスト0円で生徒募集をする!

前回までのメルマガで、カルチャー教室がホームページを使って
生徒を集める3つのメリットをご紹介しました。


——————————————————————————–
☆1.見込み客にドンピシャでPRできる
☆2.ライバルが少ない
☆3.コストゼロ円から始められる

——————————————————————————–


今回は、

「3.コストゼロ円から始められる」

について、詳しく解説したいと思います。

生徒募集にホームページを使うメリット ?その3?
——————————————————————————–
【コストゼロ円から始められる】
——————————————————————————–


ホームページ以外にも、あなたの教室を宣伝する媒体としては、
チラシやタウン誌といった「アナログ媒体」があります。


アナログ媒体というのは、どちらかというと

「たくさんの情報を広く薄く紹介している」

と言えます。


ある意味、ホームページとは真逆ですね。


また、コストにも大きな違いがあります。
ホームページであれば、コストをかなり抑えることができます。


ホームページを運営する費用は「年間」でも約1万?2万円。
運営費をのぞけば、コストは「ゼロ円」から始めることができます。


もちろん、「ネット広告」を利用するなどの場合は広告費がかかりますが、
現状、広告を出さずに集客できているケースがほとんどです。


アナログ媒体は、タウン誌などの小さい広告スペースでも、
「1回」の広告掲載料だけで約1万?2万円ぐらいはかかります。


●コストをかけずに、見込みの高いお客さんだけを集める

●コストはかかるが、幅広く教室をPRする


あなたなら、どちらを選びますか?


ちなみに、ホームページであればチラシのように文字数などの
制限がありませんから、お客さんにとって必要な情報を十分に
伝えられます。


これも、ホームページを使うメリットのひとつですね。

教室集客が、今だけ“無料”で学べるオンラインセミナー

無料オンラインセミナーについて、詳しいご案内はこちらをクリック⇒

無料オンラインセミナーのお申し込みは、下記にメールアドレスとお名前を入力して「無料で試してみる」をクリックください。

お申し込み後、すぐにご視聴いただけます。

メールアドレス (必須)
例) sample@highcommunication.jp
お名前 (必須)
例) 山田花子

【ご入力時のお願い】携帯電話・スマートフォン・WEBメール(Yahoo!メール、Gメールなど)でご登録の方は、確実にメールがお届けできますよう、パソコンメールおよび「info@highcommunication.jp」からのメール受信許可設定をお願いいたします。お手数をおかけ致しますが、よろしくお願いします。

【TSUNAGARUのミッション】

  • 先生および教室が“すでに持つ価値”を引き出し、お客さまから選ばれる圧倒的な強みを生み出すために親身になって徹底的に頭を絞ります
  • 最新のインターネットマーケティングを提供し、先生ご自身が集客に手間をかけなくてもお客さまが集まる仕組みを構築するとともに、先生がレッスンに専念できる環境づくりをサポートいたします
  • 従来のビジネスモデルに捉われない、新たな教室のビジネスモデルを提供します。その結果、売上げの上限を超えるだけでなく、業界や社会の発展に貢献できる中心的存在となる人材を多数輩出します
  • 最適な方法で豊かに生きる先生の姿を子どもたちに見せてあげることで、ひとりひとりが個性を最適に発揮し、豊かに生きられる社会づくりに貢献します
友だち追加
LINEから、お問い合わせ・お申し込みができます
このページのTOPへ

サブメニュー(タッチすると開きます)
友だち追加
LINEから、お問い合わせ・お申し込みができます
お問い合わせはこちらをクリック

お問い合わせ

個別サポートやホームページ制作などをご検討されている方のご質問に、増地がメールにてご回答いたします。

お問い合わせはこちらをクリック⇒

【保存版】無料動画講座

「教室のためのネット集客とは?」

くわしくはこちらをクリック⇒

メールアドレス
(必須)
お名前
(必須)

「info@highcommunication.jp」からのメール受信許可設定をお願いいたします。

教室集客の専門家

教室集客コンサルタント 増地崇志

教室集客コンサルタントの増地 崇志です。
教室のネット集客ならお任せください。教室の集客をネットを活用して“自動化”させ、先生を集客の苦労から解放することが私のミッションです。


生徒さんが倍増する“魔法のルール”とは⇒